2代目ミライース試乗・P5「内装(リアシートとラゲッジ)」

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
HPヘッダー画像

(2019年記事 ダイハツ ミライース
著:桃花&ヒラリー男爵)

ミライース試乗「5」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車はダイハツ「Mira-e:s(ミライース)」2019年式の2代目モデル。グレードは「L SA3」

当ページは5ページ目です。「内装(リアシートとラゲッジ)」など掲載。

ダイハツ
  • グレード:“L SA3”
  • 型式:LA300S
  • 年式:2019年式
  • 車両価格:94万円
  • デビュー年:2017年5月〜
ミライース・コクピット1ミライース・コクピット2

内容は辛口評価です。試乗で確認したいポイントを重視!

ミライースL SA3は価格94万円、快適装備少なめ安全装備が充実したグレードです。


  1. 分割 - ミライース試乗「1-1」試乗詳細レポート
  2. 分割 - ミライース試乗「1-2」快適性(乗り心地と静粛性)
  3. 分割 - ミライース試乗「1-3」視界と見切り、運転感覚
  4. 分割 - ミライース試乗「1-4」内装(フロントシート周辺)
  5. ここ - ミライース試乗「1-5」内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割 - ミライース試乗「1-6」燃費と比較、評価総合

内装:リアシート

内装の評価と使い勝手

※画像は車内でまったりしているところ。

このグレードのリアシートは緊急用

リアシート1

スペース的な広さは十分ながら、非常用として用意されているであろうリアシート。

なぜかって、昔で言えば商用バンモデルみたいなシートが使われているから。

リアシート2ヘッドレストの省かれるシートバックは薄くてペカペカ。もうほんとに、安全性に不安を感じるほどです。

また座面は固く、乗り心地を始めとする快適性は最低限レベル。

リアシートを使う機会があるのなら、どうしても上位グレードを選ぶことに。快適性云々というより不安だよね、もしもの時、ラゲッジ荷物がシートバックに刺さってきたら。

リアシートご希望なら「X」以上

ヘッドレストが付いてリアシートが実用的になるのは、グレード「X SA3」以上
「X SA3」の価格は108万円で、試乗グレードより14万円高。

装備はその他に14インチタイヤ、電動ドアミラー、LEDヘッドライトに変更され、総合的な安全性が向上します。

問題は、ムーブのグレード「L」、110万円にグッと肉薄する車両価格。これは迷います。

広さは十分

リアシート膝前1リアシート膝前2

身長172cmの筆者がドラポジを取った状態でその後ろに着座。コブシの数は数えるまでもなく、膝前のスペースは余裕十分

圧迫感は強め

フロントシートバック1フロントシートバック2

膝前のスペースは余裕十分ながら、心理的な圧迫感は強い。理由はヘッドレスト一体型のフロントシート。通常タイプとの差はほんのちょっとだろうけど、感じ方は異なる。

そしてシートの縫製が非常に雑で、ユーザーによっては耐えられないかもしれない。メードインジャパンとアジア製の差というか、よければチェックしてみてください。

なおトヨタのヴィッツは、一体型だったのがマイチェンで普通タイプに変更されました。やっぱり理想は、普通のタイプかと。

リアシートその他

リアシート足元1リアシート足元2

上位グレードでも同じであろうポイント。センタートンネルが大きめで形状も角が立っている。

これによって足元が、決まった姿勢を取ることになる。多くのユーザーが、かしこまって座る感じになるんじゃないかな。

リアシート足元3

その代わり、荷物を置く際には味方になってくれる。

スーパーで買った食料品、不安定だし水滴出るし、シートの上には起きにくい。

リアシート足元に置くなら、この段差が想像以上に役立ってくれます。

ちょっとした部分

リアシートのアシストグリップリアシートのカップホルダー

盲蓋が見えるアシストグリップは上位グレードでは付く様子。カップホルダーは小物入れまでついて気配りが効いています。

内装:ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1

ラゲッジスペースの広さも問題ありません。上位車種と遜色なく、ベビーカー収納とかでなければ、狭さが気にならないだけのスペースが用意される。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

特筆すべき点はないからネタ的に少し。ラゲッジ奥はちょうど指2本分の隙間が。小さなものを放り投げないようにw それとラゲッジボードの底面は、防音、消音を想像させる構造。

背もたれ倒すなら分割式が便利

ラゲッジスペース4ラゲッジスペース5

リアシートバックの分割可倒式ってやっぱり便利で、逆に言うと分割されないタイプはひと手間掛かる。

何が手間かって、車内リアシートに入ってストッパーを外し、車外に出てシートを寝かす。ここに一手間。
両側のストッパーを外さないと倒れないのが理由。二人でやるなら問題ありません。

高さがちょうどいいテールゲート

ミライースのリアテールゲート

ミライースの特権!それは高さが低いテールゲート。リアのハッチを開けて閉める時の話だけど、位置が低いからチカラが入りやすい。結果、背が高い上級車種より閉めるのが簡単。

試してみてください!24inchサイズの自転車が良いなんて奥様なら、絶対この高さをおすすめします。

※タント、ウェイクは、位置は高いけどハッチが軽く、開閉も軽いです。

ミライース・室内3ミライース・室内4

独立タイプの半ドア警告

半ドア警告灯運転席メインメーターは、どこのドアが開いているかも教えてくれます。今までの感覚でいうと、上級タイプだね。今では当たり前なのかな?

ミライースはドア開閉が渋い事もあって、締め方次第では半ドアになりやすい。そんな事もあり、どこが開いてるか迷ってしまう半ドア警告灯より断然便利。

ダイハツ ミライース

ダイハツ

Mira-e-s (ミライース)

  • 試乗グレード:“L SA3”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2019年式
  • 車両型式:LA350S
  • 新車価格:94万円

その他概要

  • ボディサイズ:3395×1475×1500mm
  • 車両重量:650kg
  • 新車価格帯:84万円〜
  • 発売時期:2017年5月〜
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー









試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です