マークX試乗と比較評価P2/乗り心地と2代目との比較

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2012年記事 トヨタ マークX
著:ヒラリー男爵)

マークX(GRX120)試乗「2」

初代マークX、グレード「250G」。車両型式は120系GRX120。マーク2からマークXに名前が変わり、ベースとなるプラットフォームもクラウンと共通、さらにはエンジンが直列6気筒からV型6気筒に変わったマークX(GRX120)の試乗レポート。

当ページは2ページ目です。「乗り心地とステアフィール、2代目との比較」などを掲載中。

トヨタ
  • グレード:“250G”
  • 型式:GRX120
  • 車両価格:約270万円
  • デビュー年:2004年11月
  1. 分割page - マークX簡単試乗「1-1」・内装とエンジン、ミッション
  2. このpage - マークX簡単試乗「1-2」・乗り心地とステアフィール
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗レポート(乗り心地やコーナーフィール)

マークXの弱点はここに詰まっています。乗り心地、ステアフィール、コーナーリングフィール。セダンの走行性能として最も期待したい部分が弱点です。

乗り心地が弱点

筆者が思うマークX最大の弱点は乗り心地。どこを走ってもパッツンパッツンのドタバタ。固くて動かない上にシャキッとしていないこの感じ、固いんだか柔らかいんだかわからないようなフリクション満点のストローク。足下がバタバタでドカドカです。
「トヨタが固めにセッティングするとキツすぎる」。そんなよく聞いた言葉を思い出しました。

これは同世代のクラウン(アスリート含む)もそうですから、トヨタ的乗り心地といいますか、そんなキャラクターなのでしょう。

新しく単筒式ショックアブソーバーを採用したという事で期待しましたが、スペックだけでは何もわからないという事を実感しました。

良い路面なら質感良好

フリクション(摩擦)が多くて渋いダンパー。この分の衝撃はゴムブッシュでいなす。
従来ながらの手法らしい。するとどうなるか?

  • 平らな路面では問題なし。荒れた路面に行くと急にバタバタ。ノイズも大きくなる。
  • 路面からのインフォメーションがドライバーに伝わりにくくなる。
  • 柔らかく微小操作が曖昧で、質感が低く感じる。
  • コーナー中の段差や負荷かけたタイヤが微妙にブレる瞬間、ボディ剛性感を弱く感じる場合も。

6気筒+FRがお得な価格で。そんなマークXですが、この乗り心地だけで価値は激減していると言わざるを得ません。筆者的にはこれ買うならショックアブソーバー交換は必須
こんなものでいいだろ?そんな感じでトヨタがもしユーザーの事を考えているなら、清く他車を選択するのが最良です。最初からパーツ交換を考えるくらいなら、上級車種を選らんでも良いわけです。立派なサスペンションは10〜20万はするわけですから。中古で高級車という選択肢だってあります。

ちなみに実談で、筆者はこのマークXを買おうかと思ってたが、中古のセルシオを買いました。

追記:乗り心地は次の2代目マークXでは大きく改善しています。

ブレーキフィーリング

減速とブレーキペダルの操作感。ブレーキのフィーリングはあまりいいものではなく、従来のトヨタらしさそのままな印象。強くブレーキをかければABSの介入も早く、安全なのか何なのか、減速力はもっと発揮できるんじゃないと疑問を感じます。

強いブレーキはマークXのスポーティグレードで数回試しました。同じトヨタでもクーペなどで採用されていたスポーツABSは別フィーリングで良好。そうしたブレーキではなかったです。

またFR車なので、リアタイヤから沈んで車体全体が沈み込むブレーキを期待しますが、強いブレーキングでもフロントのノーズダイブが目立ちます。この部分は減速を楽しむスポーツ走行には向かなそうです。

電動パワステも普通な感じに

同世代のクラウンに乗ると、特に舵角の大きいコーナーなど、ハンドルを大きく切った際に違和感がありました。このままだったら高いお金を出してまで買いたいクルマとは思えませんでした。

後から販売されたマークXでは、そのままかと思いきや改善されていました。切り込んだ先での唐突なフィーリングが幾分マイルドな感じに。
(比べれば違和感なし。路面からのインフォーメーションや直進時の感覚はまだ気になる)

高級感という部分では、ステアリングのしっとりした回し心地こそ最も高級感を感じる部分。それからタイヤサイズから伝わるステアリングの手応え。ステアリングは常時触れている部分なので、ここは重要なポイントでしょう。

従来の油圧式パワステと比較すれば、路面からの振動が低減されているのは高級な感じ。部分部分では進化したと評価出来ます。しかしステアリングを回す場面では、まだまだ変な感触と安っぽい感じを受けます。

初代の中古車と2代目の新車の比較

この記事は2012年執筆ということで、2代目マークXが発売された後の記事です。ということで、中古vs新車の比較をしてみます。

クルマの基本的な内容的にはほぼ一緒。2代目になって違いは若干立派に見える外観デザインと、クラウンの様に派手になった内装。それから圧倒的に進化した乗り心地。これらが大きな違いです。

初代マークXは摩擦が大きくてスムーズでないショックアブソーバーが弱点。

ということで、大きな違いは乗り心地。しかしこの乗り心地は20〜30万円の車高調を買うことで良くすることができます。
つまり、120万円くらいの中古車を買ってサスペンションを変えれば、合わせて150万円。新車より100万円お得です。中古車だからオプションが充実していればその分が丸々お得分になります。

しかし新車の場合、下取りも期待できるので、短期間で売却するとなると新車の方が有利だったりします。まとめると長期間乗るなら中古車がお得。新車を購入する際、残価設定型ローンの残価割合を聞けば、だいたいの下取り価格が想像できます。迷ったらこういったところから比較するのも一つの方法です。

※2代目マークXはマイナーチェンジでサスペンションが固い方向に変化しています。柔らかさなら初期モデルがおすすめです。

燃費について

燃費は自分の環境で12km/L弱。いままでのマーク2でいうと2000ccモデルと同じくらい走ります。排気量の差はあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

マークXになり、新型エンジンと6AT、その他効果で燃費は改良されていると思われます。そういえば平成6年式の90系マーク2(2500cc)では燃費は9km/Lくらいでした。

エンジンに負荷を掛けないときの燃費はどの車種でもそう変わらないそうです。ガソリンは一応ハイオク指定ですがレギュラーでも大丈夫なはず(自己責任でお試し下さい)。

※筆者は夜間走行が多いため、地方の道路を走るのと同じような環境です。


気になる燃費、このテストコースで他のクルマでは、4気筒+CVTのマークXジオで13km/L、セルシオで7km/L、アベンシスで13km/L、フィットで16km/L、6気筒アルファードで9.5km/L、アコードで12km/L、レクサスHSで15km/L、SAIで18km/Lといったあたり。

厳密な燃費テストではありません。


Sパッケージは黒系の内装カラー

評価総合

名前がマーク2からマークXに変わり、コンポーネンツも大きく変更。エンジンは直6からV6に、パワステは油圧から電動に。またショックアブソーバーは復筒式から単筒式に。

進化するためには「変更」から「熟成」を繰り返す必要がある(このHPもそうです)。大きく変更されたモノを”過渡期”なんて表現しますが、この初代マークXはまさに過渡期。

だから試乗すれば、あちらこちらに欠点が見受けられる。筆者は購入を考え真面目に試乗しましたが、こうした部分はどのグレードでも一緒。ドラインビング感覚を重視すれば次のモデルを選ぶ方が望ましいということで130系マークXに期待し、見送りました。

それでもコスパは強烈!この価格で「FR+6気筒+6AT」、アッパーミドルサルーンの王道的内容を持つクルマが250万円で!このコスパが魅力です。

ライバルであるスカイラインがより高級な方向にシフトし、ソコソコ高級がソコソコ価格で買える時代は終わりそうです。マークXはどうなる??その前にマークXをぜひ!

トヨタ マークX (初代)

トヨタ

markX (マークX)

  • 試乗グレード:“250G”
  • ミッション:6AT
  • 新車時価格:約270万円

概要

  • 車両型式:GRX120
  • 排気量:2500cc
  • エンジン型式:4GR-FSE
  • ボディサイズ:4730/1775/1435mm
  • 車重:1510kg
  • 新車時価格帯:約250万円〜
  • 発売開始時期:2004年11月

マークXの型式

  • GRX120 - 2500cc
  • GRX121 - 3000cc
  • GRX125 - 2500cc 4WD

マークXのモデル別の違いや比較
その他の概要はリンク先で掲載中。

試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


Sパッケージのアルミペダル


全グレード単筒式ショックアブソーバー。通常は復筒式が多い。ただし単筒式だからといって良いとは限らない。


Sパッケージのアルミホイール

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。