ミラココア「P3」軽自動車インプレ・ライバル比較と総評

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ試乗レポート
HPヘッダー画像

(2012年記事 ダイハツ ミラココア
著:ヒラリー&元自動車整備士)

ミラココア・試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはダイハツ「miraCocoa(ミラココア)」平成22年式・プラスX

当ページは3ページ目です。「ライバル比較と評価総合」など掲載。

ダイハツ
  • グレード:“プラスX”
  • 型式:L675S
  • 車両価格:129万円
  • デビュー年:平成21年8月〜
ミラココア・ダッシュボードミラココア・メーター

内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

ダイハツ・ミラココアは、スズキのラパンを連想するファニーカーでありながら、ラパンほどデザインコンシャスでない軽自動車です。


  1. 分割 - ミラココア試乗「1-1」内装評価と走行しての印象
  2. 分割 - ミラココア試乗「1-2」加速参考データや実際に購入してわかった点
  3. ここ - ミラココア試乗「1-3」ライバル比較と総評

タイヤと用品レビュー

ミラココアで使用したタイヤの試乗レビューと取り付けたカー用品の用品レビューをまとめています。
(用品レビューは準備中)

タイヤ試乗レビュー
パーツ取付・メンテナンス

ライバルと簡単比較1

様々なライバルがひしめく軽自動車。その中でミラココアのライバルと言えば、やっぱりスズキのアルトラパン。

なにしろココアはラパンの2番煎じを狙ったクルマだと思っています。ココアといえばラパン。(正確にはラパンと言えばついでにココア)。どうしても気になるクルマでしょう。

アルトラパンと比較

英語で書くと「lupin」。ネーミング通りアルトをベースとした派生車種。ココアと名前の付け方さえ一緒。

価格は装備充実の特別仕様車で120万円前後。

ココアもラパンも趣味性が高いクルマだから、お好みで選んで乗りたいクルマ。実際に購入される方は、いいなぁと思ったらディーラーに行ってポンと買っている方が多そう。

走りやすさでラパン

それを踏まえた上で両車を比較してみれば、カッチリした走行感覚ではラパンが上。ハンドルを回した感じや乗り心地、サスペンションの動き、直進性、CVTの音、エンジンフィールなど。

コンセプト統一感でココア

ココアの方が上回っていると思えるのは、コンセプトの明確さ。

具体的にはボディデザインと共通の内装デザイン。ファッション的な所有物としてのココアは相当レベルが高いだろう。

ラパンだってあちこちに「ウサギのマーク」を付け、ブランド的な魅力をアピールしている。逆にこうした部分でココアは、ステアリング中央の「Cマーク」が目立つくらい。

メーカーのイメージでココア

メーカーによるキャラクターの差は、ヨーロッパを含む海外でグローバルに評価されるスズキ。対してダイハツは国内メイン。

クルマの内容にこだわらない人がメインターゲットで長年来ているといわれる。ハンドルを握った感覚とか、走りの感覚を気にしない人向け。このあたりはトヨタに似ていて、その分、女性客に特化したキャンペーンとか、女性の気持ちを掴むようなサービス、案内などに力が入れられている。

クルマ購入には営業マンの魅力が関係する場合があるわけで、購入条件や付き合いといった車両以外の要因も少なからず影響する。今回の試乗車も、営業マンの人柄で購入しています。

ミラと比較

ミラとミラココア

ベースとなるのがミラ。外寸は同じハズだけど、ご覧の通りココアの方がワイドに見えます。

ボディデザインの他に大きな違いはリアシートの広さ。感覚的な比較で申し訳ありませんが、素のミラの方がリアシートが気持ち広い感じ。
ミラの詳細レポートは現在準備中です。

スズキ・ハスラーと比較

ハスラーココアを「ちょっとだけ個性的なボディデザイン」と評価すると、「とっても個性的なボディデザイン」と評価したくなるのがハスラー。ピョコピョコした乗り味だって逆に笑顔になっちゃいます。

日産・デイズと比較

デイズ日産ブランドで販売される中で最もベーシックかつ最も日産らしいデイズ。「ファニーなココア」に対して「端正なデイズ」。CVTのミッション制御による加速感でミラココアが良質で、乗り心地はデイズが優しく嬉しい。

ライバルと簡単比較2

ホンダ・ライフと比較

ライフちょっと趣向は違いますが、価格帯としては同じようなホンダ・ライフ。

運転のしやすさと質感はなかなか。ホンダブランドというもの一つの特徴でしょう。

ホンダ・N-ONEと比較

N-oneちょっとプレミアムな軽自動車、ホンダN-ONE。

内容的には2世代分くらいの差がありそうだけど、エクステリアデザインが個性的という面でミラココアとライバルですね。

三菱・i(アイ)と比較

トッポ近未来的なイメージが特徴の、三菱アイ。

まるで将来のシティコミュニケーター?限られたボディサイズの軽自動車では奇跡的。EV(電気自動車)もラインナップ。

三菱・トッポと比較

トッポ全高が特にの高のが、三菱トッポ。

そこからくるボディスタイルも個性的で大きな特徴。トッポの全高は1680mm、ミラココアは1560mmだからトッポの方が100mm以上背が高いんです。

ダイハツ・ミライースとの比較

トッポ車両価格75万円〜という価格の安さが魅力なのがミライース。経済性最優先のモデルで、第三のエコカーなんて言い方もあるけれど、ココアと比較して走行感覚が決定的に劣っている訳じゃない。

所有満足度で選べばミラココア。車関連費を削減したければミライース。

ラゲッジスペースあれこれ

ラゲッジスペースの奥行きミラココアのラゲッジスペースは手元の計測で、奥行き44cm、幅88cm。

ラゲッジ入り口の高さは60cm。身長の低い方でも使いやすい高さと考えます。できれば、ラゲッジに少しだけ深さ部分があれば、安心してモノを置ける。奥行き短いから、開けたら雪崩なんてシチュエーションもあったり。

ラゲッジスペース・ミラココアラゲッジスペース・ミラ

左側がミラココア、右側がミラのラゲッジスペース写真。実は奥行きに違いがあるらしく、ミラココアの方が2センチほど奥行きを取っているというハナシを聞いたことがある。

ミラココアの方がパーソナル色が強いイメージを持たせている関係上、リアシートのスペースよりラゲッジスペースを重視したということみたい。たいした差じゃ無いけどね。

リアハッチ・ムーブリアハッチ・三菱トッポ

こちらは左側がムーブ、右側がトッポの写真。こちらはリアハッチが横開きになるタイプ。ラクラク開閉できてとってもラクチン。欠点としてはハッチ開口部が若干狭くなるのと、雨よけにならないことくらいかな。

参考データ2:各部寸法

手元のメジャーを利用して気になる部分の長さを測ってみました。

各部の寸法

  1. ステアリング直径 35cm
  2. ダッシュボード中央手前からガラスまでの長さ 40cm
  3. Fシート、フロアから座面先端 リフト最大時31cm、リフト最低時30.5cm
  4. Rシート、フロアからシート座面先端 31センチ シートバック高さ 59cm
  5. センターコンソールまたは左右シート間の距離 11cm
  6. シート座面の長さ F・48cm、R・44cm
  7. リアシート開口部、座面先端〜ドア内張までの最短距離 27cm
  8. 左右ドアミラーいっぱいの長さ 未計測
  9. ラゲッジ寸法 奥行き44cm、幅88cm、入り口最低地上高60cm
  10. アンダートレイ寸法 なし

数値からわかること。前後シートの高さがちょうど良い位置にある。フロアからの高さは31cmで、路面からも適切な範囲内。これならお年寄りも苦労することなく乗り降りできることが想像出来る。またラゲッジ部分の開口部高さも悪くない。できれば深さがあればもっと安心して荷物が置けると思う。

車内スペースとカップホルダー

身長172センチの筆者がドライビングポジションを取った状態でリアシート2列目をチェック。

  • 身長172cmの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ 3個 / 頭上 コブシ 1.5個
  • 身長182cmの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ 2個 / 頭上 手のひら 2枚 

カップホルダーの数

  • フロント 4個 / リア 2個

カップホルダーはドアポケット含む数値。運転席右前、使いやすい位置にカップホルダーあり。ショートなドリンクや、灰皿を置いても使いやすい。収納式で、出しているとカチャカチャ音が気になる。

ミラココア総評(総合評価)

ミラココアとリゾート地ミラココアはダイハツのHPを見ても、女性向けに作られていることが一発でわかります。だからとても男性が評価するようなクルマじゃない

強いラウンドで繋がるエクステリアデザインに、カジュアルさと質感をうまくミックスしたインテリア。そして女性が良い感じる快適性がミックスされている。
筆者は女性的なクルマが好きだから、ミラココアも大好き。でもスズキ・ラパンも良いよね。走行性能の部分に質感を感じる。

走行感覚だけで比較すれば、価格はちょっと割高。走れば素のミラそっくり。レベルが違うほど快適性が良質なホンダのNシリーズなどと同価格帯はちょっと納得できず。

ミラココアが好きなら指名買い。趣味性で選ぶクルマそれなら価格は関係なし!

ダイハツ ミラココア

ダイハツ

MiraCocoa (ミラココア)

  • グレード:“プラスX”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成22年式

概要

  • 車両型式:L675S
  • 新車時価格:129万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー」と「元自動車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ミラとミラココア

ミラココアとリゾート地
意外にもイメージが変わるのがルーフレール。上級グレードに付く。


ラゲッジスペース。なんとなくだが、ミラと比較すると奥行きが長く感じる。
(追記:ミラより広めに作ったらしい)


モデル途中からアンテナ形状が変更になりました。


ミラココアのエクステリア・リア周り。マイナーチェンジ後。テールランプの質感が上がっている。





豊富なオプションでコーディネートされたインテリア。ダイハツのホームページで紹介されています。
特別にコーディネートされるセットオプション。純正オプションとして選択可能。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です