V35スカイラインクーペ/P3・ミッションと快適性

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2016年記事 CPV35 スカイラインクーペ
著:ヒラリー男爵)

V35スカイラインクーペ試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車は日産スカイラインクーペ(CPV35)。3500ccの6MTモデル。

当ページは3ページ目です。「走行感覚(ミッションと快適性)」など掲載。

スカイラインクーペ室内1スカイラインクーペ室内2
日産
  • グレード:“350GT”
  • 型式:CPV35
  • 車両価格:365万円
  • デビュー年:2004年11月

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

  1. 分割page - スカイラインクーペ「1-1」エンジンとミッション、動力性能
  2. 分割page - スカイラインクーペ「1-2」走行感覚(ハンドリングとブレーキ)
  3. このpage - スカイラインクーペ「1-3」走行感覚(ミッション等)・快適性
  4. 分割page - スカイラインクーペ「1-4」内装(運転席&助手席)
  5. 分割page - スカイラインクーペ「1-5」ドラポジと視界・評価総合

一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

試乗:ミッションの操作感

メインメーター

スカイラインクーペのシフトレバー操作感を評価。ここに最低限の質感はあるんだけど、それ以上でもそれ以下でもない。つまり、楽しみながらシフトチェンジするという目的からすると今ひとつ

シフトレバー2具体的に言えば、カローラとか商用車とかのMTよりは立派だけど、2000ccクラスのスポーティカーより質感低い。

簡単に言っちゃうと、FFスポーティカーによくある操作感を重くしただけのミッションって感じ。

そんな感じだから、三菱のランエボやコルトラリーアートに搭載されるゲトラグブランドみたいな剛性感はないし、S15シルビアやアルテッツァのアイシン精機MTのような、精密で繊細なメカニカルフィールも持ち得ない。

喜びある質感、操る楽しさはもう少し

3ペダルMTのクルマを運転するのなら、シフトレバーが吸い込まれるようなフィーリングも楽しみの一つ。回転数が合った時にスィと吸い込まれて、かつメカニカルな感触を感じられれば気持ちいい。

このV35スカイラインクーペの場合だと、MTがあるだけでありがたいってやつだね。

最低限の質感は持つと言える部分、それはミッションケースやマウント、もしくはその接合部に剛性感を感じられる点。横Gを発生しながらの加速中でも、直進時と同じようにギヤチェンジができる。この要因がミッションケース周辺の剛性らしい。

クラスが低いモデルというかFF車のMTというか、コーナーリング中はシフトフィールが変わっちゃう事がよくある。

ギヤ比とかその辺は、排気量からして当然ながら全体的に高速型。このためエンジンのレッドゾーンが低めながらも各ギヤの守備範囲が広い。
試乗して思うことは、1速が走行中に使えるギヤ比で、またそこから5速までつながりが良い。その分ギヤ比的に、1速での発進時に半クラッチが、ちょっと長く必要かな。

6速は離れていて巡航用。5速からのシフトアップ時にはワンテンポ開く。飾りだけの6速よりきちんと使えるのが魅力。守備範囲は速度でいうとメーター読み60km/h辺りから。ただし神経質な領域なので実際は65km/h以上からが現実的な守備範囲。

試乗:快適性

乗り心地や静粛性といった部分、一言で表せば”そんなに悪くない”となる。なるんだけど、どれくらいかってランク付けしようと思うと迷ってしまう。

  • 3500ccクラスと表現すれば「悪い」。
  • アッパーミドルクラスと考えれば「やや劣る」。
  • スポーティカーとして評価すれば「並以上、優未満」。

スカイラインという車名やポジショニングから評価が難しいw フェアレディZとは兄弟車だけど、ネーミングやスタイルからすればスカイラインクーペはセダンの派生車種だし、車格的にもエンジンやフーガとの関係など考えればなかなか微妙。

乗り心地は優しい

タイヤ乗り心地は最近発売される車種としては全然固く感じない。普通といっていいんじゃないかな。正確に言えばサスペンションの動き出しが優しく、一定レベルまでは衝撃を上手くいなしてくれる。普通の道路に多いポコポコで良好だから、固くない印象が強い。

一定レベルを超えたあとはドタバタしてる感触が伝わってくる。ここらへんは普通に国産車らしい部分。ショックアブソーバーの減衰力も感じられるから、こんなモノといえばこんなモノ。

筆者の好みだと、次のV36とかドイツ車みたいな「固い上に揺すられるような乗り味」より、このV35の方が好みかな。

静粛性

静粛性はトヨタ車基準だとイマイチ。車外からのノイズは気になりにくい低周波帯がメイン。安っぽくはないけど静かじゃない。長時間乗っているとイヤになってくる欧州車に近いイメージ。
トヨタでクラウンとかマークXとか6気筒クラスになると全体的に静か。そうした静粛性はスカイラインクーペにはありません。

それから、 フロントから聞こえてくるエンジンノイズは6気筒とはいえ安っぽいです。高回転で振動出すのも致命的。

運転に必要なスイッチとか

オプションでも目新しい装備などが少なかったスカイラインクーペでは、難解なスイッチや操作に困ることはない。試乗や購入にあたって覚えておきたいのは2箇所。

ドアミラースイッチ給油口

左の画像はドアミラーの開閉と、ドアミラーのリモコンスイッチ。ハンドルの左側後ろにレイアウトされている。

右の画像はフューエルリッド。ガソリン給油口のフタね。位置は車体の運転席側で、欧州車のように外から押すだけで開く。室内のレバーなどはなし。

トランク開けるスイッチ

運転席の右下には、トランクを開けるスイッチと横滑り防止装置&トラクションコントロールのOn-Offスイッチ

トランクはドアロックに連動しないので、このスイッチもしくはリモコンキーのスイッチで開ける。
横滑り防止装置&トラコンは走行中でもOn-Off可能(微妙なちょい長押し)。停止中または微低速時限定ではなく操作できる。ただ完全にOffになるかといえばクエスチョンマーク。

エアコンスイッチ

見た目も押し心地も質感が悪いのが、写真のエアコン操作スイッチ

見た目に関してはあまりに工夫無い形状と並びのデザイン。どうしても手元を見なければ操作できず。

押し心地に関してはストロークが短すぎて、タッチパネルを触っているのと大差ない操作性。温度の調整とか風量の調整を行う際、何度か連続操作する場合があるわけで、そうした時に画面を見ながら普通より神経を使って押すことになる。

ここは気持ちいい悪いではなく、余計な神経を使わせないでというレベルで問題。

スカイラインクーペ・メーター夜間スカイラインクーペ・メーター昼

操作系全体が”重め”で統一される

V35スカイラインクーペの隠れた長所、それは全体の操作感が重めで統一されるという事。あちこちが同じくらいに重めの操作感というのがいい。

例えば、ペダル類の踏み込みが重い。シフト操作が重い。サイドブレーキ引くのも重い。ハンドルは切り込んでいくと重い。さらにそれだけじゃなくて、ドアの開閉やトランクリッド開閉も重いフィーリングだし、エンジンのレスポンスやノイズなんかも重い(ここは合わせてくれなくても良いんだけどw)

例外なのはスイッチの押し心地くらいか。操作感は必ずしも重い方向じゃなくていいんだけど、ドライバーが動かす部分で統一されているのは好ましい。初めて運転しても違和感ないし、体に馴染むのも早い。それに1箇所だけ軽ければ「安っぽい」と認識しやすいし、また1箇所だけ重ければ「渋い」などと感じる原因になったりする。

余談だが最近の高級感といえば重い(高い剛性感)より、軽くて滑らかな方向じゃないかって気がする。いずれはトヨタの高級車路線が主流になるんじゃないかと。そうした意味からすると、最近のドイツ車よりドイツ車みたいなスカイラインクーペはちょっと古っぽく感じたりもする。

日産 スカイラインクーペ

ニッサン

SKYLINE  (スカイライン)V35

  • 試乗グレード:”350GT”
  • ミッション:3ペダル6MT
  • 年式:平成16年
  • 新車価格:365万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



ドアミラー関連のスイッチはここ。


フューエルリッドは運転席側。輸入車みたいなプッシュ開閉タイプ。



メーカー純正ナビがないと小物入れが付く。


 

 

 

 

 

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。