HPヘッダー画像
公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

2020ルーミーとソリオ比較「2」内装

当ページは2ページ目です!

内装質感と使いやすさ比較

2020ルーミー&ソリオ比較2020年執筆のトヨタ・ルーミー兄弟とスズキ・ソリオの比較

同じボディタイプで価格も近い2台の比較です。

ルーミー&ソリオ比較

「2ページ目・内装質感、車内スペース比較」

  1. ボディサイズや取り回し
  2. 今ここ!内装・質感と使いやすさ、車内スペース比較
  3. 走行感覚・運転感覚と乗り心地、静粛性
  4. 比較まとめ・長所と短所マルとバツ

※2020年春・執筆。 筆者:ヒラリー男爵

「スライドドアのコンパクト・ハイトワゴン」の「ルーミーとソリオの比較」です。

インパネの質感を比較

ルーミー

インパネ:ルーミーインパネ:ルーミー2

男らしさというか、骨太というか、道具らしさが強調されるルーミー。質感どうこうの前に形状的なデザインが商用車的に見えてしまいます。

価格的にライバルになる最新の軽自動車に劣る質感という印象を受けます。なお上位グレードでは加飾されるので、無骨なイメージは多少なりとも軽減されます。

ソリオ

インパネ:ソリオインパネ:ソリオ

パネル表面や細部の質感が高かった先代ソリオから今回は、形状的に立派さを感じるようになりました。

記憶を元に評価すれば、素材感・パネル質感は低くなったかもしれません。でも奥行き感が強調された形状には、ミドルクラスミニバンの雰囲気が感じられます。

内装、細部の質感

内装パネルの表面

ルーミー・シフトセレクタールーミー・シフトセレクター

左の画像がルーミー、右の画像がソリオ

ルーミーはレトロチックなシボ(模様)が気になります。一方のソリオは、シンプルながらも嫌味のないシボで今っぽさを感じます。

極端に昔ながらのルーミー

ルーミー・シフトセレクターソリオ・シフトセレクター

左の画像がルーミー、右の画像がソリオ

平面的で、角が立ったデザインをされるルーミー。筆者の感覚では、こうした部分に古っぽさを感じてしまいます。

ソリオも同じようなマニュアルエアコンで、ここに品質感は感じません。だけど、脇の方がラウンド形状にデザインされ、比較すればこちらが立派に見えるんじゃないかな、と思います。

持論を元に順位を付けて評価

1位・・・ソリオ

一般的な5ナンバーサイズより狭いボディ全幅で、大きく立派に見せるインパネデザイン。高い奥行き感もあって、ミドルクラスから乗り換えても窮屈さは感じないと思います。

細部の質感も、ルーミーと比較したらソリオの方が高級に見えます。

2位・・・ルーミー

写真をご覧頂くだけで伝わると思うんだけど、道具っぽいという言葉以上が浮かびません。

安っぽいけど価格も安いでしょ!それはそうなんですが、ソリオと同価格帯という事実。ルーミーの魅力はここじゃないですね!

内装もっと!下記ページに掲載しています

車内のスペース

ルーミーもソリオも、車内スペースの広さが優先されたクルマです。リアシートはどちらも、これで十分!と思えるスペースが用意されています。

ルーミーのリアシート

ルーミー・リアシート

軽自動車と同じような作りを感じなくはないですが、軽自動車より快適な空間です。スペースはもちろん十分、また成人男性でも余裕をもった姿勢で座れます。

シート座面はシエンタと同じ長さがあり、低い座面高に合わせた傾きや構造、シートバックの角度などでダランと座りやすいです。足元のスペースも必要なだけ確保されていて、幅広い体型に対応すると思います。

ただし座面の質は軽自動車+αで、体重によって沈み込んでしまうと乗り心地が変化してしまいます。乗り心地をキープするのは短時間です。

ソリオのリアシート

ソリオ・リアシート

ソリオのリアシートも傾向は一緒です。ただ、ルーミーよりもっと良くできていると感じます。

シートアレンジがシンプルな分、座りやすさは上ですし、路面からの衝撃吸収性も高いです。

僅かな差ですが、ウォークスルーも使いやすく、さすが歴史を重ねているモデルだと感じます。

敢えて言えば、座面の滑り止めに違和感を感じるのと、クルマの特性もあって前後方向の揺れが目立ちやすいです。

ラゲッジ(トランク)のスペース

ラゲッジルームもしくはトランクスペースとは荷室のこと。比較中のルーミーとソリオはボディ全長が短いため、広さに過度の期待はできません。

日常のお買い物では、リアシート足元などが使いやすいスペースになると思うので、ラゲッジは4人乗車時か、大きな荷物を積む時用かなと思います。

ルーミーのラゲッジスペース

ルーミー・ラゲッジスペース1ルーミー・ラゲッジスペース2

比較的軽く開けられるテールゲートで、スペースも奥行き50cmと日常のお買い物には困らないくらいのスペースがあります。

開口部はトランクボードの段差が気になるものの、重量物も積みやすい形状で、ジュースの箱買いなどにも対応。

リアシート収納は、座面ごと前方にダイブさせるタイプ。フラットなスペースができますが、チカラが必要で面倒です。

ソリオのラゲッジスペース

ソリオ・ラゲッジスペース1ソリオ・ラゲッジスペース2

スペースはルーミーと同程度。ただ、ギリギリまで広がる開口部から、実際の使用では優位に立つ場面があるかもしれません。

注目したいのは、リアシートの収納!

ポンッ!と前に倒すだけで、写真くらいフラットなスペースが出来上がります。ヘビー用途でなければこれで十分じゃありません??

あえて言えば、倒したシートバックを起こすのがやりにくいんですが、それくらいはしょうがないですよね!

ラゲッジもっと!それぞれの試乗レポートで!
乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設19年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/