HPヘッダー画像
公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

ヴィッツ/メンテナンス・ステアリング交換「2」

当ページは2ページ目です!

ステアリングの取り外し

「元自動車整備士」がお届けするメンテナンスと用品取付コーナー
3代目ヴィッツのステアリングを交換しました。パーツはエアバック搭載タイプをチョイス。
見た目だけでなく操作性も変わる機能パーツで、操縦感覚も変わってきます。

03-01メイン03-19s03-34s

運転席エアバックを取り外すことでハンドルが取り外せます。交換用ハンドルに必要パーツを移植し、逆の手順で取り付ければ、ハンドル交換の完成。面倒な作業が無いので、取り組みやすいD.I.Yです。

  1. このページ - ステアリング交換P1・エアバック取外
  2. 分割ページ - ステアリング交換P2・ホイール取外
  3. 分割ページ - ステアリング交換P3・パーツ移植と完成

クルマはこのヴィッツ(NSP130)。

他のトヨタ車でもクラスが近い車種なら同じように取り付け出来ると思います。

2.エアバックユニットを取り外す(2)

03-15

ロックを解除したエアバックから配線を外すと、車体から完全に分離されます。

外す線は2本。黄色い線と黒い線で、見ればすぐにわかります。

 

03-16s03-17s

黄色い線はコネクターで接続されているので、コネクターを外します。マイナスの精密ドライバーを使用して外しました。

黒い線は平型端子が刺さっているカタチで接続されています。引いて抜けば外れます。

3.ステアリングホイール取外

エアバックが外れたらステアリングを外します。

03-19s配線コネクターを抜いて、中央のナットを外すことでステアリングは取り外せます。

まずはオレンジの丸印のところを外します(画像はクリックで拡大)。

 

03-2003-21

(画像左)ステアリングスイッチ関連のコネクターを抜きます。

(画像右)ピンで固定されているコネクターを外します。ここで写っているピンクの内装外しツールでは外しにくかったので、実際は「クリップクランプツール」という金属製の内装ピン外しツールを使用しました。

03-2203-23

ステアリング本体は中央のナットで固定されています。「十字レンチ」か「19mmソケットレンチ」を使用して外します。

このナットは、車体による個体差はありますがキツく締まっている事が多いので、十字レンチならチカラの入れやすい柄の長いタイプ、ソケットレンチなら接続部がネジレて切れてしまわないような、差込角が大きいサイズの工具を推奨します。

基本的な方法としては、ナットは少し緩めた状態で抜き取らずに残しておきます。こちらも固く刺さっていることが多いステアリングを安全に抜くためです。

右の画像がそのイメージ。ナットを緩めたらグイッと手前に引きます。抜けない時は揺すりなども混ぜながら引っ張っていると、いつもなんとかなっちゃっています。

03-24s

無事ステアリングがはずれれば、このようになります。

03-24s

ひとつ余談を。いつもだとエアバックの取り外しに使用しているトルクスドライバー、今回は出番がありませんでした。無くても大丈夫です。

次のページ

03-28s03-34s

取り外したステアリングから再利用するパーツを取り外します。そして新しいステアリングに移植します。

ネジが意外と固かったり、仕組みを考えながらの作業が続きますが、次はお部屋に戻って作業ができます。肝心なところで集中力が切れない様、休憩も挟みつつ作業を進めたいですね。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設18年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/