ビート・自動車比較・辛口評価と評論

自動車購入の為の比較・メーカー別の特徴
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2004年記事 ホンダ ビート
著:ヒラリー)

ホンダ・ビート・軽自動車・試乗インプレッション

ホンダきっての軽スポーツといえば、やっぱりビートでしょう。
かなり古い車で、2004年現在あまり見かけることもない車ですけど、中古車を発見すれば完全にプレミア価格です。ビートってすでに10年落ちですものね。後継車が出てこないから希少価値の高いくるまです。

本田技研
  • グレード:“1995”
  • 型式:PP1
  • 車両価格:145万円
  • デビュー年:-

中古では高いプレミア価格

そんな、ホンダの軽スポーツとして一部のマニアから相当な人気のあったビートですが、軽自動車としては高めの価格設定で、カプチーノやAZ-1といった強烈なライバルもいたために、一般的には人気がなかったと覚えています。そう、マニア向け軽自動車の中でもさらに上を行くマニア専門のクルマ、それがビート。ライバルはターボで武装。ビートは高回転型NAにこだわったという違いから、パフォーマンスからして割高に感じます。

ビートの新車価格は145万円。このビートは軽自動車の中でも旧規格の時代に発売されたクルマ(現在の軽より2回り小さい)。その時代の軽自動車は60万円くらいで基本的なグレードが買えました。そんな中での145万円。なかなかの高級軽自動車であった事がおわかり頂けると思います。

イメージと違った強烈な印象

自分はビートで峠道を含め、500キロくらいを走ったので、そのときの強烈な印象を書きます。ビートはホンダのブランド力があってこその車で、乗ると、実は遅いだけ、特徴的なインパネを含む開放感で、バイクのような感覚を楽しむ自動車です。
ホンダのイメージってすさまじく、ホンダというだけで速いようなイメージをもってしまいますが、ホントに遅いんです。広い道だとタクシーに負けちゃいます。エンジンはかなりうるさく、耕耘機のような音で、しかもこのスタイル。で、遅いと街中では恥ずかしくなってしまいます。

エンジンは軽自動車ならではで、MTミッションのフィーリングは悪く、ホンダらしいようなホンダらしくないような、おもちゃの車って感じですが、峠道に行くと、リアはかなりクイックに滑ります。もっさりとしたハンドリングから一転して急にリアが出ます

ハンドリングもダイレクト感溢れるモノで、パワーステアリングはないかもしれない。そんなステアリングを回しての修正舵はなかなかシビアで、けっこう怖いです。私レベルでは下りの峠でフルブレーキはしたくありません。

元F1ドライバーのJ.ハーバードが、とんでもなく遅いけど運転して楽しいとおっしゃっていました。きっとビートは運転のうまい人だったら最高に面白いかもしれません

パワー感あんまりないかも

ビートって、NA660ccの自称、64馬力みたいですね。レッドゾーンまで回そうが、特にパワーが付いてくるわけではなく、音はけっこうガサツ。ホンダが気合いを入れて開発したエンジンというだけに期待いっぱいでしたが、初めて試乗した後は落ち込みました。まさに残念というしかありません。本当に高回転域で加速をしているのか?カタログスペックはあてにならないって本当に思います。

ただし、AZ-1やカプチーノのドッカンターボよりは断然扱いやすい!これはビートの利点です。例えばカプチーノ、低回転では加速をしないのでアクセルをいっぱい踏まなければなりません。そしてブーストがかかる回転数になると、一気に加速を始めます。加速を感じたらアクセルを戻さないと前に飛び出してしまいます。こんな感じで絶えずアクセルの調整が必要なんです。
NAエンジンのビートなら、そんなことはありません。

ちなみに乗り心地は、この手の軽自動車スポーツとしてはライバルと比べればそんなに悪くないです。

しかし悪いのは悪く、剛性感低くサスストロークもないので、軽くてピョンピョン跳ねます。同世代のスターレットGTターボみたいの感覚です。ちなみにハーシュネスはひどく体に伝わってきます。ギャーギャー、がしゃん、がしゃんと。

どこを走る?

ビートが生きる道を探してあれこれしましたが、パワーがなさ過ぎてちょうどよく楽しめる道が見つかりませんでした。思いっきりブレーキしてコーナーに進入するだけの加速ができない。加速しながらコーナーを抜けようとするとプッシングパワー関係なしで加速できる「下り」はリヤがリバースすると不安ですし(ちょっと怖い)。

楽しいといわれるビートで楽しみを味わいたかったのですが、私には非常に難しい一台でした。ちなみにこんな私でも、ライバルのカプチーノやAZ-1なら、楽しいです。
運転はシビアでまるでレーシングカーのよう、雰囲気で楽しめるのはAZ-1。ドッカンターボでも走っていればいつでも楽しいカプチーノ。

この3台はよ〜く運転しましたが、こんな感じでした。

ホンダ・ビートはカラフルなボディカラーが多い。 しかし普通のブラックも用意されていた。

スポーティ走行ならもう少し上位なクルマを

結局のところ、ビートは開放感で乗る車ですね。カート感覚のスポーティ差も欠けているし、上質なわけでもない。ライバルのAZ-1が本格軽スポーツだとすると、ビートとAZ-1との中間にカプチーノって感じでしょう。
その中ではビートが一番気楽に乗れて、室内も広く、おもちゃ感覚で開放感もあり、買い物もいけない事もないです。

ビートとは、ホンダのブランド力だからこそできた、あまりに商品価値と計画性のない、技術者の一人よがりと思わざるをえないビートでした。好きな人は誰になんと言われようとも、いつまでも乗っていられる、これがビートのすばらしいメリットです。

ビートの加速力だと楽しむにはちょっと辛い。ある程度のエンジンパワーは楽しさを得るために絶対必要だと考えます。特に思い入れがなければ、このサイズとこの価格ではまともに走れるクルマはないと割り切って、他のクルマをオススメします。

ホンダ ビート
ホンダ

beat (ビート)

  • 試乗グレード:“1995”
  • 型式:PP1
  • 排気量:660cc
  • 新車時価格:145万円
適合バッテリー

 

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価
足回りの質感 5段階評価
内装の質感 5段階評価
外装の質感 5段階評価
快適性 5段階評価
お買い得度 5段階評価
乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。