タントカスタムP4/ラゲッジスペースと燃費

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評価 > 試乗一覧(他) > タントカスタム(LA600)P4

(2017年記事 ダイハツ タントカスタム
著:桃花&ヒラリー男爵)

タント(カスタム)試乗「4」

自動車評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはダイハツ「タント・LA600S」。2016年式でグレード「カスタムRS・SA3」ターボエンジン搭載車。タントの上級グレードです。

当ページは4ページ目です。「ラゲッジスペースと燃費」などを掲載中。

タントカスタム・・コクピット1タントカスタム・・コクピット2
ダイハツ
  • グレード:“ターボRS SA3”
  • 型式:LA600S
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2013年10月〜

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

  1. 分割page - タントカスタム試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - タントカスタム試乗「1-2」・乗り心地など快適性とドライビングフィール
  3. 分割page - タントカスタム試乗「1-3」・インパネとリアシート、内装
  4. このpage - タントカスタム試乗「1-4」・ラゲッジスペースと燃費
  5. 分割page - タントカスタム試乗「1-5」・快適性とドラポジ
  6. 分割page - タントカスタム試乗「1-6」・細かな長所短所と評価総合

ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

ラゲッジスペース

ラゲッジ1ラゲッジ2

ラゲッジ3ラゲッジ4

スペース的な部分。ラゲッジスペースはリアシートがスライドできる関係上、奥行きに関しての心配はない。また場合によってはリアシート足元をラゲッジ代わりに使えるので、日常的に困ることはなさそう。

大事なのは横幅といいたいところだけど、軽自動車だから大差なし。比較するほどの差は無いんじゃないかと思う。というかセダンじゃないんだから積み方でどうとでもなる。

シートアレンジに関してはよく”ダイブダウン”などといわれる仕組みで、リアシートが座面ごと足元に収納できる。
フロントシートを前に出す必要があるため、この状態で運転できるのは体型的に小さいドライバーに限られるというのが残念。

リアシートのアレンジバリエーションではN-BOXに分がある。ただ実際にはどうだろう?手間かけて複雑なアレンジをするユーザーが多くないのなら、リアシート座面を座りやすい方向に振ってほしかったと思う。ボックスタイプの軽自動車全般で感じる部分。

ちょっと気になったこんな部分

ラゲッジ5タントXのラゲッジ

ラゲッジ側から見ると、わずかながらもシート下に隙間がある。写真右はベーシックなタントでリアシートを倒した際の写真。少しの隙間と、そのまんま段差。
メーカーのアピールとしては、ダイブダウンさせてちょうだい。というわけだろうけど、けっこう面倒くさいw

競合他車を見てみる

N-BOXのラゲッジデイズ・ハイウェイスターのラゲッジ

写真左はN-BOX、写真右はデイズ・ハイウェイスター。どちらも段差軽減というか、隙間がなくなるような工夫がされている。ちょっとのところだけどこれぞ気配りってやつ。

ヴィッツのトランクボード

トヨタ・ヴィッツだと、こんなボードを使うことで隙間と段差を軽減するようになっている。
ヴィッツの場合、アンダースペースを作ることもできるこのトランクボードはグレード別オプション設定。

タントもオプションで用意されている可能性があります。

ハッチドアの重量は軽そう

ハッチドアは軽い

タントのハッチは軽そう。ただハッチドアの重量自体は重くても軽くても別にどっちでもね、気にするような場所ではないと思う。

大事なのはラクに開閉ができるかどうか。開閉が面倒で使わなければ結局無いのと一緒ってなっちゃう。

最近では改良されてきている車種もあり、少し大きなコンパクトカークラス(フルBセグ等)では従来より滑らか、ラクに開閉できる車種がある。

タントはどうかといえば、「開けるの軽い」「閉めるの重い」

ハッチ軽いんだよねやっぱり。ダンパーの反力があるから、開けるのはラク。ついでにノブも大きく握りやすいのはグッド。

逆に閉めるのは、反力強すぎっていうか、普通に大変。足回りのサスペンションが馴染むというのは実際にある。ここも少し古くなったら良くなる可能性に期待。

安全性に関する戯言

この「タント・カスタムRS・SA3」にはスマートアシストという衝突軽減ブレーキが付いている。これの有効性についてはひとまず置いて置くとして、サイド&カーテンエアバッグが装着しにくいという事実を取り上げたい。

2017年現在のタント・カスタムでは、サイド&カーテンエアバッグをオプション装着できるグレードはわずか1種類。その他のグレードを選択すると、お金を出しても装着ができなさそうだ。

アクティブとパッシブ

衝突軽減ブレーキはアクティブな衝突安全を高める装備。一方のエアバッグはパッシブな衝突安全を高める装備。どちらが重要かと考えれば、こと軽自動車においてはパッシブな安全性と考える。

衝突軽減ブレーキの能力は前方のみで作動範囲も限定的。側面衝突が弱いと言われ、軽量で飛ばされる危険性まで考えると、サイド&カーテンエアバッグの方が致命的な事故を防げそうに思う。自動車保険に入る必要がないほど、衝突軽減ブレーキが進化すれば、また変わってくるんだろうけどね。

ダイハツの姿勢としては、商品力向上につながらない装備=売れない装備は最小限に。当然だよね。ユーザーとしても軽自動車は可能な限り安価な車両価格で提供して欲しいという思いもある。

安全性を優先するなら

安全性にお金を出せるって素晴らしい。同じ代金でターボかエアバッグかが選べるわけで、筆者ならターボを選んじゃうかも。もし軽自動車に衝突安全性を強く求めるなら、ホンダの軽自動車が魅力的かと思う。サイドエアバッグを選択できる幅が広いから。もしくはコンパクトカークラスを考えると、安全対コスパ的なお得感は高いと思う。

長いホイールベース

リアオーバーハング軽自動車のホイールベースは長い!横から見ればほんとビックリ!

ホイールベースとは前輪から後輪までの前後長。調べてみればタントでは先代タント、2490mmもあるらしい。これは一昔前のコンパクトカーサイズ。広大な室内スペースもなるほど納得。軽自動車って決して背が高いだけじゃないのね。
ホイールベースが長いとスペース的なメリットだけでなく、振動を打ち消すのが早いとか走行安定性が高いとか言われるから、短いより長いほうが良いというのが最近のトレンド。

しかしここでクエスチョン。3代目タントを始めとする世代のダイハツ勢は2455mmと短くなっている。ホイールベースは長ければ良いも限界なのかな。
参考までに、乗用タイプ軽自動車でダントツだったのは三菱のアイ。若干特殊なアイを除くとホンダNシリーズが来てその後に最近のスズキ勢が続く。その他、日産三菱連合のデイズなどは一世代前レベル。

タントカスタム・メーター夜間タントカスタム・メーター(昼)

燃費に関する話題

試乗中の参考燃費

試乗中の参考燃費。今回の試乗で150km以上200km未満を走行し、車載燃費計に表示された数値はこれ。17.5km/Lになった。

コースは市街地から走行し、信号の少ない田舎道を目指し、大部分は平坦かつ信号の少ない道だった。走行中、燃費を気にした運転はしていない。ドライバーは計2名で、いつもどおりの体に染み付いた運転を続けた。

実のところ、この数値は出来過ぎというか、田舎道限定すぎる数値だと思う。以前NAエンジン搭載のベーシックなタントに試乗した時は、市街地で12km/L前後、郊外で15km/L台が表示されていたのを記憶している。

ダイハツ タント(カスタム)

ダイハツ

tanto (タント)

  • 年式:2016年式
  • 車両型式:LA600S
  • 試乗グレード:“ターボRS SA3”
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:170万円
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届けします。
ヒラリー男爵桃花

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。