ダイハツ・ウェイク/P4・ラゲッジと評価総合

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ウェイク(LA700S)P3

(2017年記事 ダイハツ ウェイク
著:桃花&ヒラリー男爵)

ウェイク・試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選び。自動車比較・試乗レポートはダイハツ「ウェイク・LA700S」。2017年式のグレード「L SA2」

当ページは4ページ目です。「ボディ見切りとラゲッジスペース、評価総合」などを掲載中。

ウェイク・コクピット1ウェイク・コクピット2
ダイハツ
  • グレード:“L SA2”
  • 型式:LA700S
  • 車両価格:155万円
  • デビュー年:2014年11月〜
  1. 分割page - ウェイク試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - ウェイク試乗「1-2」・走行感覚と快適性(乗り心地など)
  3. 分割page - ウェイク試乗「1-3」・内装(フロント&リアシート)
  4. このpage - ウェイク試乗「1-4」・見切りとラゲッジ、評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

見切りとドラポジ

Aピラー左Aピラー右

着座位置が高く、Aピラーも細いウェイクは視界よくて見切り良好。駐車スペースでの前後左右、走行中の斜め前方、試乗中に困る場面はなかった。

またドラポジ(ドライビングポジション)もなぜかタントなど他の軽自動車よりしっくりくる。足に合わせてシート前後をセットしたあと背もたれをセットした時に、不自然なほど起こさず運転できた。

クオーターパネルのガラス

ボディデザインはスクエアでゴッツい系。頭は小さく見せようなんて意図が感じられないから、寸法以上に背が高く見える。運転していれば立体駐車場に入る時、少し不安を感じたりもした。

大きく見えるからといってそれ以外は不安なし。室内広いとボディも大きそうに連想しちゃうのも、全長全幅は普通だから問題なし。

スクエアなボディといえば、ウェイクのボディデザインからはレトロチックな印象も受けるんだけど、リアクォーターガラスはレトロ感も未来感も漂う丸みが付けられている。筆者はここが好きです。

ルームミラーサンバイザー

ハイト軽ワゴンで気になる点はやっぱり一緒。意識して見ないと見られないルームミラー。見なくても運転できるわけで、だから何って感じだけど、後ろにクルマが居るかいないかくらいは常にチェックしたいよね。

それからサンバイザーの使い勝手。普通に使っているとあんまり意味ない。バイザー自体もデカイんだけど、それ以上にフロントウインドーがデカイから。身長180cmの大きいユーザーならちょっとは使える。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

ラゲッジスペースはフロアがハード系の素材だったりするところに、ウェイクのキャラクターを感じる。カーペットより質感で劣るも気軽に使いやすい。行動的という優れたイメージだって連想させてくれる。

広さ的には1mmでも広くと考えられただろうことが、内装の形状から伝わってくる。基本タントと同形状なようで、ウェイクはよりタイトな形状をしている。

気配りを感じるこんな部分

ラゲッジスペース3

ウェイクのハッチは軽量だから開けるのはラク。一方で閉める時にはチカラが必要。見た目以上にチカラが必要というか、想像を越えていた。誇張しているわけじゃなくて、本当に閉めるのが大変。勢いが付けられないから、半分くらい下ろしてからが大変で、試乗中は雑に放り投げて閉めたつもりで、半ドアになってしまうことが数回あった。

ハッチゲートを支えるダンパーは適度にスムーズ。一番上まで上げた時の最後と、閉める時の最初がスムーズ。ギスギスしているデイズルークスなどと比較すればスッと伸び切ってくれるし、閉め始めは軽く動き出す。ギシギシグラグラとチープな感触を味わわなくていい。

あとはほんと、ラクに閉められるように工夫してくれれば、より積極的にラゲッジスペースを利用できる。

ラゲッジスペース4ラゲッジスペース5

ラゲッジ側からの位置調整も可能なウェイクのリアシート。視覚的にもゴツくてカッコいい。

左の画像は、倒したリアシートバックを、ラゲッジ側から起こすハンドルを握っている。思ったより軽い力で起こせる。
右の画像は、リアシートをスライドさせるレバー。片手でレバーを引いて、もう片手でシート下部を押したらスライドした。こちらはちょっとコツが必要で、使いやすさはまだまだという感じ。

使いにくそうな部分も少しある

ラゲッジスペース6ラゲッジスペース7

ラゲッジ下に位置するラゲッジアンダースペース。ウェイクにも備わっているんだけど、実際に利用するにはちょっと制限がある。

それは、リアシートを最後端まで下げていると、シートが邪魔して開けられず。画像で見る感じでいうと、右側シートくらいは前に出す必要がある。スライド機構で3ノッチくらいかな。
いちおう右の画像のように、引っかかっても手先を入れるくらいは開けることができる。

シート格納の図

ウェイクのみならず同系統の軽自動車ってみんな、凝った機構のリアシートが採用されている。ほんとね、どれくらいコストかかっているのだろうって心配してしまうほどだよ。

スライドして倒れて収納までできたり、N-BOXでは座りやすさとアレンジが両立されていたり。

ただこれ、ウェイクのリアシート格納方法なんだけど、ちょっと複雑すぎやしませんか。慣れれば問題ないといっても、たまの使用じゃ慣れることはないかもしれないね。

※デイズルークスでリアシートを収納した様子をまとめています

ウェイク・メーターウェイク・インパネ助手席側

ウェイク評価総合

ウェイク・ボディフロント斜め見た目はハスラーと同じような趣味性の高さ、おもちゃ感覚を強調し、運転すれば上級志向のハンドリングと今風な乗り心地。ウェイクは「全高上げれば売れるだろう」なんて軽薄なモデルではなく、中身を伴った「ハイト軽ワゴン」の親分的存在だった。

ボディサイズ、内容、価格とすべて親分。タントより走りやすくて乗り味も立派。

物足りないのは停止からの加速力。CVTも加速力より上質感重視なセッティングで、好ましいけどやっぱり遅い。ターボ付きグレードこそウェイクの本命だろう。すると総額は200万円クラス。

いろんな意味で、”ここまでは必要ない”と考えるユーザーも多いんじゃないかな。そんなところも親分的。最も立派な軽自動車が欲しいという方にオススメ。経済性とか実用性は2の次。

予算で比較すれば、総額200万円のコンパクトカーとも競合。如何に上級車感覚のウェイクといえど、この場合は走行的質感で劣り、運転中の疲労感などに違いがでる。その分ウェイクには、アクティブなイメージと軽自動車ならではのコンパクトサイズという魅力がある。

劣るといってもウェイクの運転感覚はコンパクトクラスに近づいた。ここに維持費の違いを含めれば、総合的な魅力で引けを取らず。「平均走行ペースが低め」という条件とマッチしたら、割高感なくウェイクを選択できると思いました。

ダイハツ ウェイク

ダイハツ

wake (ウェイク)

  • 年式:2017年式
  • 車両型式:LA700S
  • 試乗グレード:“L SA2”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:155万円

試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届け致します。
ヒラリー男爵桃花

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー














試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。