コルト・ラリーアート「P6」ライバル比較

三菱・自動車購入の試乗比較、中古車選びにも
HPヘッダー画像

(2010年 三菱 コルト・ラリーアートverR
著:元自動車整備士)

コルト・ラリーアート試乗「6」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはZ27A型三菱コルト。グレードはターボ付きの「ラリーアート・バージョンR」MTモデルです。

当ページは6ページ目です。「ライバル比較と評価総合」など掲載。

三菱自動車
  • グレード:”バージョンR”
  • 年式:2007年式
  • 型式:Z27AG
  • 車両価格:174〜232万円
  • デビュー年:2002年11月〜
コルト室内1コルト室内2
  1. 分割 - コルト試乗「1-1」エンジン&ミッション
  2. 分割 - コルト試乗「1-2」コーナーリングとミニサーキット走行
  3. 分割 - コルト試乗「1-3」内装とブレーキ特性
  4. 分割 - コルト試乗「1-4」細部とバリエーション
  5. 分割 - コルト試乗「1-5」イメージと参考データ
  6. ここ - コルト試乗「1-6」ライバル比較や評価総合

関連:格安輸入タイヤ「PRESA PS55」をコルトでテスト
関連:2014コンパクトカー比較(スポーティグレード編)

※2012年、編集部でコルトを購入。平成19年式のコルト・バージョンR、MTの後期163馬力仕様。
試乗レポートに追記が重なり、まとまりが無くなっている点をご了承下さい。

コルトをライバルと比較1

三菱コルトは新世代のコンパクトカーとして、ヴィッツ、フィット、マーチ、スイフトの後にデビュー。時代に逆らわず、経済性と居住空間に重点が置かれたクルマ。一昔前のコンパクトカーと比較すれば、欠点が気にならず良いクルマ。

素のコルトをライバルと比較

ちょい乗りでわかるライバル比較で感じられる欠点としては、静粛性がもう少し・・・。

コルト・ラリーアート、フロントコルト・ラリーアート、フロント

コルト・ラリーアート、フロントコルト・ラリーアート、フロント

コルトをライバルと比較2

スポーティグレードと比較

コルトラリーアート・バージョンRを、ライバルのコンパクトカー、スポーティグレードと比較してみる。すると比較するまでもなく、最も重要な事がわかります。

  • ヴィッツRS、フィットRS、デミオスポルト ・・・ 標準車から内外装の変更、サスを固めに変更、オートエアコンを装備。名前だけスポーティのなんちゃってクルマ。
  • スズキ・スイフトスポーツ ・・・ 上質感とクルマのレベルでは圧倒的にスイスポ。スイスポはスポーティセダンのよう。MTに関してはコルトの圧勝。ワクワク感は?コルトかな。
  • ヴィッツRS G's ・・・ サスペンションの質感、運転しやすさ、期待していなかっただけに意外だった。割高だけどメーカー系ならではの安心感。
  • コルトラリーアート ・・・ ターボで武装。操作が楽しくなるゲトラグ製MT、ドア開口部のスポット増しなど。クルマの本質的な部分を強化。志と宣伝文句は素晴らしい。

コンパクトカーのスポーティグレードって、RSなんて名前付けて派手なバンパー付け、サスを固めただけ。ケーハクなクルマが多いです。

そもそも、エコノミー・ローコスト・実用性を最重要課題で作ったコンパクトカーを、「楽しむ」為のクルマに仕立て直すとは、非常に難しそうなわけです。

ヴィッツRS、フィットRS、価格的にも割高。それだったらコルトラリーアートがいいです。ボディディメンションはコンパクトカーそのままですが、その中では本格的に仕立て直されたクルマだと思います。

コルトか、もしくはロードスター、アクセラターボ、CR-Zもいいし、”大人の趣味”として通用するクルマもけっこう揃っています。


ガンガン走る方が楽しい?

コルト・ラリーアート、フロント

コストを抑えて新車狙いなら、素のフィット(2代目)が魅力。

今となっては初代フィットは微妙。しかし2代目フィット、これ、VWポロより全然良いといっても過言ではない。

何と言っても高い実用性、そしてVWお得意のDSGによる扱いにくさがない。気楽に使えてこそ走るのが面倒くさくならないでしょ。

価格は安くても”乗り心地の質感を除けば”エンジン良し、CVTは絶対的な加速力重視で加速力素晴らしい。ハンドリングなんて気にせず、燃費の良さをいかして走り回る。

フィットRSは”なんちゃって”で、とってもケーハクだけど、素のフィットは途方もないくらいの志の高さを感じる。ホンダの命が掛かったモデルなんですね。経済性の高さにベクトルが向いているからローコストでたくさん走れる。これ買ってガンガン走るべし!

メーターメーター(夜間)

コルト・ラリーアート評価総合

コルト・ラリーアート、フロント

コンパクトカーでは脅威の加速力、一般道では十分スポーティな感触、それがコルトラリーアートの魅力。

またよくあるコンパクトカーのスポーティグレードと比較すれば、断然まともに開発されたクルマという部分も魅力。

ハイグリップでないタイヤを履けば、1速ではアクセルコントロールだけでホイールスピンが起きる。ゆっくり発進した後でフロント荷重が抜けてくればアクセルでホイールスピンをコントロール。好ましいモノじゃないんだけど、これを「面白い」って表現したって有りだと思う。クルマを操ってる感が味わえます。

三菱が特別なプロモーション映像を作っていて、それを見ると熱いで開発されたクルマだと思う。サスペンションを固めて”なんとかRS”なんていってるだけのコンパクトカーじゃない。

しかしそれでも、ハンドリングはスポーティと呼べるモノではないのが残念。低速コーナーではおばちゃんクルマと変わりなし。高速コーナーでの安定感は評価出来るから、低速コーナーの楽しさと両立が望まれます。

ミツビシ・コルト

ミツビシ自動車

colt (コルト・ラリーアート)

  • 試乗グレード:”バージョンR”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2007y
  • 型式:Z27AG
  • 価格:約190万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

コルト・ラリーアート、フロント

コルト・ラリーアート、フロント
コルト・ラリーアート、フロント
3枚目、4枚目は別に撮影しています。すみません。



静粛性が低いので、こんな加工してスピーカー付けてもあんまり意味ありません。ネタとして見てね。停車中に聞く??

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です