試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
HPヘッダー画像

2015年記事 ザ・ビートル・ターボ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

VW ビートル試乗評価「2」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。通称ザ・ビートル、VWビートル(16CPL)「ターボ」の試乗レポート。

当ページは2ページ目です。

「エンジンやミッション特徴」

VW
  • グレード:“ターボ”
  • 型式:16cpL
  • 年式:2014年式
  • 車両価格:370万円
  • デビュー年:2013年10月(追加)
ザ・ビートル内装1ザ・ビートル内装2

比較と評価は、日常で利用しているVWシロッコRや5型、6型ゴルフを始め、7型ゴルフRやポロGTIあたりを対象にしています。


  1. 分割 - ビートル・ターボ「1」快適性(乗り心地等)
  2. ここ - ビートル・ターボ「2」エンジンやミッション
  3. 分割 - ビートル・ターボ「3」走行感覚
  4. 分割 - ビートル・ターボ「4」内装質感と評価総合

試乗:エンジンやミッション

室内・リア側から

ザ・ビートル、ターボというグレードは、2000ccターボと6速DSGのが組み合わせ。ゴルフGTIを始め、VW車の上級グレードでよくあるお馴染み仕様です。

目玉はやっぱりこのエンジンとミッション。

エンジンの特性や加速力

エンジン型式は「CPL」という型式でカタログスペックは211馬力&28.6キロ。記憶が正しければ同世代のゴルフRやシロッコRなどより前の世代のスペックだと思う。

エンジン試乗してみれば、たかが210馬力と想像するより、力強い加速をしてくれる。

VWがウリにするフラットトルクは適切なエンジン回転数を保ってさえいれば、なるほど納得。

適切な回転数なら不満ない加速力

加速力は、クセになるほどの速さはない。ないんだけど、適切なギヤと適切なエンジン回転数が保たれていれば、3000ccクラスに慣れた方でも「加速力」に不満はないと思う。

適切な回転数って2速か3速で2500回転以上。

シフトチェンジは早めだしアクセルのツキを重視した感覚だから、大排気量車のようなゆったり感はないよ。加速力が近いというだけ。

欧州車らしいフラットトルク型

特性はフラットトルク感が強い。極低回転を除き、回転数によるアクセルレスポンスの変化は小さい。加速力自体は高回転の方が優れていて、踏んでいくと高回転に差し掛かかるとトルクステアが伝わってくる。

荒いけど楽しいトルクステア

ボディデザイン(リア)トルクステアを感じてしまうと、安物っぽい印象を受けてしまう。

国産のFFターボ車だと、全開ならいつでもトルクステアなんて車種もあったからね。

でもこの荒っぽさは楽しくもある!

210馬力で235幅のタイヤを履いて、電子制御デフが付いて、それでトルクステアが目立つなんて、意図的に楽しく味付けされていると思います。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

エンジンの質感、比較と評価

質感についての評価はほどほど。国産4気筒と比較すれば問題なしだけど、同時期に発売されてるVWの兄弟車と比較すれば分が悪い。

VW内で似たようなエンジンを積むゴルフ等と比較すればこんな感じ。
7型ゴルフR >>>>> シロッコR >>> 6型ゴルフGTI > ザ・ビートルターボ

硬質で刺激的

プッシュスタートスイッチやっぱりね、「R」ってついた方が煮詰めとか調整とか情熱がプラスされ、ドライバビリティとか含め良くなるみたい。

質感を気にするなら「R」を選ばなきゃダメかも。ビートルRなんて出ちゃうのか??

ザ・ビートルターボはエンジンマウントが固く、ピリピリした領域でも揺れはあんまり感じない。刺激的なフィールです。

でも振動は伝わってくる。7型ゴルフRだったら揺れも振動も伝わってこないし、エンジンかエンジンマウントに差を感じる。

空ぶかしはNG制御?

なお、「N」レンジで空ぶかしを試みれば、すごくもっさりしたフィールになるので、なんらかの制御が入る模様。これをアクセルレスポンスと勘違いしちゃダメです。

同じようなコンポーネンツを持つシロッコRでは全開アクセレーションを数回味わうと、「D」レンジに入らなくなる制御まで装備されてる。ご注意下さい。

スロットル特性についてやドライバビリティは後述。

ミッション、DSG

DSGシフトセレクター

6速DSGは変速速度やつながりが重視され、相変わらずシャープ。早開きなスロットル特性とか含め、5型6型世代の6速DSG。

滑らかに運転するには神経を使うので、コンフォート性能にはちと乏しい

しかし、出たて頃のDSGと比較すれば、かなりマイルドになった。変速タイミングも納得できる方向に変わってきた。

平坦な道での発進時はそれほど気を遣うことはないし、加速途中のシフトアップだってなんら不快じゃない。ココに関しては3ペダルMTじゃ逆立ちしてもマネ出来ず。

滑らか走行にはコツが必要

気になるのは2段3段飛ばしでシフトダウンし、加速をしたいシチュエーション

それなりに踏み込まないとキックダウンの制御に入らないため、その踏み込み量で加速を始めた際の変化がものすごく気になる。加えて、クラッチが切れてるような状態がけっこう長い!ハラハラしながら待つ。
こんな時、CVTだったら加速を始めながら変速もこなすよ。

数段落とす変速が難しい

巡航中からの再加速時とか、交差点からの立ち上がり、信号変わりそうなのでフル加速なんて時に不快なショックや唐突なアクセルレスポンスの変化が気になる。

多少マイルドになったとはいえ、ここは相変わらず

エンジン質感同様、近いコンポーネンツの他車と比較してみる

DSGの扱いやすさや「D」レンジでの滑らかな走りやすさ。

7型ゴルフR >>>> ザ・ビートルターボ >> ゴルフやポロの1200cc > シロッコR

シロッコRに女性をお招きすると、金縛りで足をつる夜も本当にある!だから完全な2ペダルMTで運転しなきゃいけない。

なお、シフトセレクターを操作するフィーリングはシロッコRが1番。満点が選べないのがカナシイ。

ザ・ビートル内装3ザ・ビートル(ターボ)のメーター

VW ザ・ビートル

フォルクスワーゲン

beetle (ザ・ビートル)

  • 試乗グレード:“ターボ”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2014年
  • 価格:370万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






ペダルレイアウトは5型6型と同じよう。オルガン式ペダルもそう。


長押しが必要なプッシュスタートボタン。


センターのカップホルダーはフタがないタイプ。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です