アクア(マイナー後)評価P4/内装の質感と使い勝手

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2017年記事 トヨタ アクア
著:桃花&ヒラリー男爵)

アクア(2017マイナー後)試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート、試乗車はトヨタ・アクア(NHP10)。2017年マイナーチェンジ後のモデルでグレードは中間の「S」

当ページは4ページ目です。「内装の質感と使い勝手」などを掲載中。

アクア2017の内装1アクア2017の内装2
トヨタ
  • グレード:2017年式 “S” 
  • 型式:NHP10
  • 車両価格:187万円
  • デビュー年:2011年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-1」・ハイブリッドシステムと内装、スイッチ
  2. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-2」・乗り心地と静粛性
  3. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-3」・走行感覚・運転感覚
  4. このpage - アクア(マイナー後)試乗「1-4」・内装の質感
  5. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-5」・視界と試乗時の燃費
  6. 分割page - アクア(マイナー後)試乗「1-6」・比較と評価総合

試乗:内装の質感や使い勝手

アクア(マイナー後)アクア(デビュー初期)

左の画像が今回の2017マイナー後、右の画像がデビュー初期。

デビュー当初のアクアで内装は、デザイン悪し、素材感悪し、操作性悪し。つまり良いところなく、車両価格に割高感を感じてしまう原因でもあった。これは同時期のヴィッツにも共通するポイントで、せめてこの無骨な形状はなんとかならないものかと感じたのを覚えている。

アクアでも今回も無骨なデザインは大きくは変わっていない。それでも表面パネルの色調や光沢パネルにより立派に見えるように変化。またエアコンの操作性も改良されている。

内装1内装2

画像左。光沢パネルが使われてるから立派というわけじゃ、当然ない。立体感を出している部分に立体感を強調させるような模様が付いている。別にただの梨地でも良さそうな部分だけど、比べればやっぱりこっちがいい。

写真右。夜間の見栄えも向上。メーター文字色が変わったのも目立ち、質感が向上したのは夜間でもハッキリわかる。

全体的な質感でいえば、やはり今ひとつなのは変わらない。内装の中でもインパネ中心部を中心に、ある程度焼き直したに過ぎないと感じる。

エアコン操作部について

エアコン操作部1エアコン操作部(デビュー時モデル)

画像左が今度のアクア。画像右がデビュー時のアクア。ここのデザインはレベルアップし、同時に使い勝手も向上。

エアコン操作部2エアコン操作部3

ダイヤルの回し心地は相変わらずチープ。といってもクラス的に常識的なレベルで文句はない。このダイヤルは温度調整なんだけど、場合によっては温度調整という事が伝わらないかもしれない。割合としては1%くらいのユーザー?

風量のマニュアル調整はシーソースイッチで使いやすい。スイッチ表面に凹凸があるわけじゃないけど、手探りで押しても間違えることはない優れたスイッチ。

エアコン操作部4

内気・外気循環の切り替えとデフォッガーは明確に分けられた。ストロークが浅くスイッチの押し心地に古さを感じる。使用頻度が低い機能ならば問題ない。

そして重要なのはスイッチのサイズ。どのボタンもかなり大きくなり、操作性は大きく向上している。使用頻度の少ないスイッチでさえ、大きくわかりやすくと非常にユーザーフレンドリー。

スイッチを大きくレイアウトすれば、質感的な評価は悪くなりがち。緻密さが大味になっちゃうわけでしょ。それでも初期モデルと比較すれば圧倒的に立派に見えるのは素晴らしい。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1

アクアのラゲッジスペースは奥行きに広さがある。同世代のヴィッツと比較しても奥行きがある。アクアはリアシートよりラゲッジを優先しているのだろう。乗降性の悪いリアシートにスペースを割り振るより使い勝手は高まっていると思う。

ラゲッジ奥行きは中央部の実測でおよそ70cm。カタログ値では72cmということだから、リアシート後端限界までメジャーを食い込ませて測れば72cmということだろう。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

その他、今回未確認なのはトランクを使いやすくするトランクボードの存在。トランクフロアは1段高くし、リアシートを倒した時の段差をなくすボード。オプションで用意されていると思う。
ヴィッツでは試しているので、使用感など気になったらそちらでご確認下さい。

ラゲッジスペース4

テールゲートとかハッチゲートなどと呼ばれる、後ろのハッチについて。

アクアのテールゲートを開閉した時の感触は、従来ながらというか、渋くスムーズさを欠くものだった。まだクルマが新しかったからというのもあるが、残念ながら別の車体でも同じようなものだ。

それでもアクアのテールゲートはハッチ自体のサイズが小さく軽い。だからどちらかといえば軽く閉めることができる。それからハッチが上がる高さも低い。これで重く感じるようならチカラの入れ方を工夫し、腕だけではなく体重を使えばラク。ハッチに若干のヤワさを感じるけど、少しだけぶら下がるようにチカラを加えてみるのもいいかも。

オプションでスペアタイヤが用意される

標準はパンク修理キット。スペアタイヤはオプション設定で用意される。

日常的なパンクなら修理キットの方が簡単。しかしパンク以上のタイヤ破損に関してはスペアタイヤがないと対応できません。
ご自身でタイヤ交換できる方ならスペアタイヤという選択肢も。オプション設定がないクルマと比較すれば、断然親切です。

アクア2017のメーターアクア2017のメーター(夜間)

ちょっと息抜き・カップホルダーについて

ドリンクホルダー1ドリンクホルダー2

センタークラスターのエアコン操作部が、運転席側が下に伸びて左右非対称の形状をしている。そのためかフロントセンターのカップホルダーは斜めにレイアウトされ、写真のようにオフセットしている。

これにより左右ドリンク間にスペースが確保されている。余裕があるから手探りで取るにしても置くにしても使いやすい。一方で、背の高いペットボトルを置こうとすると、これでもまだセンタークラスターの出っ張りが邪魔をする。頭が引っかかってしまいがちだから、ここは背の低い飲み物限定と考えたほうがいいかもしれない。それならば使い勝手良好。ペットボトルはドアのカップホルダーにどうぞということですね。

トヨタ アクア

トヨタ

aqua (アクア)

  • 試乗グレード:“S”
  • ミッション:電気式無段階
  • 年式:2017y
  • 型式:NHP10
  • 新車時価格:187万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • エンジン型式:1NZ-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:4050×1695×1455mm
  • 車重:1090kg
  • 発売時期:2011年12月〜
  • 新車時価格帯:169万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします。
桃花ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






スペアタイヤはオプション設定で標準はパンク修理キット。





アクアに乗り込む時のイメージ。昼間と夜間。




インパネの収納部はフタがないタイプだけど、目障りになりにくい作りをしている。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。