三菱・自動車購入の試乗比較、中古車選びにも
HPヘッダー画像

2010年記事 コルト・ラリーアートverR
著:元自動車整備士

コルト・ラリーアート試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはZ27A型「三菱コルト」。ターボ付きの「ラリーアート・バージョンR」。5MTモデルです。

当ページは3ページ目です。

「内装とブレーキ特性」を掲載

三菱自動車
  • グレード:”バージョンR”
  • 年式:2007年式
  • 型式:Z27AG
  • 車両価格:174〜232万円
  • デビュー年:2002年11月〜
コルト室内1コルト室内2

※2012年、編集部でコルトを購入。平成19年式のコルト・バージョンR、MTの後期163馬力仕様。
試乗レポートに追記が重なり、まとまりが無くなっている点をご了承下さい。


  1. 分割 - コルト試乗「1-1」エンジン&ミッション
  2. 分割 - コルト試乗「1-2」コーナーリングとミニサーキット走行
  3. ここ - コルト試乗「1-3」内装とブレーキ特性
  4. 分割 - コルト試乗「1-4」細部とバリエーション
  5. 分割 - コルト試乗「1-5」イメージと参考データ
  6. 分割 - コルト試乗「1-6」ライバル比較や評価総合

関連:格安輸入タイヤ「PRESA PS55」をコルトでテスト

関連:2014コンパクトカー比較(スポーティグレード編)

サルでもわかるブレーキ講座(コルト編)

純正では独特のペダルタッチを持つコルト・ラリーアート。コントロール性が悪く走りにくかったのでエンドレスのブレーキパッドに交換してみました(効き自体は4輪ともABSが作動するだけの効きはあります)。

今回交換したのは、エンドレスのNS97。コルト用ブレーキパッドで検索して1番早く購入できるという理由でで選びました。ほどほどの価格のストリート用パッドということで、使いにくくなる可能性も大いにある中、使ってみなければ何も始まらないということで、深く考えずにネット注文。

ブレーキペダルの剛性(図であらわす)

コルト・ブレーキ図1

ペダル位置(ストローク)とペダル剛性(重さ)の図。コルト・ラリーアートは手前でペダルが軽く、奥で重くなる。
重くなった位置では、ゆっくりとした制動力なので、それ以上はガシッと踏むわけだが、ペダル位置はほとんど奥に行かず、踏むチカラでブレーキ制動力をコントロールする。

ブレーキペダルの位置と制動力(純正とエンドレスの比較)

コルト・ブレーキ図2次が純正ブレーキパッドの場合のペダル位置と制動力の関係。軽くペダルを踏んだ状態で、クッとブレーキが効く。

そのあとは、ペダルが重くなる位置で強めに踏むまでブレーキ制動力は強くならない。

つまり、軽く踏んでちょっと効いて、それ以上はかなり強く踏まないと、グッとくる制動力は得られない。リニアじゃないので扱いにくく、ヒール&トゥもペダル踏み量がごくわずかなときは非常にやりにくい。

エンドレス「NS97」のフィーリング

コルト・ブレーキ図3

エンドレスのブレーキパッド「NS97」に代えたあとのフィーリング。

初期の制動力は弱まり、全体的にリニア?な制動力になる。一番上の図のブレーキペダルが剛性高まった(重くなった)付近から本格的に制動力が発揮する。

ペダル位置があまり変わらず踏み力で制動力をコントロールできるので、非常に扱いやすく、ブレーキ開始位置を間違えにくくなり、クルマがピョコピョコすることもなくなる。何より楽しい。

ブレーキに神経使わなくなった!

エンドレスのこのブレーキパッドに代えると、余計な気を使わなくなるほか、黄色信号で右左折する場合の判断なんかも非常にラクになる。また、リアの制動力があがり、フロントのピッチング(ノーズダイブ)が減り、普段の運転がうまくなったと、助手席の彼女にも感じて貰えそうだ。

ハイペース走行中は今までよりクルマを不安定な方向にももっていけて、ヨーの立ち上がりが早くなったり、いつもよりハンドル切り角少なく曲がったり。バランスが多少リアブレーキに寄ったのかもしれない。

とりあえずで適当に買ってみただけのストリート用パッドながら、今回は一発でアタリでした。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

試乗:コルトの内装など

インテリア2

コルトのインテリアはシンプルで上級車志向のデザイン。ワンランク上のクラスに見えるインテリアデザインです。特にインパネは端から端までまとまっていてとてもいいと思います。

他のコンパクトカーが個性強めたデザインのインパネを採用しているのに対し、コルトは普遍的なデザインを採用しているのはストロングポイント。質感だって車両価格を考えれば十分なクオリティに思えます。

好みを言わせていただくと、ハンドル中央の三菱マークが強調されているのに不快感。こんなところでメーカーロゴをギラギラと目立たせなくてもいいのにって思います。

着座位置、背が高めなコンパクトカーのため、シート着座位置も高めです。シフトノブは上から握ります。ラリーアートバージョンといえどレカロシートはオプションなので、改良したければシートを変えてローポジションシートレールを付けることになります。

追記:シートポジションを下げる

純正シートを低く設置できるローポジションシートレールを購入してみました。

良くなったのは包まれ感の向上。ドラポジとしても雰囲気はあがりますが、ペダルとハンドルが動かせない関係から、良い点ばかりではありません。

日常での感想は、挟路地で運転しにくくなります。走行中Aピラーが邪魔になり、視界と車両感覚に悪影響。

もともと、フロントウインドウが寝たコンパクトカーは見切りがよくありません。ウインドウ=ピラーが寝ているクルマ全般でいえる事実。コルトも例外ではありません。その分、フロントシートの開放感があるわけですが、車両感覚がつかみにくいです。

室内スペースはフィット以外と良勝負

コルトのリアシート1

室内空間、ここは定評あるフィットにはかなわなく、ヴィッツやマーチと比較すればいい勝負。マーチとの比較なら、もしかしたらコルトの方が広いかも。

全高は1550mmとライバルコンパクトカーと比べ結構高めの設定。これ、車内広さと引き替えに古い立体駐車場では、残念ながら入ることができません(古い全高1500mmまでの駐車場)。

これくらい仕方ないと思いますが、気になるなら車高調で5cmくらいは車高が下がります。5cm=50mm。これならほぼ、立体駐車場で困る事はなくなります。
コルトの、シートポジションというか着座姿勢という点では、ミニバン並みにアップライトです。

ラゲッジスペースについて

ラゲッジスペース1

ラゲッジのスペースはコンパクトカーとして標準的〜やや狭い。コルトはハッチバックだからリアシートをたたむことができる。でもたたみ方は難しいし、たたんだシートを固定するのも難しい・・・。一応説明はシート周辺に記載されています。

ラゲッジスペース・ダブルフォールディングラゲッジスペース4

リアシートの折りたたみは、ダブルフォールディングタイプ。背もたれ倒して、座面ごと前にごろん。そしてベルトで固定。左の画像の赤いベルトが固定ベルト。面倒な反面、フラットな荷室ができる。

リアシート収納はつまるところ、2段階。普段は背もたれを倒すだけ、段差が気になる場合はゴロンまで。この状態でゴルフバッグはギリギリサイズ。ただし上にはいくらでも詰める。

うまくゴロンと行かない場合は、フロントシートを前に出してみて下さい。

ラゲッジスペースにタイヤ

リアシートたためばとりあえず16インチサイズのタイヤは楽勝で入ります。

この形にたどり着くまでが大変。前に倒してさらにシート全体を前倒ししてベルトで固定。指挟んだりとか気を付けて下さい。

メーターメーター(夜間)

電装品の便利機能は三菱らしく優れている

ラゲッジスペース2三菱のクルマといえば昔から、かゆいところに手が届く便利機能に優れています。
このコルトも例外ではなく、カタログに載らない優れた利便性を持っています。ラリーアートならコルトの中でもトップグレードなので、だからこその機能もありそうです。

個性的な電装品関係

三菱のクルマだから、電装品は便利&ちょっと個性的な機能となっています。トヨタ車や日産車から乗り換える時はちょっとだけご注意下さい。

  1. ヘッドライト、スモールライトは消し忘れてもエンジン切れば消灯します。
  2. パワーウインドは4箇所すべてにオートアップ・オートダウン機能付き。
  3. リモコンキー2つのボタンを利用し、ドアミラーの開閉が可能。素早く2度押しで作動します。
  4. ドアミラーの曇り止め機能は、リアデフォッガーのスイッチと兼用になっているそう。よくわかりませんが確かに曇りは取れます。
  5. ヘッドライトのロ/ハイビーム切り替えは、レバーを手前に引く動作で交互に変わります。
  6. 標準でイモビライザー付き。ただし対応するメインキーは一個。スペアキーはただのカギだから、ロック解除するとピーピー鳴っちゃいます。

こんな感じです。リモコンキーの電池は早め早めの交換を推奨します。

ミツビシ・コルト

ミツビシ自動車

colt (コルト・ラリーアート)

  • 試乗グレード:”バージョンR”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2007y
  • 型式:Z27AG
  • 価格:約190万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

インテリア2

リアシートのスライド
リアシートはスライド機構付き。スライド量はほんの少しだけどがんばってる。

ラゲッジスペース1
ラゲッジスペース。奥行きはだいたいフロアマットの横幅くらい。荷物を載せるときはリアシートをたためば問題なし。

コルトのリアシート1
コルトのリアシート2
コルトの意外な長所、リアシートの背もたれはこんなに寝ます。
リアシートは止まっていれば快適、でも走り出すと乗り心地は悪く足下は非常に狭い。最大の欠点はフロントの2人と会話しにくい静粛性の低さか。

ラゲッジスペース4
ラゲッジスペース4 ラゲッジスペース4

ラゲッジスペース2
ラゲッジスペース3
サーキットに行く時、スペアのタイヤを4本積んでいける。写真のタイヤは話題のアジアンタイヤ。コルサPS55。タイヤ自体は安いけど工賃変わらずなのはご注意。

シフト2

ラゲッジスペース2
コルトのキーはイモビライザー付き。ただしキー側は、メインキー一個しか対応していない。スペアキーは普通のキーなので、スペアキーでロック解除すればピーピー鳴り出す。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です