ミニクロスオーバー試乗P4/ドラポジと細部

自動車購入のための評価評論・BMW
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ミニクロスオーバー(ZA16)P4

(2017年記事 ミニ・クロスオーバー
著:ヒラリー男爵)

ミニクロスオーバー試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選び、試乗車は2代目ミニのクロスオーバー。グレードは「1600ccNAエンジンのワン」。モデルコードは「R60」。内外装も走行感覚も個性の強さが魅力。

当ページは4ページ目です。「ドラポジと細かな長所短所」などを掲載中。

ミニクロスオーバー室内1インパネミニクロスオーバー室内2運転席から
BMW
  • グレード:“ワン”
  • 型式:ZA16(R60)
  • 車両価格:288万円
  • デビュー年:2011年1月〜
  1. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-1」・試乗レポート概要
  2. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-2」・運転感覚と快適性
  3. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-3」・内装の印象
  4. このpage - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-4」・ドラポジと細かな長所短所
  5. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-5」・他車比較、評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

ドラポジとボディ見切り

個性的なボディデザインをしているクルマは運転しにくい事が多々ある。ミニクロスオーバーはどうだろうかということで、意識的にチェックしてみました。

視界1視界2

写真はドライバーからの目線をイメージした左右斜め前方。特別運転しにくそうなところはない。

Aピラーと呼ばれる一番前の柱が、ドライバーに近いところから伸びているのが良さそう。またフロントガラス縦方向は小さく、後付タイプのナビは邪魔そうな感じがしたが、意外と平気だった。

輸入車では純正ナビげージョンがオンダッシュに付く事もあるが、運転しづらいクルマもあれば、けっこう気にならないクルマもある。

小さく感じるボディサイズ

ミニクロスオーバーはカタログ上のボディサイズでは、決して”ミニ”とはいえないだけの横幅がある。全幅は1790mm。けっこうデカイのを連想してしまう。

ただ運転した感覚はコンパクトだし、外から見ればBセグとCセグの中間というか、VWゴルフなど小さめなCセグメント車と同じような感じに見える。ボディサイズが大きいのは例えばドアハンドルの盛り上がりだったり、フェンダーの膨らみだったりとちょっとした部分なのだろう。

視界3写真のドアミラー、クーペみたいに内側に付いていて、これはバックで寄せやすいタイプ。ボディラインに合わせてバックした際、飛び出ているミラーの心配をしなくていい。

国産5ナンバーサイズのクルマだと、ボディラインがノッペリで、ドアミラーが大きく飛び出す。そこでミラーが当たりやすいわけ。ミニクロスオーバーはその逆。

視界4

フロントの寄せ、見切りはやりにくかった。ほんとは着座位置が高いと感覚が取りやすい場合が多いんだけど、ここは今ひとつ。

まず当然だけど、着座位置の関係からか低い位置が見えにくい。

つぎにボンネット中央が大きく盛り上がった形状で、感覚が掴みにくい。

細かな部分の長所短所

乗ってわかった、ミニのトリビア的な特徴をいくつか。息抜きコーナーですw

ミニの鍵はかなりの円形

キー1キー2

鍵のカタチにびっくり。円+軸って感じで、バシってつかめば完全に円形をしてる。そしてそれを、BMW風に差し込んでエントリー。抜く時はプッシュ。

鍵を差し込む時は当然、真っ直ぐ差し込まなくちゃいけない。だからコツを掴まないと手こずっちゃうかもしれない。

これ、普通のコンパクトカーだったら大きな滅点ポイント。実用車に使いくさはいらないでしょ。ミニだから許される遊び心というか、ファッション性最優先というか、普通じゃない事に意味があると思う。

まるで飛び立つようなサイドブレーキレバー

サイドブレーキレバー1サイドブレーキ2

まるで引っ張ったら飛んじゃいそう、そんな形状をしたレバーの正体は、サイドブレーキレバー。SUVらしさで力強さを狙ったのか?スポーツ走行が考慮されたのか?意図はわかんないけど凄いデザインなのは間違いない。

運転中、つい引きたくなるような衝動にご注意下さい。助手席に座っていると不安です。運転中、助手席の人がふざけて引かないかご注意下さい。悪ふざけされそうで不安です。

冗談だけど、同乗する人によってはホントに不安を感じますw

ちょっとした何かとか

息抜きにでもぜひw

バッテリーはどこ??

バッテリー1バッテリー2

バッテリーは前。ボンネットを開けて一番室内寄り。カウルトップの下にレイアウトされていた。御存知の通りバッテリーは重い。重量あります。メンテナンス性よりコダワリが重視された流石のデザイン。とうなずきました。

ブレーキフルード

反対側の同じ場所には、多分ブレーキフルード。交換時にはもしかして、カウルトップを外すのかな?非常に気になります。

オートドアロックが解除されない時は?

ドアハンドル

基本的には停止して「Pレンジ」にすると、オートドアロックは解除されていたように思うんだけど、たまに開かない事があった。助手席に乗った時ね。

で、どうしたら開いたかといえば、ドアノブを2回引いたら開きました。とっても単純な方法で、誰でも試す方法。これを最初に出したきたメーカーってどこ?開発したのはどこ??
人生のヒント!くらいに素晴らしく感動しました。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

ラゲッジスペースの広さは大雑把に、国産Bセグメントの中で広いといわれる車種と同じくらい。内張りは樹脂の部分が多く、カーペット張りと比較すれば実用車的。形状も左右の内張りで無駄な部分が削られているようで、黒子に徹して欲しいラゲッジルームは実用性重視で好感度高い。

ラゲッジスペース3

ハッチの開閉など特筆すべき部分は気にならなかった。
一応、オープナー(ハッチを開けるノブ)に関する部分として、オープナーはミニのエンブレムが兼ねている。

初めて知ったら感動する可能性あり。慣れるとちょっと、スパンと戻っちゃうところなんかに嫌な感触を受けるとおもう。余談だがリアカメラがここから出てくるかどうかは、ちょっと気になる所w

ミニクロスオーバー・室内3ミニクロスオーバー室内4

筆者的に納得のプライス

試乗車のワン・クロスオーバーは288万円。200万円台前半からというハッチバックのミニほどのお得感はないものの、比較しなければ納得プライス

理由としてはまず、個性的な商品って通常割高!そんなものです。普通はカタチが違うだけでも高くなるのに、ミニなら走りも違うというおまけ付き。
次に最近、国産車が高い!最近どの試乗レポートを見ても、良くなったけど高い!と評価されていない?もう当たり前のまとめ方になってるw

ミニクロスオーバーはCセグメントサイズになった。同じような車格感を持つ国産車、250万円を超えるモデルだってある。それでなくてもヴェゼル、ジューク、CX-3けっこう高いよね。個性的なのに納得価格。これがミニの特徴

mini ONE CROSSOVER (R60)
BMW

ミニ ワン クロスオーバー

  • 試乗グレード:“ワン”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2014年
  • 型式:ZA16(R60)
  • 価格:288万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。