ウェイク試乗/P3・内装の質感と使い勝手

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
HPヘッダー画像

(2017年記事 ダイハツ ウェイク
著:桃花&ヒラリー男爵)

ウェイク・試乗比較「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはダイハツ「ウェイク・LA700S」。2017年式のグレード「L SA2」

当ページは3ページ目です。「内装(フロントシートとリアシート)」など掲載。

ダイハツ
  • グレード:“L SA2”
  • 年式:2017年式
  • 型式:LA700S
  • 車両価格:155万円
  • デビュー年:2014年11月〜
ウェイク・コクピット1ウェイク・コクピット2

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!


  1. 分割 - ウェイク試乗「1-1」試乗詳細レポート
  2. 分割 - ウェイク試乗「1-2」走行感覚と快適性(乗り心地など)
  3. ここ - ウェイク試乗「1-3」内装(フロントシート)
  4. 分割 - ウェイク試乗「1-4」内装(リアシートとラゲッジスペース)
  5. 分割 - ウェイク試乗「1-5」ボディ見切りと比較、評価総合

内装(フロントシート周辺)

内装(ダッシュボード)1内装(ダッシュボード)2

運転席からウェイクのダッシュボードを見渡すと、少なからず商用車的な印象を受ける。また道具的とも。着座位置が高く、直線基調のデザインがそう感じさせるのだろう。

エクステリアのイメージと合っていると評価してもいいし、道具っぽいと評価してもいい。車両価格は立派!それからすると安っぽい。

試乗したウェイクは中間グレードなんだけど、飾り気も最小限。このインパネ全体の造形と、上から見下ろすスタイルだからと思う。派手な部分が目立たない

骨太で落ち着いた内装デザイン

高級軽自動車といえば、立派な造形と光沢パネルによる加飾、きらびやかな照明。
派手なアピール強めです。

ウェイクはちょっと異なる。ウェイクの内装は落ち着いているのが特徴。インパネとメーターの照明はシンプル。

シフトセレクター周りの光沢パネルは視線を落とさなければ目に入ってこないし、ナビゲーション周りのシルバー塗装も落ち着いた色合い。

助手席足元のスペースも問題なし

カップホルダー左

「小さいのに広い」と言われるクルマって、「リアシートが広い」という意味だったりする。逆にいうと助手席スペースは最低限。

ウェイクの場合は、前後スライド量に特筆すべき点はないものの、足元は邪魔にならないように整理されている印象。ギリギリまで削ってという感じ。

そんな助手席足元は、広くはないけど不満もない。何も気にせず座れます。

ウェイクの内装で良かった部分

試乗中にこれイイネ!と感じた部分。

かっちりとしたインパネのカップホルダー

カップホルダー左カップホルダー右

ゴッツいほどカッチリしたカップホルダーは取付もカッチリでラフ&イージーに使用できるタイプ。

肘のところが窪んだドアトリム

ドアトリム

ドアトリムとはドアの内張りのこと。その取っ手と一体化されているのがドアアームレスト。

そしてそのアームレストに肘の逃げ場が確保されている。こうした気配りこそダイハツ車の魅力!期待もしちゃうよね。

ドアトリム形状・デザイン性をタントと比較すれば地味だけど、機能性は一緒。考えられた作りが嬉しいです。

各スイッチの操作性

ハンドルのホーンボタンについて

ホーンボタンホーンボタン(ミラココア)

左の画像がウェイク。右の画像がミラココア

ダイハツの中には画像に映る手のひらのところまでホーンボタンになっている車種がある。ウェイクはそうではなくて、手のひらの部分は押せないタイプ。ホーンボタンは中の円形の部分だけ。

ミラココアだとスポークの端までスイッチになっているから、無意識にもホーンを鳴らせる。

本当の非常時にホーンが押せるのは、スポーク近くまでホーンボタンの車種だと思う反面、無意識に鳴らしてしまう心配がないのはウェイク

エアコン操作部

エアコン操作部

エアコン操作部はタントと同じタイプ。ここが円形にデザインされるのは軽自動車で多いけど、同じダイハツ内でもレイアウトが異なっていたりする。

デザインの差別化は当然だしあった方がいい。ただ基本的な操作性は統一して欲しかったりする。

ウェイクやタントのこれはマニュアル操作しようとすると、操作性に疑問が。風量調整が左上にレイアウトされているのがちょっとわかりにくいと思う。

ハザードスイッチの位置

ハザードスイッチ

エアコンの風量調整は運転席から遠いのは前述の通り。同じようにハザードボタンも遠く、ちょっと背中を起こして押すことになった。

なんでかと予想すれば、小物を収納するスペースを作るためにこうなったのかもしれない。手を伸ばせば届くから問題って言うほどの事じゃないんだけど、優先順位ってあるよね。やっぱり。頻繁にハザード使うユーザーにはちょっと面倒かもしれない。

ウェイク・メーターウェイク・インパネ助手席側

フロントシート下に嬉しい工夫

シートフレーム

画像はフロントシート下をリアシートから写した写真。シートフレームの部材は横に走っていて、フロントへ繋がるトンネルのストッパーに。

平たく言えば、棒があるのでモノが転がっていかない。シート高が高い車種だと、小さければバッグまで入っていってしまうからこれは安心感高い。ペットボトルの転がりなども安心。

さらには、着座位置によってはフットレスト的にも使えるんじゃないかと予想。

シートフレーム

ご参考までにルーミー試乗中の出来事を追記。

ウェイクの兄貴分、ルーミー/タンクに試乗している時、リアシートから落ちたペットボトルが転がっちゃいました。詳細はリンク先でぜひ!

ダイハツ ウェイク

ダイハツ

wake (ウェイク)

  • 年式:2017年式
  • 車両型式:LA700S
  • 試乗グレード:“L SA2”
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:155万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

内装(ダッシュボード)1
内装(ダッシュボード)2


ドアトリム


シートフレーム


試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です