クラウン(18系)試乗比較P2・静粛性や小回りの良さ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2010年記事 トヨタ クラウン
著:ヒラリー男爵)

トヨタ クラウン(18系)試乗「2」

販売台数多い人気セダン、クラウンの試乗レポートと比較評価です。モデルは18系となるGRS182クラウン。グレードはアスリートの3000cc(前期モデル)。18系クラウンはいわゆる「ゼロクラウン」と呼ばれるモデルです。発売は2003年12月。

当ページは2ページ目です。「静粛性に関する話題と小回りの良さ」などを掲載しています。

トヨタ
  • グレード:“3.0アスリート”
  • 型式:GRS182
  • 車両価格:420万円
  • デビュー年:2003年12月
  1. 分割page - クラウン試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - クラウン試乗「1-2」・静粛性や小回りの良さ

試乗:静粛性

停止中の静粛性は非常に高い

運転席に座ってドアを閉めた瞬間から、エンジン始動してのアイドリング中、車内は非常に静かで高い満足感を得られます

世界広しといえど日本車、特にトヨタ車が圧倒的に優れている部分。そんなトヨタの上級車種だから、エンジンの音や振動面で十分快適なレベルなのは当然なわけです。
最上級と比較しなければ文句ないでしょうし、他社の4気筒エンジン搭載な上級セダンなどと比較すれば、全く異なった高級感を味わうことができます。

今後オーナーになり、この静かさに慣れてしまっても、一度他車を運転して戻ってくればまた、この満足感が得られる。3日に1度は不味いものを食べろというわけです。

走行中もまずまずな静粛性

走行中の静粛性はまずまず。ものすごく静かな停止中からみると、期待ほど静かではありません。良いのはノイズの音質がマイルドという点。

ドア周辺からの風切り音も、フロアから聞こえるタイヤのロードノイズも、耳障りに感じにくい音質で、ここに高級感を感じられます。よほど悪い道でなければ、パッセンジャーと話すのに邪魔になるほどのノイズは侵入してきません。

ドライバー1人乗車の場合は、疲れていれば気になる程度の騒音は感じます。マジェスタなどもっと静かな室内を望みたくなるのも事実。

低回転域では静かなエンジン

エンジンノイズは、低回転時でのエンジン透過音はあまり気になりません。ちょっと周りに音がある場所を走行していれば、耳障りに感じることはないレベルの騒音です。逆にもうすこし音を聞かせてくれても良いんじゃない?なんて思うほど。

強い加速時など、高回転を使う、キープする、そんな時は刺々しいV6エンジンの音が響きます。迫力いっぱいだけど上品な音質ではありません。

このV6エンジン、高回転時ではクラウンに似合わないエンジン音を発します。現時点ではまだまだ直6の方がクラウンらしいし、8気筒の全域ジェントルさに惹かれてマジェスタを選択するのも最もらしい理由となりえます。

エンジンノイズに関しては、次の20系クラウンでは幾分マイルドな音質になり、ビックリするような音は多少なりとも影を潜めています。こんなところからも、ゼロクラウンは過渡期のクラウンであると思ってしまいます。

小回りはよくきく

クラウンのボディを外から見れば、ある程度の全長があるからこそ、デザインが伸びやかに感じるというのに気付きます。全長短いセダンのエクステリアはずんぐりむっくりなのを思い出します。

クラウンのボディ全長x全幅は4820mm x 1765mm。大きめだけど大きすぎず、高級セダンとしてはちょうど良いサイズ感です。

ハンドル(前輪)の切れ角が大きい

クラウンの駆動方式はFR。フロントタイヤの切れ角が大きく、小回り性能は良いです。
最小回転半径は記憶だよりで5.2mあたり。

ホイールベース長くてハンドル切れ角大きいから、内側の内輪差、これだけ注意が必要です。コンパクトクラスでは感じなかった内輪差がハッキリと感じられます。慣れるまではコーナー内側のドアミラーをチェックした方がいいかもしれません。

クラウンは伝統的に横幅狭め

横幅、ボディサイズについてですがミドルコンパクトクラスのクルマでも横幅が「1800mm」近くなってきており、ミドルサイズのセダンでは「1800mm」を越えることも普通です。
そんな中でクラウンの横幅は「1765mm」。特別大きく無いどころか、スリムにさえ感じるサイズ。ただし、ベースが小さいクルマの横幅とは若干違います。

クルマの全幅、カタログ数値にはドアミラーは含みません。これにより実際に試乗、走行した時の感覚が異なります。コンパクトなベースを大きく仕上げることがミドルクラス以下ではよくありますが、この場合はドアミラーが内側に引っ込んでいる事が多いわけです。

わかりやすい例でいえば、VWゴルフ。5型〜6型になった時、全幅が「30mm」増えましたが、これはドアノブの取っ手が膨らんだだけ。ミラー間の距離はあまり変わっていません。また7型ゴルフでは全幅1800mmということですが試乗して大きさを感じることはありませんでした。

実際に走行するときには、左右ミラー間の幅が結構重要なわけですが、クラウンはベースがクラウンという大きさなので、ミラーが内側に付いているわけではなく、ボディが大きく感じられます

マイナーチェンジで3500cc追加

18系クラウンのエンジンバリエーションは3種類。2500cc、3000cc、3500ccから選択できます。

このうち、3500ccは2005年のマイナーチェンジで登場。アスリートの3000ccと変わる形で3500ccになりました。
前期はロイヤル、アスリート共に2500ccまたは3000cc。後期になるとロイヤルは2500ccと3000cc、アスリートは2500ccと3500ccになります。

新車価格はだいたい以下のような感じです。

  • ロイヤル2500cc - 340万円
  • アスリート2500cc - 350万円
  • ロイヤル3000cc - 400万円
  • アスリート3000cc - 420万円
  • アスリート3500cc - 460万円

トヨタのV6エンジンラインナップ

クラウンのキャラクターを考えれば直6の方がジェントルで好感持てる質感だったが、トヨタは全てV6に移行。しかし比較的安価な6気筒をラインナップして下さるだけでありがたい。贅沢を言ってはいけません。世の中の流れでいえば経済性に優れる4気筒の方が好まれる時代です。

ということで、現在ラインナップされているトヨタのV6をまとめてみました。

  • 1GR・・・4000cc ボア×ストローク 94.0×95.0
  • 2GR・・・3500cc ボア×ストローク 94.0×83.0
  • 3GR・・・3000cc ボア×ストローク 87.5×83.0
  • 4GR・・・2500cc ボア×ストローク 83.0×77.0
  • 5GR・・・詳細不明

これらを基本にバリエーションがあります。現在販売されるどのV6と比較しても、全体的にトヨタのV6はスムーズなフィーリング。ただし同じ6気筒といっても、細かな型式違いによって内容は変わってくるので、6気筒ならどれも良いと鵜呑みにしないように。

クラウンは高級車か?

クラウンの価格、車両価格300万円台中盤〜というクラウンの価格は、高級車といえる価格帯ではありません。周りをみれば300万円を超える車種はゴロゴロしていますし、街中みればそうしたクルマ達がいくらでも走っています。

スカイラインだって300万円〜、SAIやカムリだって300万円オーバー。アコードやレガシィだって大きく高価になりました。

クラウンは価格帯をキープしている方ですから、大きく価格が変化していません。そんな中で安全装備の充実や、サイズアップによりコストがアップしていることを考えると、細かな部分はチープになっていても不思議ではありません。

相対的な車格は下がり気味。そんなクラウンを高級車として考えるとチープな部分もあります。しかしベースグレードの車両価格を思い出せば、相応という事で不満は感じにくいと思います。そもそも、ミニバンやSUVと同じ価格で買える高級セダンと考えれば、魅力はものすごく高いですね。

よくも悪くも過渡期のクルマ

クラウンらしくないクラウンと大変身した18系クラウン。だからこそゼロクラウンという愛称が付けられているわけですが、20系クラウンがデビューしてから考えてみれば、過渡期のクルマということがわかります。

新しいシャシーに新しいエンジン、モデル途中では新しい6ATミッションも登場し、従来までのキャラクターとは全く違ったクラウン。デビュー当時はお得感感じるクルマでした。
しかしよくよく見てみれば極悪の乗り心地など粗が目立ち、こういったネガティブな点は次の20系で改善されます。20系は全体的なイメージ変更や新しいパーツといったトピックスはなく、熟成メインのブラッシュアップモデル。

ニュース満載だった18系と、ニュースはハイブリッドだけだった20系。乗り比べて比較すれば20系の方が大きく質感が高まっています。
もし中古車でゼロクラウンをお探しなら、直6エンジンの17系や、質感アップした20系も候補に入れてチェックされることをオススメします。

トヨタ クラウン
トヨタ

CROWN (クラウン)18系

  • 試乗グレード:“3.0アスリート”
  • ミッション:5AT
  • 新車時価格:420万円

概要

  • 車両 型式:180系 GRS182
  • 排気量:3000cc
  • エンジン型式:3GR-FSE
  • ボディサイズ:4840/1780/1470mm
  • 車重:1600kg
  • 発売時期:2003年12月

クラウンの型式

  • GRS180 - 2500cc
  • GRS181 - 2500cc4WD
  • GRS182 - 3000cc
  • GRS183 - 3000cc4WD
  • GRS184 - 3500cc
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

>

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


後期アスリートのインテリア。


18系クラウン「アスリート」の後期型は3000ccモデルは3500ccに変更になる。ロイヤルの3000ccモデルはそのまま継続。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。