2代目ミライース試乗・P4「内装」

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評価 > 試乗一覧(他) > ミライース(LA350S)P4

(2019年記事 ダイハツ ミライース
著:桃花&ヒラリー男爵)

ミライース試乗「4」

自動車評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車はダイハツ「Mira-e:s(ミライース)」2019年式の2代目モデル。グレードは「L SA3」。車両価格94万円、快適装備省いて安全装備が充実したグレードです。

当ページは4ページ目です。「内装(フロントシート周辺)」などを掲載しています。

ミライース・コクピット1ミライース・コクピット2
ダイハツ
  • グレード:“L SA3”
  • 型式:LA300S
  • 車両価格:94万円
  • デビュー年:2017年5月〜
  1. 分割page - ミライース試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - ミライース試乗「1-2」・快適性(乗り心地と静粛性)
  3. 分割page - ミライース試乗「1-3」・視界と見切り、運転感覚
  4. このpage - ミライース試乗「1-4」・内装(フロントシート周辺)
  5. 分割page - ミライース試乗「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - ミライース試乗「1-6」・燃費と比較、評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入時のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

試乗:インパネなどフロント内装

ミライースのインパネ

普通に軽自動車らしいと感じたインパネのデザインや質感。グレード的に加飾が省かれている事を除けば特別安っぽいことはない印象。

内装イメージ・インパネ車選びの際、インパネやフロントシートの印象を重視される方が多いらしい。よくわかります。「車内は第2のお部屋」なんて表現もされますしね。

するとこうしたベーシックカーでも、車内の印象は重要。手抜きせず見ていきます。

普通に軽自動車のインパネ

インパネは普通に軽自動車のデザインや質感で、明確に安っぽいなどとは感じない。ライバルであるアルトの内装が致命的なほどレトロでチープなのとは異なり、ミライース優勢な部分。

最もたる理由はインパネの造形。先代のインパネは上質感は高いながらも叔母様っぽい感じが強かった。今回はアクティブな方向にやや寄って、ちょっとした立体感などで今風もアピール。

ダッシュボードのシボ(模様)も思ったよりしっかりしていて、立派な印象を後押し。
無塗装でツルツルな、質感低いパネル面積もあまり多くなく、上位グレードでパネルが変更されるであろう部分がメイン。

足元を見れば大味

フロアのトレイインパネから視点を下げると、この辺りの質感は割り切られている。

フロアカーペットの質は低く、センタートンネルも目立ち、トレーはご覧のように無造作。大雑把で大味過ぎです。

ただその分、適当に使えて便利かも。

個性的なメインメーター

メインメーター

先代に引き続きメインメーターは個性的なタイプ。デジタルのスピードメーターに大きな液晶表示部が組み合わされ、さらにはイルミネーションがメーターパネルを縁取る。

ベーシックなメーターを好む筆者にはあまり良い印象はないんだけど、先進性を感じる方が多いだろうと予想。

好みという項目を省いて評価させていただくと、中央に位置するインジケーター(警告やお知らせランプ)が目立ち、煩雑な印象が強い。試乗中は逆光とか関係なしに、点灯消灯ともに目立って気になった。

リッチなシートと広い助手席

フロントシート助手席の足元

かなり柔らかい上にゴムのような弾力を持つシートは、路面からの衝撃を軽減。最近の軽自動車らしく、シートで乗り心地を稼いでいる。

厳しくいえば振動の吸収は今ひとつながら、優しさは満点。座面シートバック共に柔らかく、優しい乗り心地に大きく貢献している様子。

また好感度高い助手席スペース。足元が広く、足を無造作に放り出して座って何の窮屈さも感じない。
かしこまって座るよりダランと座るのがピッタリなデザインをしている。

使いやすいカップホルダー

カップホルダー1カップホルダー2

カップホルダーは使いやすさ優先の固定式。場所も良いです。サイズはやや太めというか最近の標準的太さ。多様化するカップやボトルに対応。

深さは浅め。他車では左のカップで上蓋スレスレまで埋まる車種もある。500mmlペットボトルだと視覚的に気になる部分もある。

またここに灰皿を置く場合は、奥のエアコン吹出口を閉じるのをオススメします。

乗ってわかった長所短所

試乗してわかった細かな長所短所。

1クリックタイプのウインカーレバー

ウインカーレバー

主流になりつつあるクリックしてすぐセンターに戻るウインカーレバー。ダイハツはもうほとんどこのタイプだろうか。

軽く操作するとウインカー3回点滅、押し込むと普通に点滅、解除は反対側にレバーを操作する。慣れると車線変更やちょっとした交差点で便利。

気になるのは、ダイハツのこれは節度感薄く扱いにくいと感じる時があるのと、ミライースのターゲットユーザーに合ってる?という点。もし自身の両親にプレゼントしたら、しばらく文句言われるのは目に見えてるw

「慣れるから平気よ」ってお母様なら気にすることはありません。

ハザードスイッチの位置が気になる

ハザードスイッチ

ちょっと押しにくい時もあるハザードスイッチ。実のところ他の軽自動車でも気になることが多いんだけど、あんまり使わないのかな。

ミライースではシフトセレクターが「P」か「R」の時に押しにくい。レバーの向こう側のスイッチを押す感じになる。

あと1cm手前に出してくれたら問題なさそうだけど...難しいのかな。

ポールタイプのFMアンテナ

ポールアンテナ

アンテナは短いポールタイプ。試乗グレードは「L」。最廉価グレード「B」のひとつ上。「B」は未確認。

安いクルマの代名詞的存在だった、手で伸ばすロッド式。手間どうこうの前に目立つし引っ掛けて折れてるクルマも見かけたもの。

こんなポールタイプなら、安いグレードというイメージはありません。

ミライース・室内3ミライース・室内4

スマホが置きやすいスペース

小物置き場ドアグリップにスマホ

狙い通りか偶然か、ミライースのフロントシート周辺では、スマートフォンが置きやすいスペースが目についた。

  • 写真左・・・インパネに用意された小物置きスペース
  • 写真右・・・ドア内張りのグリップ部分

インパネの小物置きでは、ちょっとした区切りによって安心感が得られ、ドアのグリップ部分にはちょうどピッタリ入る。これは車内休憩時に便利でした。

ダイハツ ミライース

ダイハツ

Mira-e-s (ミライース)

  • 試乗グレード:“L SA3”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2019年式
  • 車両型式:LA350S
  • 新車価格:94万円

その他概要

  • ボディサイズ:3395×1475×1500mm
  • 車両重量:650kg
  • 新車価格帯:84万円〜
  • 発売時期:2017年5月〜
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします。
桃花ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。