自動車の試乗比較、中古車選びにもマツダ・メーカー別の特徴

2021年記事 マツダ2

マツダ2試乗評価「2」
走行フィールの印象

間違いいっぱいの自動車選び。マツダ2(2021年式)の試乗レポート。

2ページ目です!

「エンジン&ミッション、ハンドリング」

マツダ
  • グレード:“15C”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:146万円
  • デビュー年:2019年9月
マツダ2・内装1マツダ2・内装2

デミオからモデル途中でリネームされたマツダ2!マツダ2・DJLFS型「グレード15C・ガソリンモデル」です。


  1. マツダ2「1」クルマの特徴と乗り心地の印象
  2. マツダ2「2」エンジン、ハンドリング、ボディ見切り
  3. マツダ2「3」内装と静粛性
  4. マツダ2「4」小さな長所短所

関連ページ

  1. デミオ(リネーム前)ガソリン試乗レポート
  2. デミオ(リネーム前)ディーゼル試乗レポート

簡単なレポ、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視でより一般的な表現を心がけています。

試乗:エンジンの印象

マツダ2・エンジンルーム

試乗したマツダ2のエンジンは「P5-VPS」。1500ccのガソリンエンジンです。パワー感ではなく質感という部分で、4気筒エンジンの良さが十分に味わえます。

4気筒という魅力

マツダの「P5-VPS」は密かに筆者が好きなエンジンです。
マツダ2との組み合わせでは、車内で聞こえるエンジンノイズの音量は大きめ。大きめなんですが、低回転から高回転まで、マイルドで耳障りでない音質なんです。

エンジンルーム加えて、ちょっと空ぶかししてみても軽やか!
ジワッと吹け上がりはじめ、スッと落ちてきます。

スペック的には地味です(110馬力の14.4kg/m)。それでも、良い印象が残る優れたエンジンだと思っています。

同じ形式のエンジンを搭載する、マツダ3のページでも触れています。

トヨタの1500ccは3気筒

シェア40%という怪物トヨタ車では、1500ccエンジンは3気筒になってきました。

ヤリスクロス先日、ヤリスクロスの1500ccエンジンに試乗しましたが、なかなか豪快でした。
豪快なダイナミックフォースエンジンの中においても一際豪快な質感です。

なお「豪快」の意味は悪い意味だけじゃないです。でも、想像におまかせします。

加速感

車重1050kgの1500ccモデルと考えると、最大加速力はちょっと弱めにも感じられます。

Dレンジでは抑えられてる?

ペダルレイアウト試乗しているうちに思ったのですが、「ノーマルモード+Dレンジ」だと遅い、そんな気がしました。

「スポーツモード+Dレンジ」もしくは「MTモード」ですと、一気に元気を増します

スポーツモードではスロットル特性やシフトパターンが変わるだけでなく、エンジンの制御プログラムも変わる可能性が頭をよぎりました。

燃調や点火時期など、もしかしたら燃費や排ガスの影響から、ノーマル+Dレンジだと遠慮されているのかもしれませんね。

ドライブモードは2種類

ドライブモードノーマルモードとスポーツモードが用意されています。

筆者の感覚だと、ノーマルはエコモードみたいに感じました。スポーツモードは低いギヤを維持しようとするので、日常的には使いにくく、両方の差は大きいです。

結果、この中間が欲しい!と感じました。

試乗:ミッションの印象

マツダ2・シフトセレクター

ミッションはCVT(無段階変速)ではなく、有段式のステップAT、6速ATです。

最高の選択肢になりえます

現在の国産車で、ステップ式ATを選べるというだけで貴重な選択肢ですよね。これだけでマツダ2最高!なんて気分にもなっちゃいます。

いやほんと、ブォ〜ン、ブォ〜ン、ブォ〜ンと加速していく感覚や、シフトダウンしてからのダイレクト感ある再加速がたまりません。

欠点はないの?

CVTが全盛ですので、基準にすれば、ステップATの弱点も見えてきます。長所あれば短所あり、ですね。

ポジションによるトルク変化

マツダ2のATは1速が離れているというか、けっこうローギヤードと感じました。

シフトセレクターそれにより例えば、停止から走り出して踏み直した際、ギヤポジションにより加速感が変化しやすいです。

踏み直した際、1速に入っていると、予想より加速しようとして唐突感があります。
逆に2速に入っていると、思ったより加速してくれません。

出力されるトルクは、アクセル開度+ギヤポジション+回転数で決まります。なのでポジションに合わせたアクセルワークをしなければ、ギクシャクしたり予想外の動きを示したり。

条件によっては燃費

シフトセレクターとエアコンCVTとステップATを比較した場合、一定速度で巡航中の効率は、ステップATが上と言われています。

一方で加速減速が激しい場面ですと、常に効率の良いギヤ比を保てるCVTが有利と言われます。

CVTは最大ギヤレンジや変速プログラムによる部分が大きいのでしょうけれども、一般的な都市部ですと、CVTの方が燃費には優れるのかなと感じています。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:ハンドリングの印象

マツダ2・ハンドリング

ハンドリングはマツダ車らしい特徴を感じます。
末っ子だけどやっぱりマツダ車!兄貴分から乗り換えても違和感を感じさせず、コンパクトという特徴が魅力、そう感じさせてくれるハンドリングです。

マツダ車らしいハンドリング

慣れないと違和感を感じるかも?トヨタ基準でいえば輸入車的。マツダ車らしいという表現をしているくらいですから、特徴的なわけです。

フロントタイヤ敏感なドライバーですと、慣れるまでにちょっと時間がかかるかもしれません。
ディーラー試乗では違和感を感じただけで終わるかもしれません。

でも、クルマの特徴に合わせて運転すれば、滑らかに運転しやすいです。

マツダ車らしさ?

筆者が感じるマツダ車らしさは、ハンドル中立付近の感触と、ハンドルを戻す時の感触。

まず中立付近

ステアリング固められてなく手応え弱め。

速度を上げれば重さを増すものの、変に固められて直進性をキープしている車種より、よほど自然です。

操作に対する反応自体はあるので、ドライバーが操作してまっすぐ走らせます。

手応えが強くない分、無駄なチカラをかけることなく、繊細な操作が可能です。

次にハンドル戻し

ハンドルいわゆる保蛇力が強く、SAT(勝手に中心に戻すチカラ)は弱め。

一般的なクルマが「直進に戻るチカラを抑えつつ」戻すのに対して、「戻る方向に切る」ような感覚。

同じに滑らかに走らせようとしても、アプローチが違う感覚がマツダ車的。誰でも乗れば慣れちゃうんだろうけど、通好みとも思えます。

試乗:ボディ見切りと車両感覚

マツダ2・ボディ見切り

先代、先々代のデミオ時代には、コンパクトカーベストと思える見切りの良さ、車両感覚の取りやすさ、という魅力を持っていました。

それと比較すればボディデザイン重視と思えるものの、2021年現在で考えれると、全然悪くないです。

左右のAピラー

Aピラー左Aピラー右

特別邪魔になるわけじゃないけど、ちょっと太いというか厚みがあるかな、と思います。

ボディ前方

正面の視界1正面の視界2

正面前方は着座位置から少しボンネットが見えるくらいの感覚。
インパネ先端が低めに感じられ、足元に近い部分の感覚が取りやすいです。

ナビモニターは、デビュー当初は邪魔に感じたけど、最近の基準からすれば寧ろ小さめ。モニター照度を適切な明るさに設定していれば、邪魔に感じる場面は限定的と思います。

ボディ左側

左側の視界1左側の視界2

ここはデミオ時代から続く、マツダ2の優れたポイント。

ドアのウエストラインが低く、くびれも効果的に機能しています。ボディ全幅がコンパクトなこともあり、左側の感覚は手にとるようにわかります

その分、寄り過ぎてドアミラー当てちゃう事には注意ですね。

 


マツダ2・内装3夜マツダ2・内装4夜

ブレーキの扱いやすさ

ペダルレイアウト本格的なドラポジ。これがブレーキペダルの扱いやすさにも関係してきます。

適正と思える距離を取り、足を伸ばすように座らないと、繊細な操作がしにくいです。

膝のチカラでコントロールしたら、クルマはギクシャクしちゃいますからね。

かかとを固定し、足首と足指でコントロールするポジションを取れれば、扱いやすいブレーキでした。

言い換えると、マツダの理想的ドラポジに合わせられる、ともいえます。

マツダ マツダ2

マツダ

MAZDA2(マツダ2)

  • 試乗グレード:“15C”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2021年式
  • 型式:DJLFS
  • 車両価格:146万円

概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:P5-VPS
  • ボディサイズ:4065×1695×1500mm
  • 車重:1050kg
  • デビュー年:2019年9月
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー







試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社