自動車の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴

2021年記事 マツダ2

マツダ2試乗評価「4」
乗ってわかった小さな長所短所

間違いいっぱいの自動車選び。マツダ2(2021年式)の試乗レポート。

4ページ目です!

「小さな長所短所と評価総合」

マツダ
  • グレード:“15C”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:146万円
  • デビュー年:2019年9月
マツダ2・内装1マツダ2・内装2

デミオからモデル途中でリネームされたマツダ2!マツダ2・DJLFS型「グレード15C・ガソリンモデル」です。


  1. マツダ2「1」クルマの特徴と乗り心地の印象
  2. マツダ2「2」エンジン、ハンドリング、ボディ見切り
  3. マツダ2「3」内装と静粛性
  4. マツダ2「4」小さな長所短所

関連ページ

  1. デミオ(リネーム前)ガソリン試乗レポート
  2. デミオ(リネーム前)ディーゼル試乗レポート

簡単なレポ、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。

動画:マツダ2とマツダ3

同じエンジン同じミッションで、スターティングプライスは70万円差。迷っちゃったらどうしよう?みたいな部分を動画にしました。

小さな長所短所

マツダ2・小さな長所短所

購入の決め手になるほどではないような、乗ってわかった小さな長所短所。

スイッチの押し心地が考えられてる

触ってみなければわからない質感。ハザードスイッチやステアリングスイッチの押し心地がハッキリしていて、ストロークも深いです。

ハザードスイッチステアリングスイッチ

写真左:ハザードスイッチ
写真右:ステアリングスイッチ

ペラペラなスイッチと比較すると、間違えにくいだけでなく満足感だってあります。シフトセレクターの操作感も上々です。

ちょっとわかにくいレイアウト

マツダ2に限ったことじゃないんだけど...、わかにくい位置にレイアウトされるスイッチがいくつか。

スタートスイッチトリップメーター切替

写真左:スタートスイッチは左手奥。
写真右:トリップメーターの切替/リセット。

スタートスイッチはハンドルの死角になりやすい場所。トリップ切替は夜間は見えず、オーナー以外はわかりにくい場所です。

集中するスイッチがフルスタック

スイッチパネル

15Cというベーシックな、最も安いグレードで、スイッチパネルは満杯です。

もしくは満杯になるパネルが採用されています。

盲蓋でスカスカな状態より、機能豊富そうに思え、満足感高いと思います。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

デミオ時代との違い

マツダ2・デミオと比較

マツダ2へのリネーム前、2015年式デミオに試乗した時の印象で比較します。

ガソリンモデル「13C・DJ3」

デミオ(ガソリン)は、上級感高いボディデザインにソフトな乗り心地の組み合わせが印象的でした。

ハンドリングもソフトフィールで気難しいことなし。日常的なコンパクトカーとしてどなたにでもオススメしやすいクルマ、と感じました。

2021年式(6月のマイナー前)と比較すると、マツダ車らしさが強まり、マニアックというか通好みの乗り味に変化を感じます。

ただ、引き締まった分だけアラが目立つのもありますから、初期モデルも捨てがたい。中古で選ぶのも有りかと思います。

ディーゼルモデル「XD・DJ5」

デミオ(ディーゼル)、ガソリンモデルとは真逆に、硬すぎなくらいにサスペンションが引き締まったモデルでした。

予想するにディーゼルでフロントが重いのでしょう。フロントセクションはグッと固く、粘り気のあるストローク感。ハンドリングだって独特と感じられるものでした。

きっと最新型(2021年6月以降)では改良され、乗りやすく進化しているはずです。と期待します。

初期型は新しいディーゼルを楽しむ、クセを楽しむという魅力でしたから、今となってはおすすめしにくいモデルです。

マツダ2の特徴10秒チェック

マツダ2・特徴まとめ

単純明快・簡潔に。長所短所をまとめました。
お手数ですが意味不明な部分は本文でチェックして下さい。

  • デビュー7年、未だに健在な上級志向のボディデザイン。
  • マツダ車らしいハンドリング。
  • 魅力あるエンジン&ミッション。
  • 本格的なドライビングポジション。
  • 硬めの乗り心地。
  • 先進の運転支援装備は上級グレードのみオプション設定。
  • 開閉の軽いテールゲート。

 


マツダ2・内装3夜マツダ2・内装4夜

マツダ2(ガソリン)評価総合

ボディデザイン・斜め後ろ

普通のコンパクトカーのお値段、ボディサイズで、乗ればなかなかの通好み的な魅力。

2021年式マツダ2。マツダ車らしさを十分に感じられるクルマでした。

ボディデザインにハンドリング、エンジン&ミッション、そして本格的なドラポジは個性と質感があり、マツダ2でなくてはならない理由を感じます。
ほんとね、末っ子といえど手抜きなし!

一方で乗り心地は多少の妥協も必要かな、という感じで、デビューから7年経過という状況がそのあたりに出ているのかと思いました。
こうした部分まで含め、お好きでしたら変わりなし、ですね!

マツダ マツダ2

マツダ

MAZDA2(マツダ2)

  • 試乗グレード:“15C”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2021年式
  • 型式:DJLFS
  • 車両価格:146万円

概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:P5-VPS
  • ボディサイズ:4065×1695×1500mm
  • 車重:1050kg
  • デビュー年:2019年9月
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社