メーカー別の特徴・トヨタ
HPヘッダー画像

2012&2015年記事 トヨタ オーリス
著:ヒラリー男爵

オーリス(NZE181)試乗「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。トヨタ・オーリス(2代目NZE181)「150X」の試乗レポート。

当ページは4ページ目です。

「120T試乗感、エンジン質感」を掲載

トヨタ
  • グレード:“150X”&"120T"
  • 型式:NZE181&185
  • 年式:2012&2015
  • 車両価格:170〜260万円
  • デビュー年:2012年
オーリスのコクピット5オーリスのコクピット6

オーリスは欧州版カローラとして販売されるクルマの日本仕様。


  1. 分割 - オーリス試乗「1-1」内装質感
  2. 分割 - オーリス試乗「1-2」ハンドリング 、快適性評価
  3. 分割 - オーリス試乗「1-3」エンジン質感
  4. ここ - オーリス試乗「1-4」120Tのエンジン・ミッション
  5. 分割 - オーリス試乗「1-4」120Tの快適性と走行フィール
  6. 分割 - オーリス試乗「1-6」競合車比較と総合評価

グレード「120T」概要

オーリス走行中室内

2015年のマイナーチェンジで追加されたグレードが「120T」。

新エンジンの搭載

豊田自動車このグレードでは新エンジンの搭載が目玉。いわゆる低排気量ターボと呼ばれるタイプのパワーユニットが搭載されました。

車体の割に小さい排気量に過給器を付けて、必要な時だけ排気量アップのような考え方ということです。

高価な上級グレード

この120Tはグレード構成の中で最上位。トップグレードとして位置づけられ、車両価格も約260万円と全くエコノミーじゃありません。

「燃費が良いから」とか「自動車税が安いから」なんて理由で選べるわけじゃなく、好きで選ぶグレード。そう、新世代エンジンで走りたい。そうして選ばれる事を想定したグレードということが想像できます。

高額な車両価格で欧州車もライバル

エクステリア・リア価格設定は強気です。マツダがディーゼルエンジン搭載車の車両価格を高額に設定していますが、あちらは大きな補助金が期待できます。

またライバルのゴルフやV40などなら豊富な在庫車で大きな値引きが期待できます。

それを考えればオーリスはビックリ価格。このエンジンに50万円の価値を見いだせればこそ、ということですね。

ライバルはVWゴルフ

最大のライバルはやっぱりVWゴルフでしょう。大人げなくエンジンも価格も似せてくるところが流石トヨタ。

メンツ気にしてこれができなきゃ会社はつぶれますw しかも商品企画だってすごい。ゴルフの弱点=オーリスの長所。試乗すればすぐわかります。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:エンジン質感

エンジン型式は「8NR-FTS」。最低限の人気が得られれば、今後10年も20年も使われることになる可能性いっぱいの新エンジン。筆者も試乗に興味津々です。

エンジン質感

エンジンルームエンジンの質感は高い!どれくらい高いといえば、オーリスには過剰かと思ってしまうほど。

今までトヨタの4気筒といえば、只の動力源。音、振動、フィールetc.まともに褒められるエンジンなんてなかった。

どれも「オタンコだけどパワー感ある」って感じで。すぐれた6気筒が安く用意されるから4気筒は割り切り。そんなイメージだった。

質感高くメカニカルな響き

それが今度のエンジンは全然違います。クルマ好きでも4気筒を積極的に選ぶ時代に合わせてきたかのような、「良いモノなら高くてもいいよね」系

質感重視して〜価格をアップして〜という最近のトヨタを具現化しているよう。

静粛性高いエンジン

エンジンノイズはボリュームレベル低く、しかも耳障りな音じゃありません。

回してもノイズは盛り上がらず、4000回転オーバーまで苦しそうな音を出さない。もうね、タコメーターとニラメッコしていないと、どの回転数を使っているのかわからなくなる。

エンジン本体の音が静かなだけじゃない。ターボといえば補機類からの音だって聞こえてくるものだけど、ターボらしい音も気にならず。

エンジンのみに注力するような乗り方をしなければ、ターボらしいのは中回転での力強さくらいか。

トヨタ車が静かなのは当たり前。オーリス120Tのエンジンはそんな次元を越えてる。アクなんてな〜んもない。モーターの方が音的な刺激があるんじゃないかってほどw

トヨタらしからぬメカニカルな音質

試乗中、休憩しながらエンジンフードを開けてみた。そこで気付いたのは、アイドリング時のエンジンノイズだって質感高いという点。

トヨタの4気筒らしい、ユルユル&ボヘボヘという音ではなく、カリカリカリカリ〜ってメカニカルの音。
高質&硬質。直噴エンジンの音から嫌みを消し去った音のように感じる。

排気音は大きくうるさい

マフラーからのボーボーした排気音は無駄な演出に思えるが、これまた最近のトヨタ流。この位はガマンしなくちゃと思った次第。

また大事なエンジンマウント、普通というか貧弱に見えました。見えないところに最新技術が詰まっているのかもしれないが、やっぱりエンジン自体が素晴らしいと思った次第。

新しい世代のターボ。トルクの出方など

エンジンの出力特性は予想以上に最近のターボ車らしい味付け。

ボディフロント1500回転以下でレスポンス悪く、2500〜3500回転で十分なパワーを発揮し、それ以上はただ回るだけ。

レッドゾーンは5500回転から。

おおざっぱに言えば低回転から、1200cc > 1800cc > 1500cc 可変排気量みたいな不思議なパワー感。ゴルフ以上にターボらしい特性。

CVTがターボの弱点を補う

中回転で急にパワーが盛り上がる=低回転が弱く感じる=急激なトルク変動で運転しづらい、となりがちだけど、そこは上手くCVTがカバーしている印象。ゴルフやポロのような乗りにくさはない

停止からの加速、中間加速、踏めるだけ踏む、どんな時でもジワ〜となだらかな直線を描いて最大加速に入ってくれるから、ドライバーは余計な事を考えないで済む。

反応悪い領域が広い

犠牲になったと思われるのは、極低回転でのアクセルレスポンス

微妙な操作に反応してくれません。極端に、一瞬アクセル全開にして緩めるという動作を試しても、反応が悪い。

ターボで1500ccレベルの出力といっても、特性が異なります。排気量の差を埋められるわけじゃないです。

上級な印象を受ける助手席

センタークラスター新しい世代の低排気量ターボ、この”らしさ”は助手席に座っている時の方が感じやすい

ノイズの少ない中回転でジェントルに加速してくれる様子は、オーリスのイメージを超えています。

補機類の音など含め静かで、低めの回転数で加速。ミドルコンパクトにも高級車の価値観をというヤツですね。

こんな感じだから、2人以上でのドライブでは車内の会話がラク。声が小さいドライバーっているでしょ、まわりのノイズ考えろって人。そんな人と試乗に行ったら最高ですw

試乗:ミッション・CVT

CVTも上質

ご年配の方にお話伺えば、30年前からトヨタのミッションは素晴らしかったらしい。ライバル比較で常に上質な乗り味を提供してきたというハナシを複数耳にする。

シフトセレクター1シフトセレクター2

オーリス120TのCVTもやはり素晴らしい。現時点で、ここまで上品に走れるCVTって思いつかない。スロットル特性含め、雑味とかクセが気にならないんだよね。

ラフな運転でも走りやすい

特徴は適当でも走りやすいセッティング。クルマを考えれば、レスポンスを犠牲にしても乗りやすいさを重視したフィールは好感が持てる。

エンジンとセットで考えれば、低排気量ターボの弱点もうまく補っているんだろうし、初めて乗っても違和感なし。

今までのクルマで当たり前だった、雑なセッティングはなんだったんだろうw

エンジンとのマッチングで魅力増強!

エンジン単体だと静かで刺激がないけど、このミッションやスロットル特性と合わさって、長所が倍増。ある種の高級感を感じさせてくれる。とってもバランス良し。

そういえば7型ゴルフR、トルクの強い低いギヤでホールドしても、扱いやすさが印象的だった。

あれと同じ方向性で、さらにDSGに対してCVTだから、もっともっと滑らかに加速減速できるし、レスポンスの悪さはラフなアクセルワークも十分に許容してくれる。

VWとは得手不得手が異なる

ミッションも含めて考えれば、キャラクターは真逆。DSGのギクシャク感、あれは合わない人には全くダメみたい。

当HP「間違いいっぱいの自動車選び」スタッフもVWシロッコRを短期間で手放した。安い買い取り価格でもガマンしてw
オーリスはそんなゴルフの痛いとこをしっかり付いてきた!

オーリスのメーター1オーリスのメーター2

新プラットフォームへの搭載が楽しみ

衝突軽減ブレーキオーリス120Tのエンジンフードを開けると、エンジンがとても小さいのがわかる。同様にゴルフの1200cc搭載車もそう。とっても無駄だと思いません?

2000ccエンジンを搭載するよう作られたモデルに、高価で小さいエンジンを搭載。ちょっと待って冗談でしょって言いたくなる。人気モデルはギリギリまで室内の広さを広げたモデル。オーリスもゴルフも室内は狭い。

プリウスは未だに新鮮みのある、未来感あるボディデザインとインテリアが魅力。

小排気量ターボも、車内広さに活用するなり未来感に活用するなり、せっかくコンパクトなユニットならそれを生かすようなクルマに期待。どっちかっていえばホンダの方がやってくれそうだね。

トヨタ オーリス (2代目)

トヨタ

Auris試乗グレード・1

  • グレード:“150X” CVT
  • 年式:2012y
  • 車両型式:NZE181
  • エンジン排気量:1500cc
  • エンジン型式:1NZ

Auris試乗グレード・2

  • 試乗グレード:“120T” CVT
  • 年式:2015y
  • 車両型式:NRE185H
  • エンジン排気量:1200cc+ターボ
  • エンジン型式:8NR-FTS
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


相変わらず渋さのあるエアコン操作スイッチ。



シフトセクレターのタッチはこのクラスでは十分に良好。



フロントアームレストは前後にスライドする。


リアシートは狭い。




やっと出てきたトヨタの衝突軽減ブレーキ。


なんだか高価そうなバッテリーが搭載

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です