自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
HPヘッダー画像

(2015年記事 日産 デイズ
著:桃花)

デイズ(B21W)試乗レビュー「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車は日産の軽自動車、デイズ・B21W型

当ページは4ページ目です。

「ラゲッジと細かな特徴、評価総合」

日産
  • グレード:“ハイウェイスター”
  • 型式:B21W 2014y
  • 車両価格:107万円〜
  • デビュー年:2013年6月〜
デイズのインパネ1デイズのインパネ2・乗車時

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

新車時価格は約135万円。他の軽自動車より質感高い内装と優しい乗り心地が魅力の1台。


  1. 分割 - デイズ試乗「1」内装、エンジン、ミッション
  2. 分割 - デイズ試乗「2」乗り心地や静粛性など快適性
  3. 分割 - デイズ試乗「3」緊急回避に関連する走行性能
  4. ここ - デイズ試乗「4」細かな特徴と評価総合

関連: 背が高くなったハイト系デイズ、ルークスの試乗レポート

関連: 2代目デイズの試乗レポ!B44W型デイズ簡単レポート

ラゲッジスペース関連

ラゲッジ1

リアシートが大きくスライドするから、オーナーの使い方に合わせてラゲッジの使い方は調整できます。

リアシートを使う方はラゲッジをミニマムにセットすることでしょう。しかしこの状態だとハンドバッグさえきつくなります。男性のビジネスバッグ用といった感じです。

この場合は、リアシート足下に荷物を置くことができます

シートバックを倒した時の段差はなだらか

ラゲッジ2ラゲッジ3

ご覧の通り、段差がありません。長所です。角度的には前が上がっています。仕組みはしなやかに強度のあるパネルでシートの機構部分にフタをする感じ。また可能性としてはラゲッジフロアが高めに設定されているのかもしれません。

しかしデイズを始めとする軽自動車のこれを見てしまうと、コンパクトカーは何をやっているのかって思ってしまいます。

段差を隠すには、ヴィッツなんて数万円のオプションが必要なんですよ。マーチやノートだっていいものじゃありません。

その他の細かな特徴

試乗していて気付いた細かな特徴など。

内装1内装2ルームミラー

  1. シートベルトを先に締めてからエンジンを掛けないと、非シートベルトの警告灯が鳴る(運転席)
  2. シートベルトを締めていれば状況により「P」レンジでもアイドリングストップが動作。
  3. ナビゲーションのオレンジに光るスイッチ照明が眩しい。画面を消しても点灯していて消し方わからず。
  4. 助手席側ドアにもスマートキーの施錠解錠スイッチがある。
  5. 助手席シート下の小物入れ、荷物を入れていると走行中に飛び出てくることがある。
  6. Fカップホルダーは収納式。他の軽自動車同様、コンパクトカーよりリッチ。ただし通常のボトル(500mmサイズ)には背の高さ的に合わないのが残念。
  7. ルームミラー内にリアモニターが内蔵。低価格オプションで、ナビ代を節約することも可能。

別の方向性を持つ競合車、ホンダN-one

ホンダ同じような車両価格と同じようなボディのライバル車として、ホンダ「N-one」があります。

日産vsホンダという図式なわけで、ダイハツやスズキはイヤだ、という方は必然的にどちらかを選択することに。

ということでデイズとN-oneを比較すれば、キャラクターは全く別物。デイズはソフト&超短距離重視。N-oneはハード&ちょっと長距離もなんとか

  • デイズ・質感が低い反面、リアシート乗員への優しさが感じられる。
  • N-oneは全く反対。質感あるけど固くてきつい。

N-oneは軽自動車の走る質感をコンパクトカーに近づけ、デイズより高い走行性能だって持つ。でも乗員の皆様はガマンしてねって感じ。

段差で普通「ガチン!」のところが「カチン!」という音だから、オーナーは満足でしょうけど、隣にはあんまり乗りたくない。
ターボ仕様ではなくベースグレードからこんな感じです。

またデイズもN-oneも内装の質感は重視されたタイプで、シートで乗り心地を稼ぐタイプ。どちらのシート座面も良いですが特に良いのはN-one。シートに限って言えば、体重が重い方はN-oneを選んだ方が安心でしょう。

デイズルークス

日産

”日産”の第一号軽自動車がこのデイズで、第二号がデイズルークス。背が高い人気のハイトワゴンタイプです。

デイズとは同じクルマなんでしょうが、差は大きいです。エクステリアは想像以上に別物で、インテリアも高級路線で立派になっています。

やはりお値段高いというか高級軽自動車、しっかり差別化されてます。

外装と内装と思うこと

デイズデイズルークス

左の画像がデイズ、右の画像がデイズルークス

ボンネットの固さや位置、タイヤの位置などは一緒なんでしょうけど、こうしてみると同じ”デイズ”という車名を持つクルマには思えませんね。

デイズ、インパネとドアトリムデイズルークス、インパネとドアトリム

左の画像がデイズ、右の画像がデイズルークス

内装ではインパネ形状から大きく異なります。ドライバーから見て、デイズはセンタークラスター・インパネ中央部が盛り上がってるデザインなのに対し、デイズルークスは逆に凹んでいます。

形状が高級車ライクなデイズルークス

デイズルークスはドアトリムまで繋がる包まれ感あるデザインで、派手な装飾パネルを使用せずとも立派に見せています。光沢パネルも目立ちますが、元々のデザインこそ大事な部分。

ドア内張りは両車共に質感高いものの、やはりデイズルークスの方が立派に見えます。

運転や乗車感覚

乗り味も異なります。エンジンやミッション、ハンドルの回し心地などは一緒ですが、乗り心地やハンドリングのタイプは全くの逆と言っていいほどの違いがあります。

デイズルークスは背が高くなった分、サスペンションを固くしてあるのでしょうが、それだけとは思えないだけ差が感じられます。「お好みの方をどうぞ!」ということですね。

乗り心地に大きな違い

デイズが柔らかい&近距離重視。30分以上の乗車となると、リアシートに座っているだけでもツライ部分があります。

デイズルークスは引き締まってる&長距離も対応。固いといっても衝撃の吸収性はなかなかで、クッション性の高いフロントシートと合わせて乗り心地は悪くありません。

こんな感じでお値段違う分だけ、いやそれ以上に違いがあります。ほんと「お好みの方をどうぞ」という事ですね。よろしければ続きはデイズルークスのページで御覧ください。

デイズのメーター(昼)デイズのメーター(夜間)

デイズ総評

ボディ斜め後ろ軽自動車全体が高級志向にシフトしている中で、やっぱり高級志向なのがデイズ。

内装のシボやシートなんて、コンパクトクラスより立派なくらい。

乗り味は、乗り心地ゆったりでハンドリングも落ち着いたタイプ。ゆっくり&近距離走行がメインという交通状況で真価を発揮することでしょう。

軽自動車が走行性能まで上級指向になってくると、弊害もいろいろ。ボディサイズ的な走行性能が決まってるわけですから。

例えばホンダやスズキの一部車種、固くてカッチリ行きすぎです。軽自動車本来の「ご近所移動手段」として向かなくなってきています。

そうしたモデルと対局に位置するデイズ。例え走行性能がチープでも魅力はでかい。評論家に評価されず、ユーザーに評価されるようなクルマですね。

またさらに、日産ディーラーで日産の営業が胸を張って「日産のクルマです!」と紹介されるデイズ。日産ディーラーで気持ち良く購入出来る軽自動車、これもデイズの長所だと思います。

日産 デイズ

ニッサン

dayz (デイズ)

  • 試乗グレード:“ハイウェイスター”
  • 型式:B21W 2014y
  • ミッション:CVT
  • 車両価格:135万円
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」がお届けします
桃花

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です