自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

2019年記事 トヨタ ルーミー
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

トヨタ ルーミー試乗評価「6」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。トヨタ・ルーミー(型式M900A)「X-S」の試乗レポート。

当ページは6ページ目です。

「ラゲッジスペースとリアシート格納」

トヨタ
  • グレード:“X-S”
  • 年式:2017年式
  • 型式:M900A
  • 車両価格:約153万円
  • デビュー年:2016年11月
ルーミー内装1ルーミー内装2

タンク、トール、ジャスティと多くの兄弟車が揃うコンパクトハイトワゴンです。


  1. 分割 - ルーミー試乗「1」エンジン・ミッション
  2. 分割 - ルーミー試乗「2」快適性(乗り心地や静粛性)
  3. 分割 - ルーミー試乗「3」走行感覚(ハンドリングなど)
  4. 分割 - ルーミー試乗「4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - ルーミー試乗「5」内装(リアシート)
  6. ここ - ルーミー試乗「6」ラゲッジスペース
  7. 分割 - ルーミー試乗「7」燃費や評価総合

比較まとめ:2019コンパクトワゴン&ミニバン比較

内装:ラゲッジスペース

ルーミーのボディデザイン

通常の状態で軽自動車より広く、軽自動車と同じように2列目をフラットできるルーミー。ボディサイズの違い分だけ、広さも使い勝手も優れています。

ラゲッジスペース1

軽自動車のタントと同じような構造で、樹脂製を想像させるハッチドアは、サイズの割に開閉が軽い

スムーズさに欠けるダンパーが残念だけど、他車と比較すれば使いやすい方。ハッチって気軽に開閉できないと意味ないって、いつも思います。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

ラゲッジスペースの大雑把な寸法は、奥行き50cm、幅103cm。
(リアシートを最後端にセットした状態)

ラゲッジスペース4

リアシートを前に出すと、プラス20cm奥行きが広がる。いちおう、シートレールを無視すればという前提付き。

リアシートはトランク側からでも軽い力で前に出せるから実用的。

この状態なら、一般的なコンパクトカーと遜色ない奥行きを確保できる。生活用品などを箱買いしても気軽に積みやすいスペースだと思う。

ラゲッジスペース5そして、開口部の形状から、大きく重い荷物の出し入れにも適している。ちょっとした家具などの輸送にも使いやすいと思われる。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

リアシート格納

リアシート格納1

リアシートの収納は、上級軽自動車のように凝った作り。4〜5ステップで足元部分に折りたたむ。

毎度のことながら、頭を捻って生み出されたであろう機構は感動もの。試乗したら積極的に試してみたくなります。

収納手順

リアシート格納2リアシート格納3

1.背もたれを倒し、座面を一番うしろにセット。

2.スライドドアの脇に見える、ベルトを引いてロック解除。

リアシート格納4リアシート格納5

3.背もたれ裏側のハンドル(持つところ)を持ち、シート全体を持ち上げる。

リアシート格納6リアシート格納7

4.リアシート足元のスペースに、シート全体を収納する。

ルーミーのシート格納、ココが魅力!

ルーミーでリアシートを格納する時、大きな大きな魅力に気付いた。

それは、身長172cmの筆者がドライビングポジションを取った状態で、そのままシート格納ができた事。ギリギリだけど多分大丈夫。上の写真の状態がそう。

他車では、こうはいかない場合が...

全長が短い軽自動車だけでなく、ウィッシュやマークXジオなどでも厳しかった。慣れないドラポジで我慢してまでシート格納となると、本当にエマージェンシー。

せっかくの凝った機構もできれば使いたくないから、もったいない。宝の持ち腐れ!になりがち。

メインメーターサブメーター・液晶表示部(夜間)

格納・復帰はちょっと大変

リアシート格納と復帰

シート格納は上記手順で完成。

元に戻す時は逆の手順で持ち上げます。重量のあるシートを持ち上げるわけだから、女性の方だと大変そうです。

しかし大きな荷物を積むためにシート格納するのでしょうから、荷物積めるということは格納・復帰も可能と考える方が正解ですね。

しかし毎回思うんだけど、シート格納ってコストかかった機構だなって。強度が必要な場所で複雑な機構。アイデアに原価に製造に、どれくらいのコストがかかっているか気になります。

トヨタ ルーミー

トヨタ

ROOMY (ルーミー)

  • 試乗グレード:“X-S”
  • 型式:M900A
  • 年式:2017年式
  • 車両価格:約153万円

概要

  • 排気量:1000cc
  • エンジン型式:1KR-FE
  • 車重:1070kg
  • ボディサイズ:3700×1670×1735mm
  • 発売開始:2016年11月
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー








試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です