メーカー「FIAT(アバルト)」評価と中古車購入の比較ガイド
HPヘッダー画像

2014年記事 FIAT・アバルト500
著:ヒラリー男爵

アバルト500試乗レビュー「2」

間違いいっぱいの自動車選び。FIAT(イタリア)の「ABARTH500」アバルト500の試乗レポート。

当ページは2ページ目です。

「乗り心地と運転しやすさ、楽しさ」

アバルト
  • グレード:”ベースグレード”
  • 型式:312142
  • 車両価格:290万円
  • デビュー年:2014年3月
アバルト500の室内1アバルト500の室内2

アバルト500は、FIAT500を元にしたチューンドモデル。走りやすさとスポーティ感覚の両立。やっぱり上手だねって感じのスペシャルな500なんです。


  1. ここ - アバルト500試乗「1」エンジン、シフトセレクター
  2. 分割 - アバルト500試乗「2」乗り心地と運転しやすさ

ベースとなるFIAT500の試乗レポート。基本部分はこちらをチェックして下さい。

試乗:内装インパネ

アバルト500の内装には華があって地味じゃない。メッキパーツも使用されてるし、カラーのパネルなどわかりやすい演出がされている。
質感については、素のFIAT500のページを参照下さい。ここでは、アバルト500vsFIAT500、注目点を比較します。

アバルト500vsFIAT500

アバルト500内装1FIAT500内装1

左がアバルト500、右がFIAT500
写真の色味悪くてゴメンナサイ。試乗が夜間限定で3日間、だったもので。

シフトセレクター部以外、そんなに大きな差はないと思います。あ、ブースト計ついてた。パネル面の色調はグレードや特別仕様車などにより異なる。

アバルト500メーター1FIAT500メーター1

左がアバルト500、右がFIAT500

スミマセン。撮影しているカメラが異なります。左は高感度レンズ、右は普通の室内用。違いとしては、背面の文字体や文字サイズが異なるのがわかる。

アバルト500シートFIAT500シート

左がアバルト500、右がFIAT500

アバルト500のシートの形状はバケット風。スポーツ用シートベルトのベルトホールまで開いてる。実はサポート性能はそれほど高くない。シートを上手に使える人向きの設計。ヘッドレストは一体型だけど、高さは身長180cmくらいの方でも足りる。

試乗:乗り心地など快適性

乗り心地や静粛性の評価は、主に助手席にてチェック。運転していると、先読みで体が反応しちゃうからね。

で、感想はというと、固いけどアタリが柔らかい。月並みな言い方だけど、これがわかりやすい。アタリが柔らかいって何?と思ったら、アバルト500に試乗してみればきっとわかる。

アタリは柔らかく、適度に動くサスペンション

タイヤ

具体的には、固いけどストローク感あるというより、かなり動きを抑えるような足回り。かつブッシュも固めながら、このアタリの柔らかさを感じさせてくれる。

乗り心地が良いか悪いかは判断に迷う。とりあえず、高級感は感じるタイプだと思うよ。

1番の理想は、いつの間にか段差を越えてるサスペンション。スルスルってバネ下が動いて、ボディは揺れない。アバルト500の感触はそれに次ぐ2番目って感じ。評価は星4つ。

無駄な挙動を出さずに運転できるから快適

ドライバーが感じる快適性といえば、ハンドル切った際の感触がある。

挙動は抑えられ穏やかさを感じるハンドリングは、フラフラ感なく運転がラク。つまりは同乗者も快適。日常的なシチュエーションでの使い勝手は全く犠牲にされておらず。

ボディ ディメンション的には不利なアバルト500だけど、サスペンションセッティングやパワステの味付けで運転しやすく。例えばショックアブソーバーの伸び側減衰力を高めている感触は安定感に繋がり、好ましいコーナーリングフィールとして感じられると思う。

静粛性については判断できず

静粛性について、実は今回よくわかりませんでした。ごめんなさい。

理由は、アバルト500に試乗する時は毎回、直前に猛烈にうるさいクルマを運転していたから。クルマは静粛性が極悪なコルトラリーアート。

静粛性に対する感じ方は、環境や体調など様々な要因によって感じ方が変わるもの。評価が難しいです。適当に書くわけにはいかないんですがとりあえずアバルト500、街のチューニングカーのようにうるさいわけじゃありません。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

素のFIAT500と簡単比較

試乗はFIAT500を所有する知人と実施。

500オーナーのお話を聞かせて頂きつつ、印象の違いを比較、まとめます。

まずエンジンの違い。4気筒と2気筒の差はデカイ!これだけで正当派の良いクルマになった感がある。

意外にも室内に伝わる振動は、4気筒アバルト500の方が気になる。エンジンマウントの差だと思う。けっこう固そうだ。FIAT500でこれを味わいたい場合には、エンジントルクダンパーというパーツがある。振動は超増える。

タイヤシフトセレクターの違い。FIAT500はシフトノブ、アバルト500はパドルシフト。それぞれ慣れてる方が好ましい。

乗り味の違い。アバルト500は少しハンドルが重く、少しブレーキペダル剛性が高い。こうした違いがクルマ全体にあり、かっちり系vsゆったり系とキャラクターが異なる。

アバルト500を試乗した後にFIAT500に乗り換えれば、かる〜い感じ。どっちも気軽だけどFIATの方がさらに気軽。またこうしたちょっとした違いからかドライバーが感じる直進性にも差がある。

快適性、乗り心地にも違いがあり、柔らかいのはFIAT500。

しかし乗り心地質感が優れているのはアバルトの方。高級感・上質感という部分で大きな差がある。FIAT500はアラっぽく沈むしパンパン伸び上がる。ただし日本のコンパクトよりはいい感じだから、誤解無きよう。

その他、室内外の各部のエンブレムが変わったり、エクステリアの意匠に若干の変更がある。

やっぱり、気になったらディーラーで試乗するのが1番!アバルトの試乗車だって、頼めばなんとかなるかもしれない。まずは聞いてみましょう。

運転が楽しいクルマって?ひとつの答えかも

運転が楽しいクルマってどんなクルマを想像する??

雑誌などの情報を考えると、クイックなハンドリングだったり、高回転型エンジンだったり、挙動を抑えた足回りだったり、タイヤのグリップが高かったりetc...。

多分ね、刺激が強いクルマを想像される方が多いと思う。

ブーストメーターでもこんなクルマって、田舎道専用車。デートに使えば、疲れて彼女への気配りが減っちゃう可能性も。

アバルト500は違うよ!どこを走っても楽しい。まずデザインが愉快。ナロー&ショート&ハイなディメンション。どこか懐かしい着座姿勢。

ここまでは素のFIATだって味わえる。加えてアバルト500には運転の扱いやすさがある。すぐに体に馴染んで、思い通りに走りやすい。イメージした感じにクルマが走ってくれる、これだって楽しいクルマでしょう。
煮詰めの妙とはこんな感じか。車両価格の割に洗練度は今一つながら、持てるものを最大限生かしてるって感じだよ。

こういった良さは都内とか政令指定都市とか、混雑する市街地だって味わえる。そしてバカンスに出たらスポーティドライブだって楽しめる。
さらには小さいから車庫入れだってラクだし、コーナーリングラインも思い通りに取れる。

こんなに様々な要素を満たす自動車って、なかなか無いと思うよ。

ただしお値段、普通車1台+軽自動車1台分w。2台持てれば1台で全てを満たす必要はない

こんな部分が運転のしやすさ

なんで運転しやすいかと考えれば、細分化すると以下のような点が挙げられる。

  • 良く煮詰められたアクセル特性
  • 良質なサスペンションパーツをだから可能なセッティング。
  • ボディサイズが小さいからこそ可能な部分。

まず1番上。適切な回転数さえ保っていれば、日常で不足しないパワー感。そして大排気量車のように適度なレスポンス、踏んだ瞬間の反応、過敏でないスロットル特性。イタリア人がガンガン踏んでも滑らかに加減速できそうだ。

次に2番目。ショックアブソーバーが良質だから減衰力が高められる。ドライバーも同乗者も不快な挙動は出にくい。ステアレスポンスもきつすぎず緩すぎず。直進性だって悪くない。
曲がる止まる加速するといった挙動に不利なディメンション。それをうまーく調整し、オブラートにくるんでる。

最後に3番目。ボディ小さければコーナーで自由にラインが選べ、直線でも車線内の自由が高く、駐車だってラク。

MTって何?という方、別モデルをおすすめ

アバルト500の紹介を見ると、「5MT」と「AT」って記載されていることがある。

5MTは3ペダルMTのこと。ATとは2ペダル自動MTの事。一般的な日本車のような、ATとはちょっと意味合いが異なる。

タイヤ確かにクラッチペダルはないし、自動で変速してくれる。

でも、MTって何?エンジン回転数って何??って方が購入されると、多少の勉強が必要になると思う。

なんでかって、シフトショックが大きくて不快。ぶっ壊れてるんじゃないかって思っちゃうかも。

このサイトで運転がしやすいと取り上げているのは、多少のクセを掴んだ場合に限ってのこと。

少しはクルマに興味ある方じゃないと、クセを掴むの意味がわかんないかもしれません。だからね、可愛らしいボディデザインに惚れた速購入じゃ、車庫で置物になっちゃうよ。まずはディーラーで試乗ね!

アバルト500のメーター1アバルト500のメーター2

アバルト500評価総合

エクステリア(リア)

未だないほど高評価なアバルト500。実際に筆者が所有したいくらい。価格を考えなければホント素晴らしいね。

与えられたベースを最大限に生かすセッティングの良さ。こうしたカタログに出ない部分がアバルトの魅力なんだよね。

約300万円という価格も加味して評価してみる。この場合、やっぱりリッチな方向け。このクルマ1台で生活しようとすれば、あまりにも実用性なさ過ぎる。

そして、普通車1台+軽自動車1台が購入出来るこの価格。中古車含めれば組み合わせは無限大。趣味用と実用とメリハリ付いた2台を所有する選択肢だってある。

アバルト500は実用性を除き、1台でなんでもこなせる特徴の持ち主。だから駐車場狭かったり、高級コンパクトカーが好きな方にはとてもイイ選択肢。しかし普通にはセカンドカーだろうね。筆者だったら奥様に買ってあげたいね〜。将来の奥様w

最後に燃費。夜間の市街地で「11km/L辺り」が車載の燃費計に表示された。

郊外の空いた道に場所を移せば、「14km/L」を越えて燃費が伸びる。最終的には「11.9km/L」が表示。良いか悪いかは、ご判断をお任せします。

ABARTH 500

アバルト

アバルト500 (チンクエチェント)

  • 試乗グレード:”ベースグレード”
  • ミッション:2ペダル自動MT(5速)
  • 価格:290万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






エクステリアの大きな違いは、リアバンパー下部。


メーター文字盤はFIAT500と異なる。


ブーストメーター。



シートはバケット調。


フューエルキャップには、テキストが書かれている(シール)
一般的に知っていること以上の意味はなくても、これだけで立派に見えるから不思議。


ボンネットをオープンさせる金属にはゴムカバーがついてる。わかりやすいし感触イイ。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です