レガシィDIT試乗P2・CVTやコストパフォーマンス

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2012年記事 スバル レガシィB4
著:ヒラリー男爵)

レガシィ(GT・DIT)試乗「2」

5代目となるスバル・レガシィB4。セダンです。DITと呼ばれるターボを装備した「GT・DIT」グレードの試乗記をお届けしています。

当ページは2ページ目です。「CVTやコストパフォーマンスについて」など掲載。

スバル
  • グレード:“GT DIT”
  • 型式:bmg
  • 車両価格:338万円
  • デビュー年:2009年〜
  1. 分割page - レガシィDIT簡単試乗「1-1」内装、エンジン動力性能・質感
  2. このpage - レガシィDIT簡単試乗「1-2」CVTやコストパフォーマンス
簡単な試乗による簡単な試乗レポ、プチインプレッションです

第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。試乗内容は限定的。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

レガシィのCVTについて

レガシィのCVTはリニアトロニックと呼ばれ、チェーンによる駆動と変速をウリにしています。現状スバルだけの構造みたいです。2輪車と違い見えない場所ですが、前後プーリーの経を変えながら走るマウンテンバイクを想像してしまいますw

市場館は、一般的なベルト駆動のCVTと比較すると、低速時のギクシャクやベルト鳴きのような音が最小限、もしくは気になりません。

8段ステップ制御でCVTらしくない走行感覚

また今回のレガシィでは制御的な長所があります。8段ステップモードというのが用意されています(DITグレードのみの機能)。

これはCVTの制御がステップ式8ATのように制御されるモード。1速から順にシフトアップしていく感覚をシミュレートしています。走行パターンを変化させる「SIドライブ」を「S#モード」にセットした場合に利用できます。

選択はメーター内ディスプレイで

ステアリングスイッチからメーターパネル内の液晶部分を利用して変更します。疑似といっても8段ステップモードはとってもいいです。CVTでありながら多段ATを運転しているような感覚。CVT嫌いな方でも満足できる可能性が高いです。
これはレガシィに試乗したらぜひ試してみて下さい。

CVTの欠点って?

CVTの欠点は、メカ的には効率の悪さ、感覚的にはドライバーの感覚に合いにくいといわれています。このモードを利用すればその中で、自然な感覚は得ることが出来ます。
現在の所、スポーティ車またはスポーティグレードではCVTは避けられ、趣味性の強いクルマも多段ATを採用している。この現状からCVTは運転を楽しまれる方のものではありません。そんな中でスバルが一つのちょうどいい妥協点を提案してくれたと思います。

走行モード切り替え「SIドライブ」

アクセルレスポンスやCVTモードを変えることが出来るSIドライブ。一言で表せば走行モードの切り替えです。スポーツモードや燃費重視モードが選択できます。

このSIドライブ自体は先代から設定されていましたが、操作方法が変わりました。設定スイッチがステアリングスイッチになり、メインメーター内のディスプレイを見ながら設定します。

設定スイッチがセンターコンソールにある場合と比較し、操作性は向上。慣れれば手元を見なくても調整できます
ただし、直感的ではなくなり頭を使うようになりました。同時に、立派なスイッチが存在することによる質感が失われたのも事実。

走行中、頻繁にモードを変えるなら今回のタイプが好ましく、操作を忘れるほど使わないのなら先代のタイプが好ましいと思います。

走行フィーリングの変化

試乗走行中、実際に「S#モード」と呼ばれるスポーツモードに切り替えてみると、違いはすぐにわかります。

アクセルペダル開度に対するスロットル特性が変わります。巡航時のアクセル開度からアクセル全開にした場合を例に取ると、以下のような違いを感じます。

  • 燃費重視モード・・・グゥゥゥゥワーンと全開になる。その間はリニアなので極端なレスポンスの悪さは感じない。ギリギリのペダルワークでエコランをする場合などに適してそう。
  • スポーツモード・・・グゥワーンと全開になる。大排気量NAエンジンと同じような感じ。アクセルペダルはジワッと踏んだ方が雰囲気がいいし、ターボ加給の欠点が出にくい。

どちらの場合も高回転域ではレスポンスは良好。なので急に全開で走る必要が出た時でも、わざわざモードを切り替える必要は限定的でしょう。
またS#モードではCVTは前述の8段ステップモードが利用可能です。まるでほんとの多段ATミッションのように走れます。

それ以外ではインプレッサのような加速感になり、レガシィの車格に見合った加速感とは言えません。ということは、普段からS#モードで走りなさいって事ね。

大きくて安いがキーワード

レガシィDITは従来型より価格があがり、その分、新しい技術を楽しめるグレード。しかし基本となるレガシィの魅力はコストパフォーマンス。

大きくなったボディに排気量アップしたエンジン。価格は従来と同価格帯をキープ。これが今回のレガシィの長所。日本ではコンパクトなミドルクラスセダンが見向きをされない中、「でかくて安いレガシィ」という特長に魅力を感じます。

コンパクトカーでも上級グレードは200万円に近づき、アクアなど人気グレードで総額250万円に達します。割高なハイブリッド車って、差額分の元が取れるか怪しいところ。

価格の近いプリウスと比較すれば、自動車税は若干上がるとしても、クルマの上級感はレガシィが断然高く、お得です。
その他ライバルといわれるホンダのアコードと比較すると、価格帯が違います。アコードは高くなりました。2000cc搭載グレードの価格でレガシィなら2500ccが買え、おつりも来ます。

大きくて安いは、売れるクルマの定番。しかもスバルなら、軽薄なクルマ作りを想像できません。クルマ本来の質感に熱意を注ぐ企業キャラクター。安いがポイントでも手を抜かないクルマだと信じています。個性的なターボモデルだけでなく、ベーシックな基本モデルを選んでも満足度が得られると思います。

高級車のパワー感を低価格で

DITのパワー感とレスポンスはまるで2000ccを感じさせないもの。例えれば3000回転位では4000ccクラス。それ以上の中・高回転は3500ccのパワー感。このレベルを初めて味わったら、クセになるほどのパワーを感じるはずです。

大排気量車に近い加速力

このパワー感はターボでなければ大排気量の高額車でしか味わえないものです。車両価格はレガシィより断然高価に。そうしたクルマを買わなければ楽しめない加速です。

レガシィなら車両価格340万円。この価格で高額な大排気量車と同じような加速力が楽しめ、さらに、自動車税が安い。自動車保険も多少安い。安い安い安いと、非常にお得にこのパフォーマンスを手に入れることが出来ます。

パフォーマンスを味わうための敷居はものすごく低い。レガシィDITの魅力です。

加速の質はまた別

もちろん加速の質は異なります。パワー感あってパフォーマンスがいいといっても、8気筒エンジンや6気筒エンジンと比較すれば質感で劣ります。静粛性が高いうえに回せば官能的な音が楽しめる高級セダンはやはり素晴らしい

比較対象として中古車で選択するなら、ビッグセダンが魅力。ガソリン代が高い時期なら値もこなれているはず。速いだけでなくすべてに上質感を感じさせ、所有欲も満たしてくれる。レガシィに340万円は出したくないという方はぜひ様々な中古車をチェックしてみて下さい。

同価格帯ライバルとの比較

レガシィの中でもDITというグレードに絞れば、比較対象となるライバルは限定的。価格は300万円〜400万円。どれもクルマとして魅力の高いアッパーミドルクラスのセダンとなる。

  • マークX・・・エンジンは低回転ではジェントル、高回転では勇ましい音で楽しませてくれる。日本車ならではの6気筒+FR+低価格がうれしいポイント。
  • スカイライン・・・V36マイナーチェンジ後の3500cc&7ATモデルがいい。エンジンはパワー感溢れる迫力系。ミッションは日産とは思えないフィーリングの良さを持つ。前期5ATモデルはかなり厳しいから、中古車も考える場合はレガシィDITの方が高ポイント。
  • アコード・・・エンジンパフォーマンスは低めながら質感は高い。内外装も上質感を感じさせてくれる。割高な価格設定ながらヨーロッパ車の味わいを楽しませてくれる。
  • アコードハイブリッド・・・お値段は車両価格360万円とレガシィDITと近いがキャラクターは全く違う。セダン=スポーティと考えるならレガシィDIT、セダン=高級と考えるならアコードハイブリッド。
  • IS250・・・最高のおもてなしを受けられるレクサス店で買えるというのが最高の長所。ブランド感高く高級な外装デザインも魅力。クルマ本来の魅力としてはIS-Fでないとレガシィの勝ち。

かっこいいのか悪いのか?色数が多く使われる夜間の車内。カラー液晶もありカラフルで華やかではある。

追記:アイサイトを体験

スバルディーラーにてレガシィアウトバックを見た際、アイサイトも試させて頂きました。

アイサイトありの外観アイサイトはカメラで衝突の危険をチェックし、自動で緊急ブレーキをかけてくれるシステム。「衝突軽減ブレーキ」とか「エマージェンシーブレーキ」などと呼ばれる。
なかなか一般道ではテストしづらいけど、試してみたい。。。
そんな欲求はスバルディーラーで満たすことができる。スポンジの壁に向かって実際に試すことが出来ます。

今回、速度を変えての2パターンにプラスして、同乗者としての体験、そしてエキストラ3人を呼んでの多人数乗車でのパターンを体験。貴重な経験ができました。試乗車はインプレッサの他にレガシィアウトバック。

ちょっと確認事項を多く盛り込み過ぎちゃったんで、全部の感触を覚えてはいません。強く印象に残った点は下記。

  • ほとんどフルブレーキのように強く減速する。もちろん停止直前に緩めてくれるわけもない。
  • メーター読み時速30kmで試すと壁まで10cmの隙間を残して停止。そして時速40kmで試しても、ほとんど同じ隙間を残して停止。
  • 速度が高くないから、乗員が増えて車重が増えても減速力は変わらないし、前後バランスなども気にならない。
  • カロナビのカメラは効果ないのにピッピッとやかましい。アイサイトには余計な主張はなさそう。

まあこんな感じで予想通り、とても素晴らしいものでした。

現状、システムにより期待度と信頼度は様々

衝突軽減ブレーキと偏に呼んでも、実はメーカーによっていろいろなシステムが混在してる。システムによって頼れるシチュエーションが違うから、付いてりゃ安心というわけじゃないのでご注意下さい。

それと「レーザー」と「レーダー」をごちゃまぜにしてる営業マンが多すぎ!レーザーは光でレーダーは電波。一般的にハイテクなのはレーダーの方。さらに「単眼式カメラじゃ距離を測れるわけない」なんておっしゃる方も!
新しい技術だから、興味があったらインターネットで基本を調べる方が安心です。

スバル レガシィ (セダンB4)

スバル

legacy (レガシィ)

  • 試乗グレード:“GT DIT”
  • 年式:平成24年(2012y)
  • 車両型式:bmg(5代目)
  • ミッション:CVT
  • 価格:338万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします。
ヒラリー男爵

>

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


自発光タイプとなるメーター。中央の液晶部には様々な設定と情報が表示される。


ステアリングスイッチの押し心地は特別良くはないが悪くもない。引っかかることもないから不快感が残らないと思う。


クルーズコントロールの設定。Si-driveの設定もここでグラフィカルに表示される。


ウインカーミラーは室内から点灯が確認出来る。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。