自動車のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
HPヘッダー画像

2020年記事 スズキ ソリオ
著:ヒラリー男爵

ソリオ試乗評価「2」
乗り心地、ハンドリング等

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。スズキ・ソリオ(MA26S)の試乗レポート。

当ページは2ページ目です。

「乗り心地、走行感覚、ボディ見切り」

スズキ
  • グレード:“G”
  • 年式:2018年式
  • 型式:MA26S
  • 車両価格:157万円〜
  • デビュー年:2015年8月
ソリオ内装1ダッシュボードソリオ内装2

小さくても広いはもう当たり前。使いやすさや走りやすさが気になるソリオの試乗レポートです。


  1. 分割 - ソリオ「1」概要とエンジン、ミッション
  2. ここ - ソリオ「2」乗り心地と走行感覚、ボディ見切り
  3. 分割 - ソリオ「3」内装
  4. 分割 - ソリオ「4」試乗時燃費と評価総合

試乗:乗り心地

ソリオ・走行中1(MA26S)

アタリの柔らかい乗り心地で、多くの方にオススメしやすいソリオです。

柔らかく市街地での快適性に優れる

ユーザーによっては「乗り心地良い!」とまで評価されそうなソリオの乗り心地。先代よりは硬い方向にシフトしたものの、アタリの柔らかさは十分柔らかいです。

タイヤ1低速時に限れば、「質どうこうより柔らかいが正義」。やっぱりね、そうだよねって、思わず納得しちゃいます。

フロントよりリアサスペンションが柔らかく感じられる乗り味で、これは感覚的な上級感にも繋がります。

リアシートの乗り心地

突き上げが大きい時もある

リアシートに座っていると、ググッと突き上げられる時もあります。ただ、アタリは超マイルド。衝撃ではなく揺すられている感覚に近いです。

リアシートフロントシートと比較すればリアシートの方が、揺すられる量は大きくて回数も多いんですが、座り心地はソフト。

なので、乗り心地の「質」で評価すればフロント優勢、一方で「優しさ」で評価すればリアシート優勢です。

快適性はドライバーの差が大きい可能性

タイヤ2タイヤも柔らかいし、サスペンション減衰力も弱く、アタリの弱い乗り心地。

シティユースとして素晴らしい方向性ですが、ドライバーによっては同乗者の快適性を損ないやすいかもしれません。

小さくて背が高いボディディメンションもあって、唐突な操作はボディを前後左右にゆすります

どのクルマでもそうですがソリオだと特に、素早い操作も急な部分を極力なくした運転が望まれます。

試乗:静粛性

車内の静粛性は低いです。わかりやすく表現すれば、コンパクトカーと聞いて連想できるレベルの静粛性です。

車内の静粛性でもここでも注釈が!これがソリオの凄いところ。

うるさいけど、耳障りなノイズじゃないんです。

エンジンノイズもそうだし、フロアから共振しているようなノイズは気にならないし、目立つところがない静粛性。立派じゃないけどがんばりました!って感じを受けます。

逆のパターンはけっこうあります。静かだけどうるさく感じるみたいなノイズ。どっちが良いかといわれれば、筆者はソリオみたいな静粛性が好きです。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:走行感覚

ソリオ・走行中2(MA26S)

ハンドリングはコーナーらしいコーナーで良好です。前後バランスが良くて軽快。曲がっていくクルマのフィーリングも上級車的です。

開発者の熱意まで伝わってきそうなハンドリングだけど、その分ちょっと、クセというか気になる部分も、なくはありません。

最初に気になる部分

低速時ほど重く、速度に従って軽くなるようなパワステのフィーリング。クルマとして元々の自然さを重視してるようなフィーリングは好感が持てます。

タイヤ1ただちょっと、市街地レベルだと重すぎるんじゃないかと思います。反応が穏やかなこともあって、重さを感じやすいです。

全域で気になるのは、ハンドルを中心に戻す時のフィーリング。モーターで「ウィ〜ン、くるくるくる〜」と戻すような、そんな感触。

あまりに一定にまわり、クルマの動きと異なるように回り、ゲームセンターのハンドルかと思っちゃったり。

良い部分はすごくイイ!

穏やかだけど軽快なコーナーリング

ステアリング・ハンドリング時速60kmくらいからのコーナーリングでは、低速時の重たさがウソのようになくなります

ハンドリングは穏やか。反応は敏感じゃありません。でも軽快です。
ハンドルの重さも軽く感じられ、すぃ〜っというフィーリングはまさに軽快。

ペースよく豪快に走るなら競合車のルーミーの方が一枚上手。ソリオは柔らかい快適性をベースにした上でススっと曲がる味付けまたは仕上がり。日常で普通に走る時にピッタリかつハイレベルな乗り味です。

前後バランスが気持ち良い!

タイヤ3よくあるのは、フロント外側に体重を乗せて、グググッと曲がり始めるクルマ。ソリオはちょっと違います。

リアの追従性が良いというか、前後バランスが良いというか、クルマ全体でススっと曲がっていく感覚

コンパクトなハイトワゴン系かつ、柔らかいサスペンションを持つクルマで、こうしたハンドリングは貴重です。
なお、硬いサスペンションだったらルーミー/タンクもスッキリ気持ち良いです。

試乗:ボディ見切りと車両感覚

ソリオ・ボディ見切り(MA26S)

大きな弱点は見当たらいようなソリオで、最も気になったのはボディ見切りの悪さと車両感覚の取りにくさ
試乗すればすぐにわかる点なので、可能でしたら狭い場所も試乗させてもらって下さい。

左右Aピラーとドアミラー

Aピラー・助手席側Aピラー・運転席側

フロント側の柱がAピラー。ボディ形状から予想できるとおり、邪魔になる事があります。

予想外だったのはドアミラー

ドアミラーの位置と形状は長所も短所もあります。

長所は、ドライバーの視線と近い高さにあって見やすいです。ミラーのサイズも大きく、後方確認という目的に優れます。

短所は、視界的に邪魔です。通常走行中には問題ありませんが、タイヤの位置付近の感覚が取りにくく、縁石ギリギリをかすめる時に不安を感じます。駐車場から大通りに出る時などね。

ドライバー前方

運転席側のみ切り

身を乗り出すように覗いても、ダッシュボードから先は見えません。

コンパクトカーやミニバンでよくある視界です。

ただソリオは絶対的にコンパクトなので、思い切って寄せても当てにくいかなと思います。

クルマって意外とそんなものですよね。

次の写真はトヨタ・ライズ

ライズのボディ見切り

ライズでフロント先端を、障害物まで寄せてみました。

ライズは初めての運転でも、苦もなくギリギリまで寄せられ、狭い場所でも神経を使わないクルマでした。

左前方の感覚

ダッシュボードと視界1ダッシュボードと視界2

ナビゲーションモニターが出っ張っておらず、フラット感の高いダッシュボード。条件は良いんですがドライバーからの視界はだいたいこんな感じ。

奥行きがあってその先がストンと落ちているボディデザインのため、ボンネットは全く見えません。
故に見切りは悪いです。慣れというか感覚の領域です。

 


ソリオのセンターメーター(昼)ソリオのセンターメーター(夜間)

カップホルダーが遠い!

運転席の右前に用意されるカップホルダー。作り自体に不満はないけど、位置が遠い!ソファから身を起こして...みたいになっちゃいます。

カップホルダー1カップホルダー2

深さがあってペットボトルも安定しておけて、視界の邪魔にもならないデザイン。全然良いんだけど惜しい点です。

ペットボトルはドアポケットにも入るけど、もしここに灰皿置くとすれば、使いにくいかなって予想します。

スズキ ソリオ

スズキ

SOLIO(ソリオ) 試乗車概要

  • グレード:“G”
  • 型式:MA26S
  • 年式:2018年式
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:157万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:K12C

その他概要

  • ボディサイズ:3710×1625×1745mm
  • 車重:930kg
  • 発売開始:2015年8月
  • 新車価格帯:145万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設19年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です