ホンダ・メーカー別の特徴と自動車評価
HPヘッダー画像

2013年記事 ホンダ・フィットシャトル
著:ヒラリー男爵

フィットシャトル試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。ホンダ・フィットシャトル(GG7)「15X」の試乗レポート。

当ページは3ページ目です。

「エンジン&ミッション質感」

ホンダ
  • グレード:“15X”
  • 型式:GG7
  • 年式:2011年式
  • 車両価格:161万円〜
  • デビュー年:2011年6月
フィットシャトルのインパネ(昼)フィットシャトルのインパネ(夜)

さらに便利なフィット!荷室が拡大されたワゴンタイプ。コストパフォーマンスや走行性能は??


  1. 分割 - フィットシャトル試乗「1」特徴と内装、走行性能
  2. 分割 - フィットシャトル試乗「2」車内快適性(乗り心地や静粛性、広さ)
  3. ここ - フィットシャトル試乗「3」エンジン&ミッション、参考データ
  4. 分割 - フィットシャトル試乗「4」他車比較とコスパ、評価総合

素のフィットはこちら!2代目フィット試乗レポート

試乗:エンジン、ミッション

エンジンは4気筒1500cc。魔の領域と呼ばせて頂く3000〜4000回転、このあたりでの振動は少なめでさすが。それを除けば普通に実用エンジン。

エンジンのフィール

エンジン音の音質も普通にエンジンといった感じです。

エンジン

アクセルペダル操作に対するフィーリングは、ホールドモードのないCVTのためよくわからず。燃費良ければいいでしょ、ってな感じですね。

CVTのフィール

シフトセレクターCVTはアクセル開度8割くらいまでは速度に合わせて回転数が変化する、比較的自然なタイプ

出だしでギクシャクすることもあるけれど、発進からいきなり回転が上がって加速するタイプじゃない。

アクセル開度9割〜全開だと、6000回転付近をキープ。エンジンが持つパワーを最大限に発揮しようとしているのが想像出来る。レッドゾーンは6800回転〜。CVTの変速プログラム、筆者の好きなタイプです。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗時の燃費

試乗時の燃費は、「市街地と信号の少ない山道」を「2:8」の割合で走って13.9km/L

計測は車載の燃費計。燃費計測に走行した距離は209km

市街地は渋滞で、無駄を省いて運転しても、7km/L台が表示されていました。都市部を抜け、その後は信号少ない山道を走行。

すると徐々に良い数値に上昇し、13km/L代後半〜14km/L代前半で安定。

走行中、市街地を除き、エコラン関係なしで走ったんだけど、他車を考えると同じような道であと”2キロ”多く走って欲しいなと思いました。

参考データ

メーター同乗者による手元のストップウォッチで、フィットシャトルの中間加速力を計測しました。

アマチュアレベルの計測なので、正確性に期待しないで下さい。他のタイヤ、他の車種でもテストを行い、データを集めています。

中間加速タイム、計測した条件と結果

計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量は満タン。風はほぼなし。タイヤ空気圧は未チェック。道路は直線。タイヤは「ダンロップ・SPスポーツ2030 185/60/15」。

  • 時速10kmから60kmまでの加速タイム・・・5.48秒
  • 時速30kmから80kmまでの加速タイム・・・6.16秒
  • 時速50kmから100kmまでの加速タイム・・・7.97秒

速度はメーター読み。感想はとくにありません。単純に50km/Lを過ぎれば加速が鈍ります。

車内静粛性、タイヤ「ダンロップ・SPスポーツ2030」

市販の騒音計を利用して、ノイズを計測してみました。単位はdB。

騒音計ということで音圧に対して補正が掛かっていますが、人間が感じる不快さとは違います。耳障りな音とか気になりにくい音とか、そういった感覚は含まれていません。

計測時の周囲の騒音 環境ノイズ / 47.7dB
  • 「エンジンOn」アイドリング時の車内騒音 エンジン回転数・・・750rpm 
    Fシート・・・46.4dB Rシート・・・43.6dB
荒れた路面での計測 環境ノイズ / 47.7dB
  • 巡航時の車内騒音・荒れた路面、細かなデコボコが多い道路 時速50キロ走行時 / 
    Fシート・・・72.1dB Rシート・・・69.1dB
状態の良い舗装路での計測 環境ノイズ / 57.3dB
  • 巡航時の車内騒音・綺麗な路面、比較的新しい舗装の道路 時速50km走行時 / 
    Fシート・・・64.7dB Rシート・・・64.7dB
  • 上記同様の道路 時速90km走行時 / 
    Fシート・・・67.6dB Rシート・・・68.9dB

車内スペースとカップホルダー

身長172cmの筆者がドライビングポジションを取った状態でリアシートをチェック。

  • 身長172cmの筆者・・・ヒザ前 コブシ 2.5個 / 頭上 コブシ 2個
  • 身長182cmの男性・・・ヒザ前 コブシ 1.5個 / 頭上 コブシ 1個 

カップホルダーの数

  • フロント 6個 / リア 3個 

各部の寸法

  1. ステアリング直径 37cm
  2. ダッシュボード中央手前からガラスまでの長さ 60cm
  3. Fシート、フロアから座面先端 リフト最大時35cm、リフト最低時32cm
  4. Rシート、フロアからシート座面先端 39cm
  5. 左右ドアミラーいっぱいの長さ -
  6. センターコンソールまたは左右シート間の距離 10cm-
  7. リアシート開口部、座面先端〜ドア内張までの最短距離 32cm
  8. ラゲッジ寸法 奥行き100cm、幅98cm、入り口最低地上高53cm
  9. アンダートレイ寸法 奥行き60cm、幅52cm、高さ23cm
フィットシャトルのメーター(夜)フィットシャトルのメーター(昼)

コーナーで乗りにくいと感じたら?

ステアリングドライバーそれぞれ体に染みこんだ運転の仕方、いろいろあると思います。クルマもいろいろ。

普通の速度で試乗中、どうも入り口でステアリングを切る量が不足してしまう。切り遅れはしていない、切る量が足りない。もちろんタイヤが滑っている訳じゃない。

どうやら無意識に舵角を読み間違えてしまう。

切り始めのコブシ一個分はフラッとして、そこから先はゆっくり。そんな感じで想像した分ではハンドル回す量が足りていない。

もし同じような事を感じたら、コーナー入り口で少し大きめにハンドルを切ってみて下さい。これで気持ち良く走れます。

ホンダ フィットシャトル

ホンダ

fit shuttle
(フィット シャトル)

  • 試乗グレード:“15X”
  • 年式:2011年
  • 型式:GG7
  • 新車価格:165万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

シートベルト収納時
使っていないシートベルトは異音がでにくいようにフローティングされている(赤い矢印分だけスペースがある)。


メーターは自発光タイプ。アクリルはスモーク掛かってはいない。夜間の光り方を見てもムラは気にならず。
液晶表示部がとってつけたように付いているのがタマニキズ。


ボンネット裏は実にシンプルに、遮音材のたぐいは省かれているのだが、フレッシュエア導入のダクトが付いている。これはアイデア賞ですね。

ステアリング


シフトセレクター周辺。注目はローモードが2段階あり、CVTの制御プログラム変更に自由度がある。タコメーターも付いているから視覚的にもわかりやすい。
操作感は渋くてガコガコ動く。


エンジンルーム。眺める部分じゃないけれど、ライバルのフィールダーの方が質感を感じる。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です