自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2021年記事 トヨタ
著:ヒラリー男爵

ヤリスクロス・ガソリン「4」
試乗レポ・ガソリンvsハイブリッド

「間違いいっぱいの自動車選び」。ヤリスクロス(2021年式)ガソリンモデルの試乗レポート。

当ページは4ページ目です。

「ガソリンとハイブリッドの相違点」等

トヨタ
  • グレード:“ガソリン X”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:190万円
  • デビュー年:2020年8月
ヤリスクロス内装1インパネヤリスクロス内装2インパネ

トヨタ・ヤリスクロス(型式MXPB10)グレード「ガソリン車・X」の試乗レポートです。

ハイブリッドに続いてのガソリン車です。一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. ヤリスクロスガソリン「1」特徴概要とボディデザイン
  2. ヤリスクロスガソリン「2」エンジンやハンドリング
  3. ヤリスクロスガソリン「3」燃費、内装と快適性
  4. ヤリスクロスガソリン「4」ハイブリッドとは相違点いっぱい

関連ページ

  1. ヤリスクロス・ハイブリッド試乗レポート
簡単な試乗による簡単なレポート、インプレッションです

第一印象重視でわかりやすい表現を心がけています。

ガソリンとハイブリッドの相違点「1」

ヤリスクロス(ガソリン)ボディサイド

ヤリスクロスのガソリンとハイブリッドに試乗して感じた相違点。
違いは大きく、見えるところ以外は全部違う、といっても過言ではないくらいです。

1.燃費が違います

まずは燃費。これは当たり前ですよね。ハイブリッドは燃費スペシャルSUVと呼びたくなるほどの燃費で走れました。

燃費損得勘定でも燃費の差から、「イニシャル+ランニングコスト+売却益」はハイブリッド有利です。

走行距離が少し多い方、月に1000km走行するなら数年で得になる可能性が高いです。
ちょうどガソリン高いですからね。

2.エアコンが違います

同じ「グレードX」で、数少ない違いがエアコンです。

マニュアルエアコンオートエアコン

ガソリンXはマニュアルタイプ、ハイブリッドXはオートタイプ。操作感の違いもあり、車内の質感も変わってきます。

3.パワー・加速力が違います

ガソリンモデルはコンパクトクラス1500ccから想像するより、パワーを感じません。回転上げれば加速しますが、瞬発力は弱いです。

エンジンルームハイブリッドモデルはPWRモードにすると、モーターのアシストをハッキリ感じられ、瞬発力に優れます

日常的に合流や追い越し車線を走るのでしたら、ハイブリッドモデルをおすすめします。

4.乗り心地が違います

サスペンションが異なっているようで、乗り心地のキャラクターが異なります。比較すると以下の印象です。

フロントシートガソリンモデルはシャキッと硬め。変な部分がなく、フラット感も高いです。素のヤリスに近い方向性で、TNGAらしい感覚。

ハイブリッドモデルはフワッとした部分が目立ち、あたりの柔らかい乗り心地。衝撃のあたりはとても優しく、その分、上下の揺れも多いです。


簡単試乗レポート

ガソリンとハイブリッドの相違点「2」

ヤリスクロス(ガソリン)ヘッドライト

ヤリスクロスのガソリンとハイブリッドに試乗して感じた相違点。その2。
わかりやすい部分は、試乗されて体感されますと、クルマ選びがもっともっと楽しくなると思います。

5.ハンドリングが違います

乗り心地同様、サスペンションの違いからハンドリングも異なります。

ステアリングガソリンモデルの方が反応が早く、ハッキリした反応を示します。
ハイブリッドモデルは日常域ではかなりマイルドでゆったりした反応です。

両車の差はハッキリしていますが、どちらも敏感すぎず、気難しさはありません。

6.パワステの制御が違います

ハイブリッドモデルでは、アクセル踏んでいる時はハンドルが重く、アクセル話している時はハンドルが軽くなりました。

パワーステアリングこれは自分の予想なので、ごめんなさい、もしかしたら違う理由で次の印象に繋がっているのかもしれません。

ハイブリッドモデルでは、アクセル踏んでいる時はハンドルが重く、アクセル話している時はハンドルが軽くなりました。

自然の挙動ではなく、制御が入っているように変化があります。

ガソリンモデルでは、制御かわからないのですが、この制御的なものを感じず普通でした。

7.静粛性が違います

静粛性は一長一短。ガソリンモデルはエンジンノイズが目立ち、音質的にも優れたタイプではありません。

ボディデザイン・リアハイブリッドモデルはエンジン停止状態で走れる時間が長いので、これが気になりません。

その代わりハイブリッドは、動きやすいサスペンションの関係からか、シャシーからのカタコト音は気になる場面が多いです。

8.ブレーキフィールが違います

市街地レベルの走行で、ブレーキの扱いやすさに違いがあります。

ブレーキオートホールド比較すればガソリンモデルの方が滑らかに停止しやすく、ブレーキホールドからの発進も滑らかです。

一方でペダルタッチの変化が気になります。ペダルが重い時もあれば軽い時もあります。

ハイブリッドモデルはその逆。停止と発進は唐突になりやすく、ペダルタッチの変化は気になりません。

9.ミッションが違います

システム的な違いはおいておいて、MTモードの有無が異なります。

シフトセレクターガソリンモデルのミッションは一般的なCVT。マニュアルモードが付いています。
これを手動で操作しての運転は、やっぱり楽しい!

これで選ぶならガソリンモデル一択です。

動画:ヤリスクロスのガソリンvsハイブリッド

ただいま準備中です。

 

ヤリスクロス(ガソリン)の特徴10秒チェック

ヤリスクロス(ガソリン)ボディデザイン

単純明快・簡潔に。長所短所をまとめました。
お手数ですが意味不明な部分は本文でチェックして下さい。

  • 価格、クラスを感じさせないボディデザイン。
  • ADAS系(運転支援)装備は充実。
  • 乗り心地はシャッキリ系。
  • エンジンは質感含め、もうちょっとと場面も。
  • フロントシート優先、多少の狭さを感じるリアシート。
  • 他メーカーの競合車と比較すれば、価格に魅力。一方で身内のカローラクロス、価格が悩ましい。

簡単試乗レポート

ヤリスクロス・メインメーターヤリスクロス内装夜間

ヤリスクロス(ガソリン)評価総合

ヘッドライト

ランニングコストまで含めればハイブリッドの方が有利。
そうした中でガソリンモデルを選ぶのは、敢えての理由か、走行距離が少ない方向けでしょう。

敢えての理由は?両者の違いは大きく、ガソリンモデルの方が最近のクルマらしい乗り味を感じます。

好みによる部分でしょうし、見える部分の差別化は最小限。エコノミー的な部分除けば、乗り味で選択されるのが良いかと思います。

トヨタ ライズ(2WD)

トヨタ

YARISCROSS (ヤリスクロス)

  • 試乗グレード:“ X 2WD”
  • 型式:MXPB10
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:約190万円

概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:M15A-FKS
  • 車重:1110kg
  • ボディサイズ:4180×1765×1590mm
  • 発売開始:2020年08月
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」「もと車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び