コルト・ラリーアート「P4」/細部とバリエーション

三菱・自動車購入の試乗比較、中古車選びにも
HPヘッダー画像

(2010年 三菱 コルト・ラリーアートverR
著:元自動車整備士)

コルト・ラリーアート試乗「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはZ27A型三菱コルト。グレードはターボ付きの「ラリーアート・バージョンR」MTモデルです。

当ページは4ページ目です。「試乗してわかった細部とバリエーション」など掲載。

三菱自動車
  • グレード:”バージョンR”
  • 年式:2007年式
  • 型式:Z27AG
  • 車両価格:174〜232万円
  • デビュー年:2002年11月〜
コルト室内1コルト室内2

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

剛性高い操作性がとっても魅力な3ペダルMTを搭載するマニュアルミッションモデルです。


  1. 分割 - コルト試乗「1-1」エンジン&ミッション
  2. 分割 - コルト試乗「1-2」コーナーリングとミニサーキット走行
  3. 分割 - コルト試乗「1-3」内装とブレーキ特性
  4. ここ - コルト試乗「1-4」細部とバリエーション
  5. 分割 - コルト試乗「1-5」イメージと参考データ
  6. 分割 - コルト試乗「1-6」ライバル比較や評価総合

関連:格安輸入タイヤ「PRESA PS55」をコルトでテスト
関連:2014コンパクトカー比較(スポーティグレード編)

※2012年、編集部でコルトを購入。平成19年式のコルト・バージョンR、MTの後期163馬力仕様。
試乗レポートに追記が重なり、まとまりが無くなっている点をご了承下さい。

コルトの細かい点

運転中に気になったのが、ウィンカーのかちかち音。如何にもリレーのカチカチ音が助手席の前あたりから出ていて気になります。

(注:その後に試乗したクルマでは全然うるさくありませんでした)
この試乗車もそうですが発売開始当時のディーラー試乗車は何だったんだろう?

体感できるボディ剛性感

ボディ剛性感は国産コンパクトカーで比較すればしっかり。速度がでても操舵フィーリングに差が出にくいという部分で、剛性感がドライバーに伝わってきます。

同時に三菱自動車は軽量化技術で劣っているといわれ、このコルトも車重が重めです。

サスペンションはやや固め

スポーツグレードということもあり、サスペンションは4輪共に固め。そんな中でもフロントサスからの不快感は小さく、リアサスはパンパン跳ねる。典型的なスポーティコンパクトカーの味付けです。

ショックアブソーバーは動き出しがものすごく渋く、瞬間的な衝撃はかなりのもの。路面の段差で、先読み付きCDプレイヤーの音楽が飛ぶこともあります。

ボディ形状を感じやすいコーナーリング

コーナーリングでは一線を越えると一気にグラッと車体がロール。反応の悪いステアリングですが、ハンドル裁きを丁寧にしないと乗員が気になる挙動を出します。
車両の重心が高いからか、トレッドが狭いからか、トーションビームだからか??

特にリアサスのショックアブソーバーがもっとスムーズにストロークしてくれれば、急にグラっとロールする特性になりにくいんでしょうが仕方ありません。三菱車全般でスッとストロークしてくれる実用車は思い当たりません。

※完全な新車時を過ぎたらスムーズになってきました。
フロントは気持ちの良いハネ方だと感じます。

こんな感じなんで、力ずくで素早くガシッとハンドルを切る方は要注意。重心の高いミニバンのハンドルを切るように丁寧に回せればベスト。気になる方は、サスペンションを別のものに変えたくなるでしょう。アフターパーツでは2つ3つ発売されているようです。

個性的な電装品関係

シフトノブ2三菱のクルマだから、電装品は便利&ちょっと個性的な機能となっています。トヨタ車や日産車から乗り換える時はちょっとだけご注意下さい。

良い点悪い点、思いつくまま次のページにまとめています。便利で個性的な電装品関係

2011年追記:3年経過したクルマに試乗して

レカロシート新車おろしたての頃、知人にお借りしていたコルトラリーアートですが、3年を経過し距離も6万キロになっていました。久々に100kmほどハンドルを握らせて頂きました。

久々に運転するコルト、ミッションの様子はカッチリ、ボディ剛性感もカッチリのまま。速度を上げた時のハンドリングなど、コンパクトカーはディメンション的に不利といえども、しっかり補強してあるコルトラリーアートなら常識的な範囲内で速度を上げても不安感はなし。

別のクルマで、かなり手を入れたフィットがあり、そっちはかなりお金を掛けて仕上げたクルマですが、それと同じような剛性感は変わらずでした。相変わらずフロントショックアブソーバーの動きは質感を感じます。

ハンドリング感覚

ハンドリングに対する剛性感は新車当時から変わらずの印象ですが、内装、特にインパネからはガチャガチャと音がすごい。やはりコストダウンが際立った世代のコンパクトカー。ボルトがピンに変わり、そのピンもチープなピンで内装が固定されています。

足回りは固すぎませんが、それでも6万kmも走れば多少のガマンも必要なレベル。嫌なら新車から段差を極力避けて運転するしかありません。

エンジン

エンジンは高回転が苦しそうな感じがするのと、タービンというか吸気音も大きめ。このエンジンはもともと極端な低回転型だった気がします。

マフラーからの音がうるさい割にフンズマリ感は半端ない。しかしさすがにこの走行距離でエンジン特性が悪化したのは考えられないので、上が回らなくなったわけではありません、最初から各ギヤの守備範囲を広げるためだけに存在する高回転部分。実用的なのは5000回転まででドラマティックなトルクの盛り上がりはありません。

メーターメーター(夜間)

コルトのターボ、ラリーアートのバリエーション

コルト・ラリーアート、フロント

様々なグレードが段階的に用意され、どれもが特別仕様車のようなコルトラリーアートのグレード。全体的に限定というカタチが多くなっています。

コルトのターボエンジン搭載グレードには、スポット増し溶接などされた限定車も出たり、エンジン出力アップなどいろいろ改良されていて進化しています。これで三菱が元気だったらと思うと、その点だけは残念で仕方ありませんね。

年次改良で追加されていったコルトラリーアートのグレード
  • 2005年デビュー・ラリーアートおよびラリーアートナビエディション(180万円)
  • 2006年追加・ラリーアート バージョンR(197万円)
  • 2007年追加・ラリーアート バージョンR レカロエディション(207万円)
  • 2008年追加・ラリーアート バージョンR スペシャル(230万円)
  • 2008年改良・ラリーアート バージョンR スペシャル(232万円)
  • 2010年改良・ラリーアート バージョンR CVT追加(184万円)
  • 2011年改良・ラリーアート バージョンR(185万円)

ラリーアートのブランドが付くグレードは、ミニサーキットならそのままでも乗れるクルマです。レカロシートまで付いてるグレードならなおさら。

バージョンRは最大出力が向上しています。

ミツビシ・コルト

ミツビシ自動車

colt (コルト・ラリーアート)

  • 試乗グレード:”バージョンR”
  • ミッション:5MT
  • 年式:2007y
  • 型式:Z27AG
  • 価格:約190万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」がお届けします
元自動車整備士

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

コルト・ラリーアート、フロント

レカロシート

コルト・ラリーアート、フロント

ラゲッジスペース4
ラゲッジスペースの床部分にはスペアタイヤを積んでいる。このあたりは時代を感じる。サーキットに行く場合はスペアタイヤあると安心できてありがたい。



静粛性が低いので、こんな加工してスピーカー付けてもあんまり意味ありません。ネタとして見てね。停車中に聞く??

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です