自動車の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ試乗レポート

2022年記事 ダイハツ
 & 

キャンバス試乗レポ「1」
特徴概要と魅力

間違いいっぱいの自動車選び。2022年式ムーヴキャンバスの試乗レポート。

1ページ目です!

「特徴概要と優しい乗り味」

ダイハツ
  • グレード:“Gターボ”
  • 型式:LA850S
  • 車両価格:180万円
  • デビュー年:2022年7月
内装インパネ1内装インパネ2

ダイハツ・ムーヴキャンバス(グレード:ストライプスGターボ、型式LA850S)。2022年登場の2代目です。


簡単試乗レポ

  1. キャンバス「1」特徴概要と魅力
  2. キャンバス「2」快適性と走行感覚

 

簡単なレポ、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視です。

試乗車概要:キャンバス

キャンバス:ボディサイド・斜め

2022年7月登場の2代目キャンバス。可愛らしくて親しみやすくて、ならではの魅力がたまらないダイハツの軽自動車です。

モチーフがワーゲンバスなのはわかり易すぎる事実。でもこれだけ魅力的だったら、ケーハクなんて言えないですよね!
筆者もキャンバスのデザインとか世界観、このキャラクターが大好きです!

試乗したキャンバス

試乗したのは2022年式ダイハツ・ムーヴキャンバス。グレード「ストライプ・Gターボ」。車両価格は180万円

内装・助手席側内装・ドア内張り

オドメーターが示す走行距離は300km。まだ新車で、サスペンションの動きには少しだけギスギス感がありました。

今回、試乗車をお借りして、撮影含めて2時間コース。短時間なので試乗内容は限定的です。ファーストインプレ的な内容になっています。

クルマのキャラクター

キャンバス:ボディサイド

高い!でも欲しい!これぞキャンバスで感じた最大の感想です。

高い!でも欲しい!

キャンバス:リアシート

高いという部分・2022グレードと価格
  • 「X」・・・150万円
  • 「G」・・・167万円
  • 「Gターボ」・・・180万円

キャンバスはベーシックグレードが150万円スタートで、装備は最小限。タントが125万円〜ですから、なかなかのお値段です。

ディスプレイオーディオGなら装備充実なので、実質的にターボかNAかで悩むというラインナップでしょうか。

オプションもナビが20万円超、ディスプレイオーディオでも10万円超。好きだから価格は2の次、そんな高級軽自動車って印象です。

でも欲しい!という部分

安いから選ぶ軽自動車ではなく、欲しいクルマがたまたま軽自動車。

コンパクトサイズだからこそ!と思えるボディデザイン、コテコテ高級を目指していないクリーンなインテリア

内装インパネいくらお金を積んでも変わりがない!
キャンバスでなければダメ!

そうした存在だと思います。

乗り味は優しい!

キャンバス:Aピラー内側

キャンバスに試乗してみて強く感じたのは、イメージと運転感覚の統一感。これがあるからレベル高いよね!って思います。

なんの話かといえば、ハンドルの回し心地や曲がっていく感じは優しく、乗り心地も優しく。さらにペダルタッチにフロントシート、そうした部分とクルマ全体の作りに統一感があると思います。

統一感で気になるのは、どうでも良い部分

リアシートクルマ全体の統一感という部分。敢えて言わせていただくと、内側が黒いAピラー。Aピラー内装が黒いです。
どうでもよい部分ですが瞬間的に気になるのはこれくらい。

黒はもっとも、「光の反射が少ない」「意識に入らない」そんなお色

ここが統一感より実用性を取ったのかな。
先代の内張りとか利用できたらカスタムもできちゃいますね!

走行感覚は次ページで!

キャンバス:ハンドルとインパネ

操作感や曲がる感触、加速や減速など、具体的な走行感覚は次ページに記します。

シフトセレクター

乗り心地もハンドリングも優しいし、軽自動車らしい大味さは相当に減っています。

ゆったり穏やかな方向は、ご近所や市街地メインの方にピッタリかと思えるタイプ。
ターボモデルでもトータルで統一感ある穏やかさが魅力的で印象に残っています。

もしくは動画で、走行しながら印象を述べています。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」

 

メーターインパネ3

動画:キャンバス試乗ファーストインプレ

キャンバスに同乗した瞬間、またハンドルを握った瞬間、どんな感想を抱いたか?ファーストインプレッションを動画にしています。

ダイハツ キャンバス

ダイハツ

CANBUS (キャンバス)

  • 試乗グレード:“Gターボ”
  • 年式:2022年式
  • 型式:LA850S
  • 車両価格:180万円

エンジン

  • 排気量:660ccターボ
  • エンジン型式:KF型

概要

  • ボディ:3395×1475×1630mm
  • 車両重量:900kg
  • デビュー:2022年7月
  • 価格:150万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」と「元車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元お車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

感触の良くないターボとコクンとするD-CVT、

足回りの質感 5段階評価

柔らかくもコシがあって、バランスは快適性重視。

内装の質感 5段階評価

クリーンでシンプル!立派じゃないけど現代的な魅力。

外装の質感 5段階評価

小さいからこそと思えるボディデザイン。軽自動車である必然。素晴らしいです。

快適性 5段階評価

丁寧な運転を心がければ上質。

お買い得度 5段階評価

高い!でも欲しい!




試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社