HPヘッダー画像
公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

2020ルーミーとソリオ比較「1」概要とボディ見切り

当ページは1ページ目です!

ボディ見切りと取り回し性能、車両感覚

2020ルーミー&ソリオ比較2020年執筆のトヨタ・ルーミー兄弟とスズキ・ソリオの比較

同じボディタイプで価格も近い2台の比較です。

ルーミー&ソリオ比較

「1ページ目・ボディサイズや取り回し」

  1. 今ここ!ボディサイズや取り回し
  2. 内装・質感と使いやすさ、車内スペース比較
  3. 走行感覚・運転感覚と乗り心地、静粛性
  4. 比較まとめ・長所と短所マルとバツ

※2020年春・執筆。 筆者:ヒラリー男爵

「スライドドアのコンパクト・ハイトワゴン」の「ルーミーとソリオの比較」です。

比較対象車はこんな感じ

「車両価格170万円前後」の背が高いクルマ。トヨタのルーミー/タンク兄弟と、スズキのソリオです。

ルーミー(900系)X-S 1000cc
新車価格:約153万円(150万〜)

2列シート&スライドドア。ラインナップは幅広く、トール、ルーミー/タンク、ジャスティス4兄弟。予想外にドライバー優先の走行感覚。

レビュー!:ルーミー試乗レポート

ソリオ(26系)15X 1500cc
新車価格:約157万円(145万〜)

2列シート&スライドドア。高級軽自動車買うならぜひ比較したいソリオ。高いお得感と、ハイトボディなのに柔らかい乗り心地が魅力。

レビュー!:ソリオ試乗レポート

ボディサイズ比較

モデル・グレード ルーミー ソリオ
X-S G
全長 3700mm 3710mm
全幅 1670mm 1625mm
全高 1735mm 1745mm
ホイールベース 2490mm mm
車重 1070kg 930kg
タイヤ 165/65R14 -

※外寸、車重などグレードによる違いやマイナーチェンジで異なる場合があります。

見切り、ボディ感覚、取り回しを比較

実用性を重視したクルマに期待したい事は、ボディ見切りの良さと車両感覚の取りやすさ。小さいクルマは運転がラクというイメージをそのまま具現化できていればベスト。

余計な神経使わず緊張しなければ、それこそが安全につながると信じています。

ルーミーとソリオを比較

悪くはないルーミー

スクエアに見えるボディデザインからすると予想ほどじゃなかったけど、まずまず良好なのがルーミー。四角いボディに見えて、いうほど四角いわけじゃないんです。

これで文句言ったら贅沢かな?ちょっと惜しい。

ルーミー見切り1ルーミー見切り2

ダッシュパネルは遠くまで広く、ボディ見切りに関しては劣る要因に。ボンネットは少しは見えるんだけど、ボディ形状から想像できるほどじゃありません

ボディ先端や助手席側の寄せやすさ、タイヤ周辺の位置感覚の取りやすさ含め、挟路地の見切りはまずまずというレベル。

走行中は着座姿勢などから、ドアミラーの位置などに少し違和感。開放感高いルーミーはインパネから飛び出し感の強いドラポジです。

ルーミー見切り2

これによる長所はあるものの、ドラミラーは見下ろす形になって見やすさで劣ります。

また助手席ドアが小さい関係から、Bピラーの位置が気になります。それによって真横の視界が気になる場面もあります。

ワンモーション的なソリオの視界

ソリオは、前から後ろまで一体感の強いボディデザインをした、ミニバンやコンパクトカーと同じような視界とボディ見切りです。

ソリオ見切り1ソリオ見切り2

ボンネットは覗き込んでもほぼ見えず、インパネ上面がうねってる関係から、距離感もつかみにくいです。前方はカンで寄せて、カンで見切ります。

ただ、筆者の好みではナビゲーションモニターが飛び出ていないのが好きです。例えば夜間とか、眩しいモニターが気になって寄せにくい...という事がおきません。

ドラミラー位置の違いが大きい

ソリオ見切り3

同じようなボディデザインと車内スペースを持つ2台ですが、ドアミラーに関する考え方は、ルーミーと異なります。

ソリオのドアミラーは、一般的と思える高さにデザインされていて、見にくさがありません。大きさや形状も好ましいと思えるものです。

その代わり、視界の邪魔というかドアミラーが死角を作る場面もありました。


ルーミーとソリオ、似ているようでボディ見切りや視界にはけっこうな差があります。

では順位!ドアミラー位置には慣れる必要があるかもしれませんが、ルーミー優勢です。

 

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設19年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/