間違いいっぱいの自動車選び 2代目ミライース試乗

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
HPヘッダー画像

(2019年記事 ダイハツ ミライース
著:桃花&ヒラリー男爵)

ダイハツ・ミライース試乗「1」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車はダイハツ「Mira-e:s(ミライース)」2019年式の2代目モデル。グレードは「L SA3」

当ページは1ページ目です。「概要とエンジン質感」など掲載。

ダイハツ
  • グレード:“L SA3”
  • 型式:LA300S
  • 年式:2019年
  • 車両価格:94万円
  • デビュー年:2017年5月〜
ミライース・コクピット1ミライース・コクピット2

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

ミライースL SA3は価格94万円、快適装備少なめ安全装備が充実したグレードです。


  1. ここ - ミライース試乗「1-1」試乗詳細レポート
  2. 分割 - ミライース試乗「1-2」快適性(乗り心地と静粛性)
  3. 分割 - ミライース試乗「1-3」視界と見切り、運転感覚
  4. 分割 - ミライース試乗「1-4」内装(フロントシート周辺)
  5. 分割 - ミライース試乗「1-5」内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割 - ミライース試乗「1-6」燃費と比較、評価総合

試乗車:2代目ミライース

エクステリアデザイン

2017年にモデルチェンジし、2代目がデビューしたミライース。10年前だったら見向きもされないボトムレンジのベーシックカーだけど、ちゃんと個性・特徴を持ってラインナップされているのは先代ミライースと一緒です。

強烈だった先代ミライース

コンセプトから強烈過ぎた、先代ほどの存在価値にはクエスチョン。しかしやっぱり、ミライースというだけで期待してしまう自分が。

今度の個性は装備面。安価で安全?先進のアクティブセーフティを前面に出し、ほとんど全て、もしくは全グレードに展開。
話題になったアルト並に超軽量ボディ、そして追突しない装備。まさに「当たらなければ...」が一つの特徴であるクルマ。

グレード名に「SA3」と付くタイプがそうで、快適装備を減らして”ぶつからない”安全装備を充実させたグレードがメインになっていそうです。

試乗車概要

内装イメージ試乗車はダイハツ「Mira-e:s(ミライース)」2019年式。グレードは「L SA3」。車両価格94万円、ミッションはCVT。

オドメーターに表示される走行距離は300km弱。まだサスペンションの馴染みが弱く、滑らかに馴染むまでの間と思われます。
このクルマに3日間200kmほど試乗してきました。

車両が安い+維持費が安い=経済性が高い

ボディリア斜め初代ミライースのキャッチフレーズだった「第3のエコカー」。初代は最安75万円という価格で上級路線。軽自動車の原点のみならず、安価だけど精一杯立派なクルマとして大きな存在価値を示してくれました。

今度の2代目は84万円〜となり、内外装はプレーン路線に。乗り味はどちらかといえば上級志向だけど、ここに初代ほどのインパクトはなし。
理由はアルトというライバル車がレベルアップし、加えて兄貴分ムーブも大幅レベルアップ。また最近は軽自動車の中でも車格・ランク付けが明確になり、相対関係でお得感は減った様子。

2代目の強い特徴

アクティブセーフティのスイッチ快適装備より軽量低燃費、ぶつけにくい安全装備の充実というのが特徴

試乗グレードではなんと、電動リモコンドアミラーやシートリフター、リアヘッドレストが省かれた状態で、衝突軽減ブレーキやクリアランスソナー、オートハイビームを装備。

ターゲットは相当に明確。また試乗すれば視界の悪さなどほんとに安全なの?という疑問も浮かび、営業面を意識しすぎちゃってる感も否めず。

高額化に歯止めを!そんな期待と共に試乗

評価されれば売れるはず。同じようなクルマが増えるはず。軽自動車の高級化路線にマッタをかけて欲しいという願いと共に、ミライースを試乗して感じた事をまとめていきます。

試乗レポ:加速感とミッション

エンジン型式はKF型、ミッションにはCVTが組み合わされる。

エンジンの印象

エンジンルーム1エンジン始動時の振動は少なく、走行中に伝わってくる振動も常識的

乗り始めの印象はまさに、安っぽさを感じさせないというもの。クルマが新しいこともあり試乗中はそのまま、エンジンの振動やノイズという部分で特別な欠点を感じることはなかった。

3気筒660ccという最も軽自動車らしい部分だけど、質感はやっぱり新車がいいね!という感想くらい。

加速力など

エンジンルーム2気になったのは開けた幹線道路などでの加速力。ここはちょっと、他の軽自動車と違うかもしれない。なんというか、ちょっと遅い。

帰って調べてみれば、馬力&トルクは低め、最大発生回転数は高かった!一般的な軽自動車と比較してね。三菱&日産連合ほどじゃないけど、やや高回転型エンジンの様子。

アクセルペダルを半分踏んで1秒2秒、CVTの特性も相まり、そうした時にもっさり感、わかりやすく言えば遅さを感じる。

ドライバビリティに関して

軽量ボディをアピールするように、アクセル(とブレーキ)の踏み始めは反応が強い。でもこれはちょっと運転していればすぐ慣れ、丁寧に運転していれば滑らかなに加速減速してくれる。

試乗中だけでは慣れなかったのは、CVTの変速プログラムに起因するアクセルレスポンスの変化。高回転型のエンジンにプラスし、一度高回転に達するとアクセルオフでも長くキープする特性により、踏み直した際のアクセル操作には過剰に反応する。
普通に低速時や上り坂でこうなるからやっかい。

可能ならタコメーターがついていれば、回転数やギヤ比の予想から反応を予想して運転できるけど、残念ながらありません。逆にタコメーターの重要性を認識しました。

CVTの印象

シフトセレクターCVTは超がつくほどゆったり系。そして第1世代CVTみたいなフィーリング。筆者ヒラリーの感覚でいうと、運転しやすかったダイハツ的CVTはどこいっちゃったの??みたいな。

アクセル開度20%までのユーザーなら何てこともなさそうな一方、それ以上も利用するユーザーには不満の可能性。
もっさ〜り加速してくれないと思ったら、今度は回転数上昇が優先しすぎ、そして次はなかなか落ちてこない

軽量でギクシャクしやすく、またアンダーパワーの関係、さらには燃費の問題もあって難しいのかもね。

ミライース・室内3ミライース・室内4

ちょっと嬉しいこんな部分

エンジンルーム3エンジンルーム4

1回も開けないユーザーだって多いかもなボンネット(エンジンフード)。そこに感じた嬉しい部分を2つ。

一つはオープナーの触れる部分に優しいゴムのコーティング。誰も開けないかもって部分なのにw
もうひとつはメンテナンス性。消耗品のヘッドライトバルブが簡単に交換できそう。HIDだって暗くなります。LEDはわかんない。

これは交換費用、維持費軽減に効果あるかもしれない、そんなポイントです。

ダイハツ ミライース

ダイハツ

Mira-e-s (ミライース)

  • 試乗グレード:“L SA3”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2019年式
  • 車両型式:LA350S
  • 新車価格:94万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc(軽自動車)
  • エンジン型式:KF型

その他概要

  • ボディサイズ:3395×1475×1500mm
  • 車両重量:650kg
  • 新車価格帯:84万円〜
  • 発売時期:2017年5月〜

車両型式

  • LA350S - 標準
  • LA360S - 4WD
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ミライース

L675S - KF型 660cc 2017年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

非力な部分があり、そこからライバル車より質感の低さを感じる。

足回りの質感 5段階評価

軽自動車にもランク付けがされている様子。

内装の質感 5段階評価

気になる部分もあるが全体的にはほどほど。

外装の質感 5段階評価

ベーシックさが強調され、質感とは異なる方向性の魅力。

快適性 5段階評価

低価格モデルで真っ先に削られるのは静粛性。グレードで異なる様子。

経済性の高さ 5段階評価

車両安い + 維持費安い。間違いないが初代ほどのインパクトはもたず。

お買い得度 5段階評価

絶対的には安くもお得感は感じられず。



試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です