2代目ミライース試乗・P2「」

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ミライース(LA350S)P2

(2019年記事 ダイハツ ミライース
著:桃花&ヒラリー男爵)

ミライース試乗「2」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はダイハツ「Mira-e:s(ミライース)」2019年式の2代目モデル。グレードは「L SA3」。車両価格94万円、快適装備省いて安全装備が充実したグレードです。

当ページは2ページ目です。「快適性、乗り心地と静粛性」などを掲載しています。

ミライース・コクピット1ミライース・コクピット2
ダイハツ
  • グレード:“L SA3”
  • 型式:LA300S
  • 車両価格:94万円
  • デビュー年:2017年5月〜
  1. 分割page - ミライース試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. このpage - ミライース試乗「1-2」・快適性(乗り心地と静粛性)
  3. 分割page - ミライース試乗「1-3」・視界と見切り、運転感覚
  4. 分割page - ミライース試乗「1-4」・内装(フロントシート周辺)
  5. 分割page - ミライース試乗「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - ミライース試乗「1-6」・燃費と比較、評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

試乗:フロントシートでの乗り心地

市街地での走行

最近の軽自動車らしく、シートで乗り心地を確保する方向性。柔らかくて質も立派なシートはミライースの乗り心地で大きなポイントになっている。

運転席、助手席での乗り心地

フロントシートでの乗り心地はとても柔らかいシートによって優しい乗り心地になっている。

柔らかいシートで衝撃カット

フロントシートフロンシートは座面も背もたれも柔らかく、質だって悪くない。単にフカフカというよりはゴムのような弾力が感じられ、クルマ全体からみればシートだけ立派すぎると感じてしまうほど。

このようなシートによって、路面からの衝撃はカットされ、車体からの微振動も気になりにくい

体重40kg台の女性でも、体重62kgの筆者でも柔らかいという印象は変わらず。なので女性ユーザーにも優しい乗り心地を提供してくれるはず。

乗り心地の質はそれなり

リアタイヤ・乗り心地質に関しては「わかっちゃいるけど...」というレベル。ミライースのポジションを考えれば仕方なし、というところかな。

試乗した車体はほぼ新車で条件悪かったと前置きしつつ、サスペンションが馴染んだ後も傾向は変わらないと予想。

具体的にはドスン、ストン、ガツンが目立つ乗り心地。衝撃は感じにくいんだけど、クルマはバタバタと上下する。試乗したスタッフの間で「リアシートに座ってるみたいな乗り心地」なんて会話をしていた。

軽自動車って、上下方向の動きは上質な車種が多いから、余計気になってしまう。

加えて、段差を超えればボディのブルブル感が目立ち、ザラザラの路面では内装からもミシミシというノイズが気になる。

アルトに耐えられなければミライース

ダイハツミライースがラグジュアリー系ならば、ライバル車のアルトはスポーティ系。方向は180度異なり、ものすごく大きな違いがある。

バンみたいに固いアルトの乗り心地がキツければ、選択肢はミライース一択。

しかしここで問題が。ボディの質感はアルトの方が立派なんだよね。残る振動のカット、吸収、もしくは馴染ませ方。レベルとしてはワンランク上。これは悩ましい。

助手席はクーペみたいな着座感

助手席足元1助手席足元2

ミライースの助手席は足元が広い!シート高が低めな事もあり、足を放り出してダランと座るのがしっくり。

寧ろ、かしこまって座ろうとしてもシート形状が許してくれませんw

広い広いハイト系の軽自動車って実は、助手席足元が狭いことが多かった。リアシートは無駄なほど余裕があるのにね。シートアレンジの関係もあるのかな。

試乗したグレードだと、どっちにしてもリアシートはエマージェンシー。それならば、フロントシート優先と思えるミライースは気持ちいい。

リアシートでの乗り心地

リアシート背もたれと乗り心地試乗した「L」というグレードでは、リアシートは完全にエマージェンシー。シートは固くて薄く、座面は荷物の落ちにくさを重視したような形状。

写真の通り、心理的に安全性が不安になるという事もあるし、乗り心地も静粛性など快適性もまさに最小限

着座すると、膝前のスペースは十分広い。走らなければ過ごせるスペースではあります。ただし一旦走り出すと、もう下ろして〜という感じに。

自分がドライバーでゲストをお迎えした際も、気を使っちゃうと思います。

その他、リアシートやラゲッジのページに掲載しています。

ミライース・室内3ミライース・室内4

車内の静粛性

車内静粛性コストに直結と思われる静粛性は、かなり厳しい。車外ノイズ、車体からのノイズ、長距離はキツイほどうるさい

ただ、上級グレードでは静粛性が向上するとの事。何台か試乗した先代では、上級グレードでは一般的な軽自動車くらいと思える静粛性だった。ご予算許せば、ですね。

また車内がタイトな軽自動車だと、乗員がノイズを吸収する要素が大きい。助手席に1人乗車するだけで、ホッっとするような静粛性と感じられたりする。

参考までに同じ第初の上級車種ウェイクだと、同じ軽自動車とは思えないほど快適性が異なります。

ダイハツ ミライース

ダイハツ

Mira-e-s (ミライース)

  • 試乗グレード:“L SA3”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2019年式
  • 車両型式:LA350S
  • 新車時価格:94万円

その他概要

  • ボディサイズ:3395×1475×1500mm
  • 車両重量:650kg
  • 新車時価格帯:84万円〜
  • 発売時期:2017年5月〜
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします。
桃花ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。