自動車の・試乗レポート(日産)

2021年記事 NT32エクストレイル
著:ヒラリー男爵

エクストレイル(2019)試乗「6」
内装リアシートとラゲッジ

「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートは2019年式エクストレイル、4WD

当ページは6ページ目です。

「着座位置が高くて横に広いリアシート」ほか

日産
  • グレード:“X”
  • 年式:2019年式
  • 車両価格:286万円
  • デビュー年:2013年12月
エクストレイル内装1エクストレイル内装2

日産・エクストレイル(グレードX・4WD・型式NT32)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. エクストレイル「1」特徴概要とボディデザイン
  2. エクストレイル「2」エンジンとミッション
  3. エクストレイル「3」快適性(乗り心地と静粛性)
  4. エクストレイル「4」走行感覚、ハンドリングなど
  5. エクストレイル「5」内装(フロントシート)
  6. エクストレイル「6」内装(リアシートとラゲッジ)
  7. エクストレイル「7」細かな長所短所、評価総合

内装:リアシート

エクストレイル・リアシート

ミニバンみたいに広くはないけど、視覚的な開放感の高いリアシート。

リアシート1リアシート2

座り心地は悪くはないんだけど、乗り心地的には今ひとつ。座面が薄く感じられ、長時間座っていると段々と、乗り心地は悪化してきます。

リアシートのスペース

身長172cmの筆者がドラポジを取った状態で、その後ろに座ってみました。

リアシートスペース1リアシートスペース2

足元は広くはないけど、ヒップポイントが高く、心理的な開放感があります。

フロントのカップルディスタンスが広いことも、この開放感に効いています。

二人で使えるアームレスト

驚くことじゃないけど、余裕を持って二人が使えるアームレストが用意されています。

リアのアームレスト1リアのアームレスト2

 

 

記憶が正しければ、硬い素材だった気がします。曖昧ですみません。

ドリンクホルダー・ドアカップホルダーは縦並びに2個。何か事情があるのかな?

ドリンクホルダーはドアポケットにも用意されているけど、位置が低くて使いにくいので、アームレストの方が使いやすいです。

 

リアシートの快適性

エクストレイル・ボディスタイル

乗り心地は悪いけど、クルマ酔いしにくそう

フロントシートより数段劣る、リアシートの快適性。
ここがエクストレイルの弱点かな。

もし、リアシートを日常的に使用されるなら、このエクストレイルはあまり向かないかもしれません。

理由は、「硬め」というより「硬い」リアサスペンション。衝撃が強く、衝撃を感じたあとの振動も長く続くので、スッキリもしていません。

加えて、ガチャガチャしたノイズは目立ち、フロアはブルブルするし、走行中の静粛性だって低いです。

クルマ酔いしにくそうな感覚

エクストレイルのリアシート、クルマ酔いやすい方は試してみて下さい。

  • ヒップポイント(着座位置)が高く、前方を確認しやすいのがひとつ。
  • クセを感じない硬さ、乗り味がひとつ。
  • ドライバーのラフな操作を許容するステアフィールがひとつ。

変に柔らかかったり、変に気密性が高かったり、そんなクセを感じるクルマより、人間の感覚に合っているのかもしれませんね。

ラゲッジスペース

エクストレイル・ラゲッジスペース

テールゲートを開けると、想像通りのスペースが用意されていました。グレードによっては撥水処理されたボードも用意されていて、好評とのこと。

ラゲッジスペース1

SUVってミニバンやワゴンと比較すると、ホイールハウスが大きく、シャシーもスペースよりは走行性能を優先した設計になるといわれています。

その分、使い勝手やスペースでは苦しい部分があるかもしれません。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

トランクボードには二つの穴が空いています。分割式の2段フロア構造です。

ボードは軽量ですが、予想よりガッチリした剛性がありました。荷物を載せた時、不安感がありません。

スペアタイヤ

試乗車にはスペアタイヤが搭載されていました。鉄チンホイール用のホイールナットも一緒です。

18インチタイヤを外して交換するのは大変ですが、バーストまで対応できるのはこれだけです。

可能なら、パンク修理材を搭載しておいたらいいかもしれません。カー用品店で2000円ほどで販売されています。

エクストレイル・メーター昼エクストレイル・メーター夜間

樹脂系素材のテールゲート

テールゲート部材テールゲートは金属ではなく樹脂系の素材で作られているような感じでした。
分解はしなかったので音からの予想です。

試乗したエクストレイルはパワーテールゲートだったので、開閉が軽いとか重いとかはありませんでした。

もし手動開閉だったら、軽いほうが絶対良いですよね!

日産 エクストレイル

ニッサン

X-TRAIL  (エクストレイル)

  • 試乗グレード:”X”
  • 年式:2019年式
  • 型式:NT32
  • 新車価格:286万円

エンジン概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:MR20DD

その他概要

  • 型式:NT32
  • ボディサイズ:4690×1820×1740mm
  • 駆動方式:4WD
  • 車重:1540kg
  • 発売開始時期:2013年12月〜
  • 新車価格帯:227万円〜

車両型式

  • NT32 - 2000cc 4WD
  • T32 - 2000cc 2WD
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び