日産マーチ(K13)試乗P2/ 静粛性とハンドリング

自動車購入の為の比較・試乗レポート(日産)
HPヘッダー画像

(2012年記事 日産マーチ
著:ヒラリー男爵)

マーチ(4代目K13)試乗「2」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートは4代目・日産マーチ。型式は「K13」グレード「12X」

当ページは2ページ目です。「静粛性とハンドリング感覚、乗り心地」を掲載。

日産
  • グレード:“12X”
  • 型式:K13型・2012y
  • 車両価格:123万円
  • デビュー年:2010年10月〜
K13マーチのコクピット1K13マーチのコクピット(夜間)

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

  1. 分割 - マーチ試乗「1-1」試乗詳細レポート
  2. ここ - マーチ試乗「1-2」静粛性とハンドリング感覚
  3. 分割 - マーチ試乗「1-3」シート・リアシートサイズ
  4. 分割 - マーチ試乗「1-4」比較と評価総合

関連: 2016〜17コンパクト比較(ベーシックグレード編)

関連: 2015コンパクトカー比較

試乗:静粛性

マーチのエクステリア、横快適性の主要因である静粛性について。

絶対的な評価で静粛性をチェックすると、うるさいのは仕方ありません。コンパクトカーが立派にスタイリッシュになっても、静粛性は価格なり。

車格というピラミッドはいつの時代だって感じられます。

静粛性は路面の善し悪しもあれば、それぞれの聴覚の敏感さ、耳の作りや年齢などによって聞こえ方が違ってくるらしいですし、またその日の体調によっても感じ方が違ってきます。

なので優劣を評価するのは間違いが大きい可能性もありますが、感じたことを記します。
(高級オーディオの評価よりはあてになると思います)

高速走行ではCVTが威力を発揮

ワイドなギヤ比を持つCVTのおかげで、高速道路巡航時でもエンジン音はレベル低め
一般道巡航でも気になるのは、風切り音とタイヤのロードノイズ、CVTのベルト音。

CVTからのノイズは減速時、キーンという音がします。他のクルマとの比較でも比較的広い領域で音がします。加速中は小さく”かっこん”と鳴ったりといった感じ。

ATだったらトータルでの静粛性は落ちても、不快なノイズが減るのかと思ってしまいます。しかし慣れればCVTだからこそのワイドなギヤレシオで、巡航時の低回転化。それによって上がっている静粛性に魅力を感じる気がします。

風きり音とロードノイズ

マーチのルーフマーチの静粛性で酷いのは風切り音。すきま風のようなスースーした感覚で鳴っています。「シャー」という上品な風切り音ではなくて「ザー」という耳障りな音。

次にロードノイズ。フロントタイヤから聞こえてくるロードノイズは小さめ。逆にリアタイヤから車内に入ってくるロードノイズは大きめ。リアからは「ゴー」という音が盛大にします。

マーチに快適に乗りたいときの約束事。

1.フロントシートはなるべく前方に出す。
2.リアシートには乗らない。これで快適です。

追記:新しくなった日産ノートもこんな感じです。リアからのノイズがものすごい。

乗り心地、コンパクトカーのライバルと比較

乗り心地を同クラスで比較すると、いずれ軽自動車に変わられていく運命にあるコンパクトカーと、軽自動車より維持費が高いだけの満足感を感じられるコンパクトカーと明確と2種類に分けられるのがよくわかる。

スズキ・スイフト(3代目)

柔らかめ+スムーズ感あるサスペンションで乗り心地いいし質感だって悪くない。ミドルセダンに迫る落ち着きだってある。大きなボコボコではストローク量が浅く「あれれ」と感じる場面もあるんだけど、残念ながらマーチでは勝負できません。

マツダ・デミオ(3代目)

フロントは高級感ある弾み方で輸入コンパクトのよう。一方でリアは安っぽく跳ねる。デミオは固めのサスペンションで、マーチの柔らかめだけどボコボコ拾うのとは違うキャラクター。フロントシートなら普通に満足できる乗り心地。多くのユーザーがマーチよりデミオの乗り心地を好むと思う。

日産ノート(2代目)

基本的にこのK13マーチと同じクルマらしい。ノートは乗り心地の重厚感、ゆったり感で優勢。マーチよりタイヤが上級な事もあるだろう。
サスペンションの感覚はストローク感あるけどギスギスした渋さもある。それでも比較すれば上位レベル。マーチとの比較ではノートに軍配。

トヨタ・ヴィッツやパッソ・ブーン兄弟

昔ながらの感触でグレードによって柔らかかったり固かったり。小さなボコボコでは良好と思える部分もあるが、カツンと来るような場面では最低レベル。総合すれば同レベルながら、ボコボコ道の身のこなしはマーチの方が上手。

ホンダ・フィット(初代と2代目も)

独特のヒョコヒョコした動きは不快度MAX。マーチの方が安っぽいけど普通で違和感ないフィーリング。マーチの方が乗員の不快感は少ないと思う。乗り心地のみの比較なら、筆者はマーチ。

試乗:ハンドリング

サスペンションハンドリングについては、街中での低速域では至って自然。電動パワステもだいぶ自然なフィールになってきました。

ステアリングの回し心地はなんだかザラザラ感があって、摩擦音のような何かも聞こえ、精密感は感じないが、かといって軽トラックのように荒っぽい感じでもない。

珍しいレベルのステアフィール

ワインディングでは、ちょっと頂けない不正確なステアリングフィールを感じる。最近ではこういった自動車が少ないために不思議な感覚さえ覚える。アクセルやブレーキの操作性がいいのでちょっと飛ばしたくなるのだが、速度を上げていくとどこかフラフラする。

そしてコーナー、速度によってステアリングレスポンスが異なる。低速で普通だとすると、少し速度を上げるとワンテンポ遅れ、またもう少し速度を上げるとツーテンポ遅れる
剛性感無し、コーナーによって感触が違うので、なかなか思い通りに走れない。

原因は何なのか?タイヤかもしれないし、剛性不足によるアライメント変化かもしれない。

ペースを上げてみる

マーチ・ストラットタワーアクセル全開をキープすれば1200ccでも結構加速する=それなりの速度がでる。

速度が高ければステアインが遅れる可能性があれど、丁寧な操作を心がければ問題なし。一世代前のマーチよりは安心して走れると思う。

適度なレベルでは、ペースを上げてみても、少々強引な動作をしてみてもオーバーステアにはならない。旋回ブレーキでもリアが出そうにありません。それではということで走行中、ハンドル切ってサイドブレーキを引いてみました。何の為って興味本位w

舵角が少ないときにはタイヤがキーキー鳴り出します。大きくハンドル切ってサイドブレーキを引くと、ピーピーとブザーが鳴り出します。挙動はもちろん、アレです。
アンダーステアが出る前の領域でハンドル切ってクックッっと。前が滑っちゃってからじゃだめですよ。

走行中のサイドブレーキでブザー

わかった事。サイドブレーキを戻すのを忘れて走行すると、ブザーで教えてくれる。サイドブレーキ引きずったまま走行すればブレーキがフェードしてしまうから、これは有用な安全機能。

ブレーキと減速感

時速80kmから強いブレーキを試すと、ABSの介入はわかりやすいタイプ。

タイミングはタイヤがキーキーいう前からABSが効き始めます。その際の動作はゴッ、ゴッ、ゴッ、ゴッと制御はゆっくり。ブレーキペダルにくる振動もこんな感じなのでビックリすることはありません。緊急ブレーキはブレーキペダルを蹴っ飛ばすように目一杯踏むのが鉄則。いつでもどこでもどなたでも、安心して使えるABSです。

コントロールしやすいブレーキ

コンパクトカーの中ではマーチのブレーキはコントロール性が高い印象。ピッチングもゆっくり動き、前後方向にピョコピョコしにくい。こうした部分もブレーキの扱いやすさに関係しています。

タイヤのせいもあって制動距離は長め。そこで、様々な踏み方を試してみました。

様々な踏み方が楽しめる

ブレーキペダルは、ガツンと蹴っ飛ばすように踏むと、すぐにABSが介入する。減速感は少ない。ただし、ビビッて強く踏めないよりはよっぽどいい。

同じ強く踏むにしてもジワッと強く踏む。ABSの介入は最小限だし、減速感も強い。速度が落ちたらブレーキ踏み力を少し弱めるとなおいい。減速感は変わらず。

ABSが付いていない自動車が当たり前だったころ、ブレーキング時のタイヤのグリップは風船に例えられました。思いっきり割ろうとすれば一気に割れる。ゆっくり割ろうとすればなかなか割れない。

今もタイヤのグリップレベルが低いときには有効みたい。でも、一番危険なのは、緊急の時に目一杯ブレーキを踏めないこと。ジワッと踏むのもなるべく素早く、ビビッてハンドルだけで避けようとしないことが大切です。

K13マーチのコクピット(メーター1)K13マーチのコクピット(メーター2)

近い存在、日産ノート(2代目)

マーチ in お台場K13マーチと同じようなクルマが、2代目ノート。基本的な内容は同じで、形状違いのような存在と言われている。

しかし!試乗すればマーチよりノートが良い!差は大きく、車内広さだけでなく走行感覚に違いがある。

また低価格であろうと想像出来る3気筒エンジンを生かす形で、ライバル他車と同じような車両価格で性能の優れた衝突軽減ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)を備えたグレードもある。

唯一、場合によっては欠点となるのが、ボディサイズ全長。ノート「4100mm」、マーチ「3780mm」とマーチより結構大きい。

日産 マーチ(4代目)

日産

march (マーチ)

  • 試乗グレード:“12X”
  • ミッション:CVT
  • 型式:“K13型・2012y”
  • 新車価格:123万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

マーチ in お台場
山道や空いている幹線道路の他、お台場周辺の一般道も試乗。都心からも千葉からも神奈川からも近い上に気持ちよく都市部を走れるから筆者の好きなコース。

マーチのルーフ
剛性アップの為?個性的なプレスラインが入っている。


ドアトリムはほんの少しだけ立体感を出している。そんなことよりこのデザインは??

アンダートレイはなし
ラゲッジアンダートレイはなし。制振材や吸音材のたぐいもなし。

マーチのハイマウントストップランプ
ハイマウントストップがLEDじゃないような・・・。

 

 

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です