自動車の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ試乗レポート

2012年記事 ミラココア
 & 

ミラココア試乗評価「1」
内装質感やエンジンフィール

間違いいっぱいの自動車選び。ミラココア・プラスX試乗レビュー。

1ページ目です!

「内装とエンジン質感」

ダイハツ
  • グレード:“プラスX”
  • 型式:L675S
  • 車両価格:129万円
  • デビュー年:平成21年8月〜

ダイハツ「miraCocoa(ミラココア)」・プラスXです。


  1. ミラココア試乗「1」内装評価と走行しての印象
  2. ミラココア試乗「2」グレード、ライバル比較
  3. ミラココア試乗「3」ライバル比較と評価総合

試乗車概要

ミラココア:ボディデザイン

試乗車はダイハツ・ミラココア、22年式。グレード「プラスX」

このクルマは編集部「元お車整備士」が購入。普段は60歳になるお母様が使ってます。なんでも、これを見たらミラやムーブ、アルトやワゴンRには乗りたくないとのこと。

ミラココアとリゾート地ミラココアは運転免許を取って初めて車を買う女性がターゲットらしい。

しかし、60歳の女性からも好かれる懐の深さを持つ点が、”よりカジュアル”なアルトラパンとの違いかもしれません。

ミラココアは特徴的な内外装が大きな魅力。クルマが持つイメージだって素のミラと比較すれば、全然いいと思います。

ココアのポジション

ミラココアはもっとも軽自動車らしい軽自動車「ミラ」をベースにファッション性を向上。エクステリアだけでなくインテリアのデザインが大きく変わっています。

特長はラウンド感を強調した内外装。同じダイハツの「ムーブにムーブラテ」がラインナップされるように、「ミラにはミラココア」をラインナップ。ラウンド感強調という方向性はどちらも一緒です。

ファニーなボディデザインが特徴

ミラココアとミラ

 

ミラココア・ボディリアココアのボディデザインを簡単に評価させて頂きます。

価格的に被るムーブと比較では、

良いもの感=質感はマイナス10点。パーソナル感と親しみやすさはプラス10点。

ミラココアとミラ定番ラインナップというより派生車種的なモデルですが、割高感は感じません。個性を好むユーザーには割安にさえ映ることでしょう

ミラからは完全に別物ってイメージ。
ベースモデルからちょっと外観の意匠を変えただけの軽薄なモデルとは違います

乗り味としても、サスペンション柔らかめでゆっくり街乗りを重視したタイプ

エクステリア、インテリア、乗り味に特徴を持たせ、ターゲットを明確に絞ってミラとは別物のクルマとしてラインナップされています。明確だから選びやすくもありますね。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

コストパフォーマンスは意外と高い

ミラココア:ボディデザイン2

ミラココアの価格はベースグレードで110万円前後。ミラと名がつく軽自動車としては少々高価ですが、自動車全体の価格が上がったことにより、意外にもコストパフォーマンスは上々。

というのも、「ミラ」と「ミラココア」は内容に差が大きく、特殊なモデルらしさが強い。

内容を考えるとミラココアのお得感が高く、この関係は「ムーブ」と「ムーブラテ」の比較と一緒。

プレミアムなイメージの白い内装

ミラココアの白い内装ミラココアはホワイト系の内装色が基本となるようなファッション優先モデルだから、価格を知らずに見れば、上級モデルなんじゃない?ってイメージ。

そんなココアがムーブと同じ価格帯で買えるとすれば、迷っちゃう価格設定。

ムーブとはベースが違うでしょ?そうなんですがムーブだって大元はミラと一緒?? それほど間違っていないかもしれませんよ。

ミラとツーショット

ミラとミラココア素のミラと比較すれば、走るだけならミラの方がオトクなのは当たり前。しかしこの場合は、
地味x3モデル vs 華があるモデル

ココアも車名はミラ。だけどミラと比較されるようなクルマとは思えません。

上級グレードでより個性際立つ、ルーフレール標準

ミラココアのエクステリアデザインボディデザインが表現する個性や特長について、上級グレードのプラスシリーズにはルーフレールが装備されます。

ミラココアらしい特長際立ち、ポップ感が強調されると同時に全体的な質感向上。

また今回の試乗車であるデビュー初期モデルではリア周辺とテールランプがチープですが、マイナーチェンジで質感上昇しています。

試乗:内装の印象・評価

ミラココア:内装パネル

インパネが魅力!写真より実車が素敵

グレー/ホワイト系のダッシュボード・インパネ。グレーの部分はいかにも軽自動車のそれだけど、白い部分の質感は良好。

シートは上級のプラス系になると、中央部がスウェード調でサイドがジャージのしっとりした質感を持つタイプに。

ミラcocoaの内装ミラcocoa、メーター点灯

ダッシュボードをポコポコと叩いてみれば、やはりパカパカ。クルマを見ればとりあえずインパネを叩いてみるのがクセなんだけど、マークXなどでもセンター部分はパカパカだから常識の範囲内。立て付けは一般的なレベル

ナビ/オーディオ交換はインパネ全体を外す

もしアフターパーツでナビゲーションやオーディオを付けるとすると、大きなパネルを外すことになるので、できればメーカーオプション品の装着を推奨。大きなパネルを付け外しするとミシミシ音のリスクが高まります。

前期型ココアでナビゲーションレスの場合のみの確認ですが、助手席前までの大きなパネルを外し、2DINサイズの穴が空いた別のパネルに交換になります。
(純正オーディオにはi-pod接続端子がなくAUX入力のみ。純正ナビゲーションにはあります)

プライベート感覚が高い内装

ココアは軽自動車の中では比較的、趣味性の高さを感じるキャラクターが魅力。実用性最優先の軽自動車の中で、同じようなキャラクターを持つのがスズキのアルトラパン。

そんなアルトラパンと内装魅力を考えてみる。ラパンの内装と比較すれば、よりスペシャリティ感が高いのはココア。ラパンのツヤツヤパネルはトレンドからくる良さを感じるんだけど、造形的な色気がもう少し。内装色によってはワゴンR?みたいなイメージでコンサバ路線。

クルマの特徴を考えれば、ココアの勝ちと考えます。

ラパン内装

左の写真はラパンの内装イメージ

単純な好みとしても、筆者はココアの内装が好み。角っぽい部分と丸っぽい部分の組み合わせが好み(フラット、スクエア、ラウンドのバランスが好き)。さらに色使いにラグジュアリーな上質感を感じます。

Fシート間距離

カップルディスタンス左右のシート間の距離をカップルディスタンスなんて呼ぶ。

特別に親しい姫様と乗車する時以外は、シート間は離れている方が快適といわれる。プライベートなスペースがどれくらいかって意味。あっ、ケンカ中は別ね。

ミラココアの場合は実測で11cmあたり。軽自動車全般でこのくらいだと思う。コンパクトカークラスだとカップルディスタンスは、12〜18cmあたり。高級車になれば2人で半分ずつアームレストを利用できるほどに。

試乗:走行性能・走行感覚

ミラココア:交換用タイヤ

ミラココアは「好きなら買っちゃえ」的な軽自動車。故に細かい試乗感想は割愛してます。

ステアリングとドライビングポジション一番の特徴はボディデザインで、カタチで選ぶ側面が強いクルマ。デザインが好きなら細かな比較は意味ないですからね。

乗り味など簡単にまとめると、サスは柔らかめ

フワフワしてドライバーがよっちゃうほどで、軽自動車になれていないと感じたことのない揺れを体感。コーナーリングしながらの路面のうねりなんて、それはもうたまりません。

ワゴンRのような左右への揺すられ感は少なく、またライフのような適度に引き締まったショックアブソーバーの動きもない。ただただフワフワの印象が残った

軽自動車らしいステアリングフィール

ステアリングを回した感じは平均的な軽自動車という感じで、軽自動車らしい気楽さがあるタイプ。

必要とあれば時速100kmで巡航することもできるから高速道路の巡航だって可能。問題は質。良いと評価するようなタイプじゃなくて、フラフラと安っぽい。

なので疲れて自然と速度が落ちてきます。高速道路使うならイケイケ状態でどうぞ。エナジードリング美味しいぃ。

ストローク長いレーキフィール

ブレーキはストロークが長く、奥で効き始めるタイプ。遊びが大きくどこからブレーキが効き始めるかわかりにくい部分にご注意下さい。そして緊急時には躊躇無く目一杯奥まで踏んで!ってな感じ。

その他、走行中は微振動がステアリングに伝わってきて、手がピリピリする。路面からの微振動、駆動系からの微振動、様々な振動が手のひらに伝わってくる。
(これはドライバーの体調も関係するかも。絶好調なら気にならない程度?)

ミラ・ココアの走行性能には、インターネットでクルマの情報をチェックするような方が積極的に選ぶ良さはありません

試乗:エンジン

エンジンルームエンジンはダイハツ定番の3気筒KF型。いつも通りの軽自動車らしい振動を出すエンジン。アイドリング時から低速走行時まで盛大な振動を出す。

同じダイハツのタントに試乗した際には幾分マシだったから、このあたりがベースモデルの違いということになるのか。

振動と並んでエンジンノイズも不快で、音質が最悪クラス。アイドリング時でもエアコンを付けたりするとかなりの騒音が室内に響き渡る。

スズキのエンジンの方が質感全体で上かなと感じる。

アイドリング状態でエアコンをオンにして、車外に出てみると、これはもうものすごい騒音が。逆にいえば室内の遮音性能はなかなか高い。室内に入ると騒音は低減されているのがわかる。

素のミラから静粛性向上対策

素のミラとミラココアを並べてエンジンルームを見た際、ミラココアのバルクヘッドには吸音材が追加されていた。

特別高価なモノには見えなかった為、「これだけで効果あるのか?」とも思ったがそこは自動車メーカーの仕事。的確に追加されていて効果を発揮しているのかもしれない。

3気筒エンジンが主力

軽自動車のエンジンは、2000年を過ぎてからほとんど3気筒。4気筒も残ってはいたけど、コペンとサンバーという特殊なクルマ。しかしこちらも生産中止で、3気筒エンジンしか選べない状態。

コンパクトカーでは、ヴィッツ1000cc、マーチ、ノート、ミラージュと、徐々に3気筒エンジンが増えてきている。

4気筒エンジンと比較し、多少なりとも価格が安く、省燃費性が高いといわれる3気筒エンジン。技術の進歩によって3気筒のネガティブな部分を隠せれば問題ないといわれます。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」試乗レポート

コンパクトカーの3気筒エンジンと比較

ミラココア・フロントマスク比較するとどう?現在のところクルマによって様々で、良い3気筒エンジンもある。

ダイハツ製と言われるヴィッツの3気筒は軽自動車のエンジンと大差なく、マーチの3気筒エンジンは軽自動車とは違うと思えるエンジン

自動車って定期的に運転し、ずっと1台を乗り続けることが多いから、慣れというのも大きい。慣れてしまえば気にならなくなる部分も多いんです。

しかし、エンジンに関しては運転する度に違いを感じやすい。購入後何年も、いつまでも気になる可能性があるから、試乗時にはぜひ神経を傾けて頂ければと思います。

ダイハツ ミラココア

ダイハツ

MiraCocoa (ミラココア)

  • グレード:“プラスX”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成22年式
  • 車両型式:L675S
  • 新車時価格:129万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:KF型

その他概要

  • ボディサイズ:3395×1475×1560mm
  • 車両重量:800kg
  • 最小回転半径:4.5m
  • 発売時期:平成21年8月〜

車両型式

  • L675S - 標準
  • L685S - 4WD
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」と「元お車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

ミラココア

L675S - KF-VE 660cc 2009年〜
M42(特殊規格)

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

軽自動車のエンジンはどれも似たり寄ったり。踏めば加速力はけっこうあり。

足回りの質感 5段階評価

柔らかいけどそれだけ。

内装の質感 5段階評価

白ってだけでもいいね

外装の質感 5段階評価

質感は低いけど悪くないでしょ。

快適性 5段階評価

フワフワの足とシート

親しみやすさ 5段階評価

厳つさは一切無しの人畜無害系。

お買い得度 5段階評価

ココアはけっこうお高いですが、素のミラだって意外と高いんです。

ミラcocoa、メーター点灯
ミラcocoa、メーター消灯

消灯時は質感高く、満足感高い。点灯時は光にムラがあり、視認性は良くない。


パネル質感はグレー部分はいかにも軽自動車な反面、白っぽい部分の質感はなかなか。シボに品がある。

ミラcocoaの内装
水平基調がワイド感を演出するココアのダッシュボード。

カップルディスタンス

カップルディスタンス

試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社