自動車の試乗比較、中古車選びにも・トヨタダイハツ試乗レポート

2022年記事 トヨタ
 & 

ピクシスジョイ(キャスト)「1」
特徴概要と魅力

間違いいっぱいの自動車選び。2022年式ピクシスジョイ(キャスト)の試乗レポート。

1ページ目です!

「特徴概要と感じる魅力」

トヨタ・ダイハツ
  • グレード:“F X SA3”
  • 年式:2022年式
  • 車両価格:131万円
  • デビュー年:2016年8月
内装インパネ1内装インパネ2

トヨタ・ピクシスジョイ(ダイハツ・キャスト)グレード:F X SA3、型式LA250)。2016年8月登場です。


簡単試乗レポ

  1. ピクシスジョイ「1」特徴概要と魅力
  2. ピクシスジョイ「2」快適性と走行感覚
  3. ピクシスジョイ「3」内装と評価総合

 

簡単なレポ、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視です。

試乗車概要:ピクシスジョイ(キャスト)

ピクシスジョイ:ボディデザイン1

クルマは2022年式の「F X」。車両型式LA250。ベーシックグレードからオートエアコンだったり装備充実し、上質感高い内装が魅力の軽自動車です。

車名はピクシスジョイ。中身はダイハツ・キャストです。キャストのトヨタ版がピクシスジョイ。
車名がピクシスから始まるクルマは、OEM提供される軽自動車です。

試乗したピクシスジョイ

試乗したのは2022年式トヨタ・ピクシスジョイ。グレード「F X SA3」。車両価格は131万円

メーターボディサイド

オドメーターが示す走行距離は7000km。クルマとして美味しい時期だと思われます。

試乗は撮影含めて1日。8時間ほどピクシスジョイと過ごしました。

最初は撮影する予定ではなかったのですが、乗ったら魅力や特徴が感じられたので、記事と動画にしました!

ボディデザイン違いのバリエーションじゃなくて、らしい個性が感じられて素敵です。

クルマのキャラクター

ピクシスジョイ:ボディデザイン2

スライドドア系のムーブキャンバスより3cm低いだけのボディ全高を持つ、ヒンジドアの軽自動車がピクシスジョイ(キャスト)。

スライドドア系よりプライベート色やプレミアム感が強く、実用性一辺倒のクルマ選びとは異なる基準で選びたくなる一台です。

乗り味を一言で表します

内装の質が高くて、ベーシックグレードから装備充実、乗り心地は上質とは言い難いけど、でもどことなく、懐かしい高級感を感じさせる乗り心地

ハンドル・ステアリング立派なインパネはかなり立派な質感!
そして、フワフワシートが作り出す走行フィールが特徴的です。

イメージは懐かしい世代の高級車。

ハマる人にはバチンとハマるでしょうし、助手席に座っていれば単純に良いところばかり味わえます。

パッとしないのはイメージだけ!?

ボディリア斜めボディデザインから鮮烈な何かを感じないのは自分だけじゃないはず
ライバルといわれるハスラーやN-oneはもっとこう、インパクトがあります。

そんなピクシスジョイも、乗ったら「らしさ十分!」よくある軽自動車という言葉でまとめたくないだけの個性を感じます。

わかりやすい上質感

シフトセレクター走りやすさや乗り心地から質という言葉は思い浮かびません

でもそんなマニアックな良さじゃなくて、もっとわかりやすい高級感が優先されたクルマ。そんな印象です。

「乗り味はそこそこでいいよ!わかりやすい立派さが欲しい!お値段は抑えてね!」こうした需要にピッタリと思える軽自動車です。

グレードと価格

ピクシスジョイ:ボディデザイン・サイド

2022年グレードと価格
  • 「F X」・・・131万円
  • 「F G」・・・144万円
  • 「F Gターボ」・・・155万円

最もベーシックなグレードでも質感高いので、積極的に選べると思います。上級グレードではLEDヘッドライトやUV・IRカットガラス、本革ステアリング、アルミホイールなどが追加されます。

ボディフロントボディリア

現在ですとこの他に特別仕様車「F G SA3 プライムコレクション(151万円)」も用意されています。

デビュー時に用意されていたバリエーションタイプ(スポーツ、アクティバ、スタイル)は、モデル途中で廃止され、1タイプに整理されています。

走行感覚は次ページで!

ピクシスジョイ:内装1

乗り心地など快適性と、走りやすさなど曲がる感触、加速や減速など、具体的な走行感覚は次ページに記します。

フロントタイヤ

もしくは動画で、走行しながら印象を述べています。

乗り心地など快適性や操縦性に関する話題は、2ページ目です。

 

内装と小ネタは3ページ目で!

ピクシスジョイ:内装細部

ベースグレードから高い内装質感!黒くて光沢のあるピアノ調パネルより手間もコストも掛かるとされる塗装面が大きなインパネは、問答無用で立派と思える部分。

インパネセンター

兄貴分のパッソと同じパーツを使っていそうですが、ピクシスジョイのほうが立派!

場合によってはヤリスと比較しても互角以上の勝負を見せてくれそう。

塗装とメッキ加飾、さらには樹脂パーツだって質感感じる形状が魅力。

内装の質感や小ネタ、そのあたりの話題は、3ページ目です。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」

 

メーターインパネ3

動画:ピクシスジョイ(キャスト)

撮影する予定はなかったけど、想像より強い特徴を感じたので、予定外の撮影をしました。乗り味など動画にまとめています。

トヨタ ピクシスジョイ

トヨタ・ダイハツ

PIXIS-JOY (ピクシスジョイ)

  • 試乗グレード:“F X SA3”
  • 年式:2022年式
  • 型式:LA250A
  • 車両価格:131万円

エンジン

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:KF型

概要

  • ボディ:3395×1475×1600mm
  • 車両重量:840kg
  • デビュー:2016年8月
  • 価格:122万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」と「元車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元お車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

中回転以上を良く使おうとするタイプ。質感は普通です。

足回りの質感 5段階評価

一定レベルを超えると大きな衝撃。

内装の質感 5段階評価

広い塗装面から高い上質感。メッキ加飾や梨地パーツの加工にもこだわりあり。

外装の質感 5段階評価

全高高いのが特徴。キャンバスからマイナス3cm。

快適性 5段階評価

柔らかいシートで終始フワ付いてます。

お買い得度 5段階評価

内装の質感から考えるとお得感高い。







試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社