ルーミー/P3・走行感覚(ハンドリングなど)

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2019年記事 トヨタ ルーミー
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

トヨタ ルーミー試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはトヨタ「ルーミー」、グレード「X-S」。2017年式で車両形式はM900A。

当ページは3ページ目です。「走行感覚(ハンドリングやボディ見切り)」など掲載。

ルーミー内装1ルーミー内装2
トヨタ
  • グレード:“X-S”
  • 型式:M900A
  • 車両価格:約153万円
  • デビュー年:2016年11月

比較まとめ:2019コンパクトワゴン&ミニバン比較

※内容は辛口評価です。試乗時にチェックしたいポイントを重視!


  1. 分割page - ルーミー試乗「1-1」試乗詳細レポート
  2. 分割page - ルーミー試乗「1-2」快適性(乗り心地や静粛性)
  3. このpage - ルーミー試乗「1-3」走行感覚(ハンドリングなど)
  4. 分割page - ルーミー試乗「1-4」内装(フロントシート)
  5. 分割page - ルーミー試乗「1-5」内装(リアシート)
  6. 分割page - ルーミー試乗「1-6」ラゲッジスペース
  7. 分割page - ルーミー試乗「1-7」燃費や評価総合

試乗:ハンドリング・運転感覚

ルーミーのハンドリング

ルーミー最大の弱点が快適性の低い乗り心地だとすると、最大の魅力は走りやすいハンドリング。中途半端ではない割り切りにより、ドライバーは神経使わずにハンドル操作が可能。

「走りやすい」が「わかりやすい」

小さくて背が高く、着座位置だって高いルーミーは、見るからにご近所専用みたいなイメージ。しかもメーカーはトヨタ/ダイハツで、車格は最下級クラスと、誰がどうみても走ることは苦手そう。

でもこれが大間違い。スポーティグレードかと思うほど立派!音も振動もハンドルの回し心地もチープで安っぽいんだけどね、クルマとして大事な部分が大事にされている。

安っぽい!でも走りやすい!

フロントタイヤ快適性を犠牲にしてまで硬められたシャシーは、相当丁寧に調整されたのだろうと想像できるほど走りやすくまとまっている。

そしてこれがわかりやすく、丁寧な操作には繊細に応えてくれて、雑な動作にもクルマが上手く対応。

なので、多くのクルマを経験してきたドライバーには思い通りの動きを提供し、ガンガン行こうぜのドライバーにはラグジュアリー感を提供。さらには普通のオバサマだって不安感なく走りやすいと感じるんじゃないかな。

逆に免許取り立ててルーミー買ったら、他のクルマを乗りにくいと感じるかもしれない。誠にお節介でございますが、他のクルマを試してからルーミーを運転してみて下さいね!

ペースが速くても問題なし

こうした魅力は市街地での交差点だってわかるんだけど、緩いコーナーが多く速めのペースで流れている地方とか、首都高みたいな道路でわかりやすい。

こうした時には無意識にペースが上がっちゃって、全走車に近づきすぎちゃうかも。

コーナーではドライバーが思った通りの場所に寄せやすく、ハンドル操作に無駄や急な箇所が生まれにくい
車体も、ロールした時の伸び側が抑えられていて、無駄なく安定感高く。後席の同乗者だって不安感なく座っていられる。

ワインディングでの印象

ハンドルルーミーは単純にクイックだからとか、硬められているからとか、そうじゃなくてもっとレベル高いハンドリングの持ち主

だから、様々な形状のコーナーに出会うワインディングでも走りやすい。

何が良いってテンポがいい!ハンドル切って、フロントが沈んで、リアが追従。これがジワー、ピタッ、ススーっと。伸び側が押されられたサスペンションも相まって気持ちいい!

ブレーキも踏みやすいから走りやすい

ルーミーはブレーキ操作も扱いやすく、やはりボディ形状から想像できないくらい扱いやすい。

タイトコーナーでの挙動ではフロントが柔らかいキューブなどの方が、グイグイしてて魅力的な部分もあるけど、総合的な走行感覚でルーミーは魅力。

もっとパワーあればという願望が...

エンジンに余裕があればもっともっと走りやすく快適なのに。強い加速力が欲しいわけじゃなくて、滑らかな加速が似合うはず。

やはり欠点は、あまりにも弱い加速力と、アクセレーション。スロットル特性かCVT特性か、アクセルペダル操作に対する反応には唐突な部分がある。
この辺は、普通のコンパクトクラスって感じかな。

直進時の走りやすさもまずまず

ストラットタワーとカウルトップ直線の走りやすさも不満はない。フィーリング的には40km/hくらいで一気に重くなるパワステに不自然さを感じるものの、気にしなければラクに直進している感が強い。

実際は、無意識に早め早めの修正蛇を当てているというのが大きい様子。内装に対して着座位置が高くて見晴らしが良いのが効いている。

パワステのフィーリングも、高い着座位置からの視界も、色気はないんだけど実直です。

視界とボディ見切り

視界は良好

Aピラー

ルーミーの運転席は視界良好。グラスエリアが広いのと、インパネに対し着座位置が高いドライビングポジションによって、上半身が飛び出ているような運転感覚。

それでまだ頭上に余裕があるから開放的なイメージが強い。

走行中は前方〜右脇の視界が良い。2本建てられたAピラーも、隙間のガラスが思ったより仕事をしていて、太めの1本よりも良いのかな、と思ったりもする。

特別なドラポジは慣れる必要あり

多少気になるのが助手席側の視界。アップライトなシートで位置は高く、前寄り。そうした姿勢で座ると、助手席側ミラーなどは”かなり横”。

ドアミラーは斜め左下という感じになり、Bピラーはちょうど死角が気になる場所に。試乗中はドラミラーの位置を何度か調整するくらいに違和感があった。もちろん同じようなクルマに慣れていれば違和感を感じることはないと思う。

こうしたあたり、寸法にすれば数cmと僅かなのだろうけど、ドライバーが受ける感覚としては大きい。運転してみないとわからないという事ですね。

ボディ見切りはまずまず良好

Aピラー助手席側Aピラー運転席側

多車線道路や挟路地で気になるボディ見切り。ルーミーのボディ見切りは、事前のイメージからするとイマイチで、一般的なコンパクトカーと比較すると優れている。そんな印象と評価を持ちました。

イメージ的な部分では、四角いボディに見えていたら、前方や左側の感覚が取りやすそうな感じを想像しちゃって。
でも試乗したら、フロントウインドーは思ったより寝ているし、Aピラーは目立つしで。

ボンネット左先端ボンネット右先端

前方と左側は想像ほど寄せやすくはなかったです。

ボディデザインと見切り

運転席から前を覗き込んでみると、ボンネットは少しだけ見える

もうちょっと先端まで見えるかと思ったんだけど、予想が甘かったみたい。

外からボンネットの先を見てみると、なだらかに下がっている。

見切りに優れたキューブだと...

キューブのピラーキューブのボディ見切り

Aピラーは太いものの、立っていて短く、インパネ上部もフラットで感覚が取りやすい。またボンネットもかなり先端まで視認できる。
こんなに見切りが優れたコンパクトカーは少なく貴重です。

メインメーターサブメーター・液晶表示部(夜間)

試乗:ブレーキのフィーリング

ペダルレイアウトブレーキ操作も、ボディスタイルから想像できないほどに扱いやすい

背の低いベーシックなコンパクトカーを合わせて比較しても上位クラス。車格的にも絶対性能を除けば上のクラスと比較できそうなほどに踏みやすい。

ブレーキペダル操作に対する特性は、穏やかで急な部分が感じられず、適度な剛性感。
想像より「減速しすぎた/減速しなかった」という事が起きにくく、滑らかで一定の減速を行いやすい。

筆者的には、無意識に使えるブレーキはクルマ選びの条件。ルーミーなら合格です。

トヨタ ルーミー

トヨタ

ROOMY (ルーミー)

  • 試乗グレード:“X-S”
  • 型式:M900A
  • 年式:2017年式
  • 車両価格:約153万円

概要

  • 排気量:1000cc
  • エンジン型式:1KR-FE
  • 車重:1070kg
  • ボディサイズ:3700×1670×1735mm
  • 発売開始:2016年11月
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。