メーカー別の特徴・トヨタ
HPヘッダー画像

2012&2015年記事 トヨタ オーリス
著:ヒラリー男爵

オーリス(NZE181)試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。トヨタ・オーリス(2代目NZE181)「150X」の試乗レポート。

当ページは3ページ目です。

「エンジン質感とCVT印象」を掲載

トヨタ
  • グレード:“150X”&"120T"
  • 型式:NZE181&185
  • 年式:2012&2015
  • 車両価格:170〜260万円
  • デビュー年:2012年
オーリスのコクピット5オーリスのコクピット6

オーリスは欧州版カローラとして販売されるクルマの日本仕様。


  1. 分割 - オーリス試乗「1-1」内装質感
  2. 分割 - オーリス試乗「1-2」ハンドリング 、快適性評価
  3. ここ - オーリス試乗「1-3」エンジン質感
  4. 分割 - オーリス試乗「1-4」120Tのエンジン・ミッション
  5. 分割 - オーリス試乗「1-5」120Tの快適性と走行フィール
  6. 分割 - オーリス試乗「1-6」競合車比較と総合評価

試乗レポ:動力と駆動関係

改善されたドライバビリティ

試乗車をお借りして、まずは混み合う市街地を走り出すと、自然に加減速ができることに気付く。飛び出し感がなく、CVTも今までより自然な変速をしてくれる。

エンジンルームドライバビリティは先代オーリスで劣悪だった点。

今度は、VWゴルフのDSGみたいなギクシャク感もないし、他のコンパクトカーのような不自然な加速感とか、イメージ通りに加速できないといった問題が改善されている。

大げさにいえばクラウンアスリート3000ccのよう。高級車に近い方向性でドライバビリティが向上しています。

混雑する市街地で走りやすい

トロトロと走りながら試乗コースはどこにしようか考えたり、室内各部をチェック。そんな時でもクルマが想定外の動きをして、自分の体が前後に揺すられることはなかった。

この思い通りの加速感はアクセルを大きく踏んだ場合も。時速100kmからの最加速でも概ね良好。

オーリスはトヨタがファントゥドライブなクルマと位置づけている。「ファントゥドライブ=思い通りに動くクルマ + 何か」と考えてくれるなら、これからのトヨタ車が楽しみ

エンジンのフィーリング

エンジンはトヨタ1500ccお馴染みの1NZ。「がさつさ」が特徴の実用エンジン。低回転でも加速中は大きなノイズを出すし、相変わらずがさつな音質から雑なフィーリングの持ち主。緻密さなんて言葉は「ち」の字もなし。

とにかくガラガラとした音がうるさい。今回のオーリスには似つかわしくない

それでも、振動に関しては低減された気がする。エンジンが改良されたのかもしれないし、車体の進化かもしれない。
これなら、マニュアルモードで中回転以上を保持することも躊躇無くできる。振動がイヤだから低回転をキープしたいなんて考えることもない。

パワー感、加速力

動力性能、加速力は、各社1500ccの中で最も元気といわれるエンジンながら、2代目オーリスの車重は1220kgもある。

だから速さを感じることはないし、どこでも全開にできる程度のパワー感。オーリスは静かだし速度を感じさせないクルマだから、実際より遅く感じるという面もある。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:CVTのフィーリング

CVTに関してのフィーリングはまずまず良好。初代オーリスより制御は劇的に進化し、ベルトの音も気になるほどではない。

シフトセレクター

擬似的にギヤポジションをホールドできる7段マニュアルモードは全グレードに付き、コイツの変速レスポンスがなかなか早い。

わざとか結果としてか、シフトチェンジのショックもある。シフトチェンジすると「カクン」とくる。

CVTにホールド機能がいるの?

これは自然な加速感と運転の楽しみを演出。決して高回転型のエンジンではないため、レッドゾーン近くをキープする必要はないが、アクセルレスポンスのいい回転数をキープするのに役立つ機能。

MTでギヤチェンジがうまくできないなら、こちらの方が楽しく走れるなんていうハナシも良く聞くハナシだ。

比較対象?かもしれないのがホンダ・CR-Z(220万円〜)。こちらのCVTはスポーツモードにしてもレスポンスゆっくり。落ち着いたフィーリングです

グレードと装備、ベストバイ(初期モデル)

オーリス・テールライト2012年デビュー時、NZE18系オーリスのグレードは3種類。そしてそれぞれでSパッケージが選択可能なので、都合6種類になります。

(正確にはもう一つ廉価グレードがあるけど一般的ではないので割愛)。

このSパッケージというのはスポーティという感じではなく、単純に便利装備とインテリア加飾が充実するパッケージです。

Sパッケージの価格はプラス20万円、追加される装備内容は大きい箇所で以下のよう。

  1. AFS付きディスチャージヘッドライト & フォグランプ
  2. アルミホイール
  3. 液晶部がリッチになる専用メーターパネル & 本革巻きステアリング

エンジン2タイプ、6バリエーション

デビュー時のオーリスのグレードは、エンジン2タイプで6バリエーション。このようなグレード構成。グレード名と概要は下記の通り。

  1. 「150X」・・・1500cc CVT
  2. 「180G」・・・1800cc CVT
  3. 「RS」・・・1800cc MT

「150X」「180G」「RS」となります。ここで価格表をよく見れば、180XとRSの価格はほとんど一緒。つまり1800ccのCVTが180X、6MTがRSと考えてよさそうです。

するとCVT限定ならば、1500ccで2パターン、1800ccで1パターンに絞れます。

コストパフォーマンスを加味すると?

MTが希望なら「RS標準」。車両価格202万円だからフィットハイブリッドRSとほぼ同じ価格で満足感は高い。ただしスマートエントリーがなくエアコンはオートではなくなる

より一般的なCVTミッションで比較すれば、ベーシックな「150X」が180万円。「150X・Sパッケージ」と「180G」が約200万円。近い価格ですが、満足度が高いのは「150X・Sパッケージ」だろうということで、180Gは条件次第。

とベストバイまとめ。MTならRS標準。CVTなら150X標準か150X・Sパッケージ

オーリスのメーター1オーリスのメーター2

試乗:ブレーキフィール

オーリスのインパネブレーキに関して、こちらも柔らかいサスの影響で、とにかくノーズダイブが大きい。フロントが大きく沈み込む。

全長の短いFF車だから当然?いえいえそんな次元を越えてますよ、コレ。

強くブレーキングするにしても、ジワッとブレーキペダルを踏んでやらないとすぐにフロントタイヤがゴーゴー言い出す。そこからもうちょっと踏み込めばABSが効き始める

そんな感じなので減速感はあまりなし。緊急時の減速はトヨタが販売するくらいだから大丈夫だろうけど、試乗の際には急ブレーキも試して頂きたいと思います。

ブレーキペダルのストローク量は長く、踏み込む量でブレーキの強さを調整する感じ。踏み始めで急な部分がないのは好印象。またABSの制御は細かめで問題なし。

トヨタ オーリス (2代目)

トヨタ

Auris試乗グレード・1

  • グレード:“150X” CVT
  • 年式:2012y
  • 車両型式:NZE181
  • エンジン排気量:1500cc
  • エンジン型式:1NZ

Auris試乗グレード・2

  • 試乗グレード:“120T” CVT
  • 年式:2015y
  • 車両型式:NRE185H
  • エンジン排気量:1200cc+ターボ
  • エンジン型式:8NR-FTS
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



トヨタ車らしいフロントマスク。


リア側のエクステリア。リアウインドの小ささは塊感と高級感を感じさせてくれる。バックミラーを見ても小さいのを感じるほど小さい。
全体的には、旧オーリスの面影もけっこう残っている。





上段:MTモデル。グレード「RS」のトランスミッションは6MT。
下段:CVTモデル。CVTは全タイプで7段マニュアルモード付き。1800ccモデルでは前後左右のGを元に適切な回転数を保つなんていうギミックも。CVTはいかにも日本らしい方向で進化している。



ターボエンジン搭載グレードと、1800ccモデルのエンジン。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です