自動車の試乗比較、中古車選びにも・トヨタダイハツ試乗レポート

2022年記事 トヨタ
 & 

ピクシスジョイ(キャスト)「2」
快適性と走行感覚

間違いいっぱいの自動車選び。2022年式ピクシスジョイ(キャスト)の試乗レポート。

2ページ目です!

「乗り心地・走りやすさ・加速感」

トヨタ・ダイハツ
  • グレード:“F X SA3”
  • 年式:2022年式
  • 車両価格:131万円
  • デビュー年:2016年8月
内装インパネ1内装インパネ2

トヨタ・ピクシスジョイ(ダイハツ・キャスト)グレード:F X SA3、型式LA250)。2016年8月登場です。


簡単試乗レポ

  1. ピクシスジョイ「1」特徴概要と魅力
  2. ピクシスジョイ「2」快適性と走行感覚
  3. ピクシスジョイ「3」内装と評価総合

 

簡単なレポ、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視です。

試乗:乗り心地の印象

ピクシスジョイ:走行中

ピクシスジョイに試乗し、特徴的と感じたのが乗り心地(立派と感じたのは内装)。フワフワシートを主体にした乗り心地が印象的です。

乗り心地は一昔前の高級車みたい

フロントタイヤ柔らかいフロントシートが作り出す乗り心地は、「フワフワ=高級」だった時代の高級車を思い出します。

試乗中は乗っている間中、朝から晩まで「どことなく高級」というイメージが頭から離れません

上質というわけじゃない

ただ、上質というわけじゃないです。
サスペンションの動きが感じられるライバル車が多々ある中でピクシスジョイは、フワフワシートが作り出す乗り心地。

ボディフロント斜めボディリア斜め

常にフワフワする乗り心地の代わりに、ほとんどの衝撃はシートが吸収

こうした乗り味から「上質とは言えないけど、どことなく高級」。そんな矛盾しているようにも感じられる印象になります。

乗り心地は一定レベル以上の衝撃はガツンときますが、軽自動車でよくある程度です。

とにかくフワフワなシート

フロントシートリアシート座面が柔らかいクルマは多いです。特に最近、増えてきてると思います。

でもピクシスジョイは、フロントシート座面が柔らかい
しかもダンピングが効いているとか衝撃吸収とかいうより、10年20年前のクルマみたいな柔らかさ。

体は終始揺れているくらいにフワフワし続けるシート。良いモノを求める方にはちょっと違うかもしれません。でも、これこそ快適!という方もいらっしゃると思います

特等席は助手席

Aピラーシートは固いほうが運転しやすいです。視線は安定し、挙動も感じやすい。

でも助手席に座れば、運転しやすさなんて関係なし!
なので、柔らかいシートのメリットばかり味わえます。

ピクシスジョイの助手席は実際に座って、アメリカンチックな良さを感じられる、良い空間でした。ダイハツのキャストだって同様と思われます。

試乗:走りやすさの印象

ピクシスジョイ:フロントヘッドライト

超やわらかいフロントシートがピクシスジョイの決め手ですので、走りやすさを語るにもこれがすべてです。

フワツキ以外は走りやすい

体は終始フワフワ。そんなシートに座っていると、サスペンションが動くよりシートが動いたくらいの感覚。

ステアリングリアタイヤ

クルマの挙動はよくわかりませんし、伝わってくるタイミングもワンテンポ遅れているはず。ドライバーの視線だって上下に安定しない感覚があります。

もしシート変えたら、乗り心地と引き換えに走りやすくなるはずです。つまり操縦性に限れば、フワフワシートは走りやすくないです。

座面から体を浮かすように...

座面の影響を減らしてみます。

左足で踏ん張り、体をシートバックに押し付け、体を浮かせて走ってみたら、クルマは思ったよりシャキッとしていました。

舵角一発で決めて、微調整なくワイドな走行ラインで滑らかに。シートのフワツキ以外は走りやすかったです。

最新モデルと比較すれば?

ムーブキャンバスやタフトと比較すると、ハンドルの回し心地や反力の伝わり方に差を感じました。

ムーブキャンバスタフト

同じダイハツ内でみれば、新しいモデルほど軽自動車らしさが薄くなり、曖昧さを感じないフィーリングになっている感触です。

試乗時の燃費

ピクシスジョイ:フロントマスク

試乗時の参考燃費。天気の良い昼間に1日走行し、距離にして150km程度走った時の燃費です。

参考燃費前半はゆっくり流れる幹線道路を走行し、20km/L弱の燃費が表示されていました。

後半はそのままリセットせず、山道も含む走行をし、18km/L台の燃費が表示されていました。

試乗:加速感

ピクシスジョイ:エンジンルーム

車重840kgの軽自動車として、加速感に特別な印象はありません。敢えて言えば、燃費最優先というより、加速しやすい回転数をキープしている感はありますがその程度。

スロットル特性は強い早開き

少し踏んでも大きく踏んだような特性、これをよく、早開きと表現されます。

エンジンルーム小さなクルマでは早開きの程度も大きい事が一般的ですが、ピクシスジョイでは踏み初めがかなりガバッと開いていました。

飛び出し感が強いと言ってもいいです。

出だしで速さを感じやすい反面、中間域で調整しながらの走行ではもっさり感を感じます。

パワーモード

ピクシスジョイ:シフトセレクター

ステアリングスイッチ、右手親指部分にレイアウトされるPWR(パワーモード)への切り替えスイッチ。

これによる加速感の変化が面白かったです。
試した範囲では、CVTの変速が別のクルマにように変わりました。日常域の同じ速度域から加速する時の変化です。

PWR切り替えスイッチ「ノーマルモードでは速度に合わせて回転上昇」を基本に変速。

「パワーモードでは一定回転数をキープしながら加速」

記憶にだよりで5000rpm付近だったと思うけど、アクセル大きく踏んだら最高効率の回転数をキープして加速していくようでした。

正確には「より低い速度域から回転数キープして加速」に変わります。
感覚ならノーマルモード、絶対的出力ならパワーモード、こう使い分けることもできます。

ボディ見切りと車両感覚

ピクシスジョイ:フロントライン

視界が狭いわけじゃないです。ただ、見えて欲しいところがもうちょっと見えづらい、もしくは感覚が取りにくい位の印象を受けました。

助手席側Aピラーの根元付近

気になったのは、助手席側Aピラーの根元付近。ツイーター(高音用スピーカー)が埋め込まれていることもあるのか、少し広がりを感じます。

Aピラー一般的なコンパクトカーよりはスリムですので、軽自動車として考えれば...というところでね。

交差点で左側を確認する時、なんとなく見づらい感覚でした。

ボディ前方

前方はボンネットが見えそうで見えないくらいの感覚。

視界に入ってくるのは、ワイパーアーム。前方視界の情報がほしい部分で、ワイパーアームが大きな面積を占めています。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」

 

メーターインパネ3

ブレーキの印象

ペダルレイアウトブレーキはペダルのストローク量が大きく、奥に踏み込んでから効き始める印象。筆者にとっては扱いにくく、慣れが必要でした。

試乗したピクシスジョイはoddメーター7000kmほどでしたので、劣化しているわけではないと思います。

こうした軽自動車はたまにありますが、もっと古い軽自動車でも、もっとカッチリしていて、扱いやすく安心感あるクルマもありました。

トヨタ ピクシスジョイ

トヨタ・ダイハツ

PIXIS-JOY (ピクシスジョイ)

  • 試乗グレード:“F X SA3”
  • 年式:2022年式
  • 型式:LA250A
  • 車両価格:131万円

エンジン

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:KF型

概要

  • ボディ:3395×1475×1600mm
  • 車両重量:840kg
  • デビュー:2016年8月
  • 価格:122万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」と「元車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元お車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社