ザ・ビートル・ターボ/P3・走行感覚

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2015年記事 ザ・ビートル・ターボ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

VW ビートル試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車は、VW(フォルクスワーゲン)のビートル(16CPL)。グレードは「ターボ」。通称「ザ・ビートル」に追加された2000ccエンジン搭載車。

当ページは3ページ目です。「ハンドリングやブレーキなど走行感覚」など掲載。

ザ・ビートル内装1ザ・ビートル内装2
VW
  • グレード:“ターボ”
  • 型式:16cpL
  • 車両価格:370万円
  • デビュー年:2013年10月(追加)

※内容は辛口評価です。試乗でチェックしたいポイントを重視!

  1. 分割page - ビートル・ターボ「1-1」概要と快適性(乗り心地等)
  2. 分割page - ビートル・ターボ「1-2」エンジンやミッション
  3. このpage - ビートル・ターボ「1-3」走行感覚
  4. 分割page - ビートル・ターボ「1-4」内装質感と総評

試乗:ドライバーの走行感覚

室内・助手席側から

走り出すと車体が発する振動やノイズ、路面からの衝撃により、荒さやある種のレトロ感にも似たヤンチャな印象を受ける。これがビートルターボの長所であり短所であるわけだけど、ハンドルを切っても同じようにヤンチャな印象を受ける場面があったりする。

ステアリングステアリング中立付近の操舵力は軽く、それでいて不思議なほどに直進性が高い。さらにわずかな舵角から反応がある。

新車時装着されるタイヤ、スポーツコンタクト3はそこまで直進性が強いタイヤじゃないから、やっぱり流石のVW流。

しかし他のVW車と比較すると、ビートルターボのそれはちょっと不自然に感じてしまう。

ゴルフやシロッコでは中立付近に少し無反応地帯があるような、扱いやすいイメージがある。ハンドルを動かした際にはどことなく、ノーズが動こうとするフィーリングをドライバーに伝えてくれる。

フロントタイヤ中立付近から先の、緩いコーナーで使用する舵角まで含め、ビートルターボは妙な安定と妙な軽快さで立派に感じたりチープに感じたりを繰り返す。無理にヒラヒラ感を演出したのか疑ってしまうような感じ。

ゴルフが元々、重厚感と安定性の高い乗り味なわけで、ビシッとヒラヒラを無理矢理ミックスさせたような、そんなキャラクター。

いくらコンパクトといえど、1380kgという車重でヒラリヒラリはちょっと厳しい?筆者はちょっと馴染めず。率直に言えば気持ち悪い

優等生がヤンチャになったハンドリング

リヤサスペンション交差点やヘアピンコーナーでハンドルを切り込むと、ガシィと操舵力が重くなる。235幅のタイヤがダイレクトに感じるほど、パワステの効きは弱い。ワインディングでは筋トレ気分で汗かけるw

てなかんじなので、上級指向のコンパクトカーを無理矢理ヤンチャにしたようなイメージ

これがビートル・ターボの特徴なのか、長所であり短所であると思う。何も考えずにタイヤキーキーいわせて走りたいような、オモチャとしてはピッタリ。

ブレーキの特性や操作性はまずまず

ペダル

ブレーキ、ブレーキはこの手の輸入車、特にドイツ車としてはなかなか扱いやすい

例えばゴルフRやゴルフGTI、少し古いBMW、初期の制動力が強すぎる。慣れの問題といってもやっぱり無意識に神経を使って疲労がたまる。そういえば7型ゴルフGTIなんて、相変わらず食いつき重視のブレーキ特性だったりする。

過敏や唐突なのには断固反対!アバルトの煮詰めを見習って下さい!

ということでビートルターボのブレーキ。国産車から乗り換えてもそんなに違和感がない。ジワッとした丁寧な操作にも応えてくれる。ブレーキをリリースする時はちょっと気になる部分もあるけれど、ショックアブソーバーの伸び側減衰力がサポートしてくれる。頼りがいがあるほど減衰力を感じられるのは気持ち良い。
市街地でも郊外でも、単なる移動時もデート時も、ドコを走るにしたって思い通りに操れるブレーキは一番に評価したいポイントだと考えます。

左のドアミラー、調整しきれない?

ドアミラー

写真は助手席側のドアミラー。こっちのドアミラーに気になる部分がある。身長172cmの筆者ヒラリーが運転席に座った状態で、多分適正と思われる好みの位置に調整が不可能。

内側に絞る方向で調整力不足。だから、ヒラリーより背が大きい人は問題ないし、小さい人はさらに辛いと思う。

ヒラリーはいつも、少しボディラインが写るのを目安に調整し、レーンチェンジ時は前屈みとなり死角を無くすスタイル。ドライビングポジションは「座面後ろ目&背もたれ起こし気味」が基本。ザ・ビートルターボに試乗される際は、ぜひチェックしてみて下さい。

ドアミラーのリモコンスイッチ

ドアミラーのリモコンスイッチはこの画像の右側(画像はシロッコR)。相変わらずチープなロータリースイッチで、最初はぶっ壊れてるんじゃないかと思ってしまった。

くるりと回して調整位置をセットし、上下左右に押してミラー調整。

ザ・ビートル内装3ザ・ビートル(ターボ)のメーター

ドアポケットはゴムの弾力でホールド

5型ゴルフからの世代、ちょっとドアポケットが使いにくかった。幅は広いんだけど底が浅く、しかも底面が大きく前傾。ペットボトルのドリンクもなんとか置けるとかそんな感じで厳しかった。

ザ・ビートルのドアポケットはご覧の通り

ドアポケット1ドアポケット2

ゴムのベルトが付いていて、弾力でホールドするタイプ
試しに、手元のジュースやタバコ、ポケットティッシュ、小物入れを入れてみた。

試してみた感じ、あんまり小さな物を入れるには向きません。ライターとかね。下の隙間から落っこちちゃう。逆に大きめのコンパクトデジタルカメラなんかはゴムの恩恵を受けられる。でもやっぱり一番良いのは、太めのジュースだね。ホットコーナーにある大きなサイズのコーヒー(アロマブラック)とか、あの辺が起きやすかった。

機能的には使えればなんでも良いんだけど、ちょっと珍しいのでご紹介〜。

VW ザ・ビートル

フォルクスワーゲン

beetle (ザ・ビートル)

  • 試乗グレード:“ターボ”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2014年
  • 価格:370万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




ゴム製のベルトでホールドするタイプのドアポケット。ジュースがちょうどいいくらいのテンションはあって、緩くはない。


試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。