自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

2019年記事 トヨタ ルーミー
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

トヨタ ルーミー試乗評価「2」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。トヨタ・ルーミー(型式M900A)「X-S」の試乗レポート。

当ページは2ページ目です。

「乗り心地や静粛性など快適性」

トヨタ
  • グレード:“X-S”
  • 年式:2017年式
  • 型式:M900A
  • 車両価格:約153万円
  • デビュー年:2016年11月
ルーミー内装1ルーミー内装2

タンク、トール、ジャスティと多くの兄弟車が揃うコンパクトハイトワゴンです。


  1. 分割 - ルーミー試乗「1」エンジン・ミッション
  2. ここ - ルーミー試乗「2」快適性(乗り心地や静粛性)
  3. 分割 - ルーミー試乗「3」走行感覚(ハンドリングなど)
  4. 分割 - ルーミー試乗「4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - ルーミー試乗「5」内装(リアシート)
  6. 分割 - ルーミー試乗「6」ラゲッジスペース
  7. 分割 - ルーミー試乗「7」燃費や評価総合

比較まとめ:2019コンパクトワゴン&ミニバン比較

試乗:乗り心地

ルーミーの快適性

ルーミーというラグジュアリーなネーミングから想像できない、硬い乗り心地。サスペンション硬ければシートも硬い。そんな特性を持つルーミーの乗り心地について。

フロントシートの乗り心地

フロントシートルーミーを見たら、快適性重視の乗り味を想像するんじゃないだろうか?

試乗車はNAエンジン搭載車だし、筆者もそうした乗り心地を想像。

したら完全に予想外。ハンドリングという名の走りやすさが重視され、快適性は後回しされちゃったんだろう特性。やはり後回しにされたのであろう内装質感と合わせ、雰囲気はまさにスパルタン。

乗り心地は一言!硬いです

最近では多くの車種が、硬い方向に変わった。高速時の安定性が向上し、乗員の視点移動を小さくなり、それでいてボディやシャシーの進化により、柔らかいより快適に感じられる事もある。

リアシャシーそんな流行だけど、それでもルーミーのサスペンションは、硬すぎません??というくらい硬いです。

ルーミーの乗り心地は、やっぱり硬いターボ付き軽自動車と比較すれば、そこまで荒っぽくはない。

でも、ホンダNシリーズや日産デイズのベーシックグレードなら、その方が洗練された乗り心地だと評価できる。

ボディ剛性など技術の進化でガチャガチャ感は減ったものの、ここまで硬いとやっぱりガチャガチャ感はある。試乗車は走行距離が3万kmと進んでいたので、内装からのギシギシ音も聞こえた。

また運転席はシートがかなり柔らかくなってきていて、助手席よりは快適でした。

良い点は、スッキリしている

ドスン!バタン!とストロークを感じられないほどの乗り心地は当たりも強く、乗員への衝撃も強い

タイヤリアシートよりは有利なフロントシートだってガツンときます。

それでも、衝撃の減衰は早そうで、スッキリした乗り心地には感じられる。

これがガチャーンと響くようだったら、クルマが可愛そうって心配になっちゃうけど、試乗中そうした心配から段差で減速する場面はそんなになかった。

例えば助手席側Bピラーレスのタント(カスタムターボ)だと、衝撃が響き過ぎて不安になっちゃう。ルーミーが仮にタントの延長線上だとしても、ボディ剛性感はかなり上です。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

リアシートの乗り心地

リアウインドーと網戸リアシートはフロントシート以上に衝撃が強い

例えばよくある、減速を促すために路面に設置された凹凸。他のクルマがパタンパタンと超えていくところを、ドカンドカンと超えていく。

柔らかな快適性が欲しければシエンタをどうぞ、ということかな。ルーミーだとリアシートにお座り頂くのは、申し訳なくなっちゃう。

気持ち悪くなりにくそうな挙動

その代りというか、クルマ酔いしにくいであろう特性は、筆者が知るコンパクトカーのレベルを超えている。グラグラしにくいというだけでなく、唐突な挙動変化さえなければスッと曲がっていく感じで不快感は薄い。

気になる段差なんてない、そんないつもの道だけ走行するなら、長所だけ味わえるんじゃないかと思ます。

1世代前のソリオは柔らかい

ルーミーがソリオ対策に生まれたクルマだとすると、1世代前のソリオを意識したんじゃないかと想像できる。

でも、その時期のソリオは非常に柔らかく、グラグラするけど走りやすいハンドリングというクルマだった。これは兄貴分の2代目シエンタに似ている。

ルーミーは逆に、同世代アルトやハスラーと同じ雰囲気。もちろんアルトやハスラーよりレベル高いんだけど、乗り味の方向性に似ている部分を感じる。

ついでにスイフトあたりと比較すると、乗り心地の質感ではスイフトが大きくリード。しかし走りやすさ、滑らかなハンドリングという点でルーミーがリード。
なおスイフトスポーツになると、どちらの面でも大きくリード。ルーミーの上級グレードを買うなら、価格も同じくらい。

メインメーターサブメーター・液晶表示部(夜間)

試乗:車内の静粛性

車内静粛性静粛性は相当に低い。え?トヨタの基準、通ったの??みたいな。

走行中はタイヤが路面を叩くロードノイズはもちろん、最近では気になる事は減った風切り音も気になる。
さらにフロントシートでは大きなエンジンノイズ、リアシートではこもった排気音が不快さをアップ。

乗員の疲労を考えると、長距離は走りたくありません。長距離走行には若さが必要ですw

静粛性の低さはルーミーの大きな弱点。気になるならターボ付きエンジン搭載グレードを考慮して下さい。そちらだと改善されている可能性が考えられます。

トヨタ ルーミー

トヨタ

ROOMY (ルーミー)

  • 試乗グレード:“X-S”
  • 型式:M900A
  • 年式:2017年式
  • 車両価格:約153万円

概要

  • 排気量:1000cc
  • エンジン型式:1KR-FE
  • 車重:1070kg
  • ボディサイズ:3700×1670×1735mm
  • 発売開始:2016年11月
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です