自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2024年記事 トヨタ
 & 

クラウンクロスオーバー「3」
乗り心地と静粛性

間違いいっぱいの自動車選び。クラウン(クロスオーバー)の試乗レビュー。

3ページ目です!

「高性能!だけど感覚に合ってるのか」

トヨタ
  • グレード:“G”
  • 年式:2023年式
  • 車両価格:475万円
  • デビュー年:2022年10月
クラウンクロスオーバー内装1・インパネクラウンクロスオーバー内装2・インパネ

試乗:乗り心地

クラウンクロスオーバー:夜の内装インパネ

クラウンクロスオーバーで感じた乗り心地。筆者としては、小改良やマイナーチェンジを待ちたい乗心地と感じました。

動くサスペンションに柔らかいタイヤ

サスペンションの性能は高く、微低速域で特に、良く動きます。短いストローク域で細く上下動。
でね、動きすぎでしょ!?ってくらい動く

加えてタイヤも柔らかいから、衝撃は相当に柔らかく、特定の場面ではビックリするほど滑らかに越えていきます。

サスペンション1サスペンション2

良く動いて衝撃柔らかく、でも時折、高剛性ボディらしいタイトなコツコツは感じる。弱いコツコツね。

ピョコピョコとブルブルが続く感覚

このコツコツは大した問題じゃないです。無問題。
気になるのは、ピョコピョコが続いて、タイヤがブルブルしてる落ち着きの無さ

タイヤ(19インチ)柔らかいけど、しっとりとは真逆の乗り心地。終始ピョコピョコブルブルしてる印象

もうちょっと締めてと、お願いしたくなるくらい。

試乗したクラウンクロスオーバーはoddメーター1万km。古いわけじゃないです。ピョコピョコしてる様子は動画でもわかりますので、よろしければご覧ください。

人間の感覚にあってるのか?

ボディフロント斜めクラウンクロスオーバーは高性能で優しいんだけど、人間の感覚に合ってる?と感じる部分をあちこちで感じます。

乗り心地がそうだし、静粛性もそうだし、操縦感覚もそう。

「思い通りに走らせたい」と考えたら、LDA切って、PDA切って、余計なことしないで!ってお願いしなくちゃならない。

いざという時考えたら、安全機能は切りたくないし、すると今は過渡期なのかもね。

今回は自分達スタッフで意見が一致したんだけど、古い人間なだけかも。
自分たちの年齢は40代。クラウンのターゲット層は上と下という可能性。

リアシート乗り心地

クラウンクロスオーバー:りあしーと

ソファのように座れば、そこはビッグセダンの着座姿勢。お尻を前に出してだらっと座ればそれは気持ち良い特等席

ただ乗り心地は、上記フロントシート乗り心地の延長線。
ピョコピョコブルブルにプラスして、横にブルっとする感覚もある。

熟成に期待!

リアシート・シートバック4輪がバラバラに動いてくれる感覚は高性能!って感じだけど、片側だけ沈むのがロールに近い感覚なのか、沈んだ時にトーが内側に振られるイメージ

体感的には、スタビライザー強めるとかで片輪ずつの動きを制限したほうが自然かも、なんて思ってしまいます。

実際の直進がブレるわけじゃないので、感覚なだけです。いつの間にか改良されていることを期待します。

 


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

試乗:静粛性

クラウンクロスオーバー:ボディサイド

クラウンクロスオーバーの車内静粛性。静かなのは間違いないけど、もしかしたら好みが分かれそうな特性です。

低音域をしっかりカット!

およそどんな路面を走っても、低域のゴロゴロしたノイズがカットされています。
低域をカットしてるくらいだから、高い音はもちろんカット。

シート静かだから逆に、エンジンやファンの音が目立つのはあるんだけど、サスペンション周りからのカチャカチャ音は相当に抑えられています。

コトコトはいうけど、カチャカチャは鳴らない。高い質感を感じます。

静か!でも、疲れる特性?

低域と、中高域がしっかりカットされる代わり、中低域が気になると言えなくもない。「ヌケの良い音」に対して「こもり音的」とも。

ボディサイドのライン筆者にとってこれは耳疲れする音。

もし、疲れるヘッドホンや疲れにくいヘッドホンなどと好みがある方は、気にされてみたらよいかもしれません。

ファンの音、これは仕方ないのかな

リアシート下のバッテリーを冷却しているファン、豪快な回転数で回っています。これが停止中や低速走行中に気になります

リアシート「仕方ない」けど「もったいない」。

例えば車外に向けるとか、解決策があれば良いんだけどね。

直進性とクルーズコントロール

クラウンクロスオーバー:ステアリングスイッチ

クラウンクロスオーバーはさすがロングホイールベースに高剛性ボディといった感じで、高い直進性をキープしてくれます。

ボディ横幅大きいから、ドライバーが不安になって小刻みに操作してしまうのもわかるんだけど、余計なことしなければビシッと直進します。

高い直進安定性

ハンドル中心付近は軽く抜けていて、固められていないタイプ。また操作に対する効きはよく、細かな操作にしっかり反応してくれる。
さらにサスペンションも柔らかいんだけど、直進性が高い。

ボディサイドこれはクルマ自体の直進性が高いから可能だろうと予想できるし、性能高いからこそと思います。

手を小刻みに動かしたりせず、ほおっておけばビシッと走ってくれます。

ACCのレーンキープも快適

ステアリングスイッチ全奏者追従クルーズコントール+操舵支援でレーンキープ。

加減速が自動なだけでなく、レーン中央をキープしようと操舵してくれる機能です。

この直進が、安心して任せられる。元の直進性が高いからこそ、不快感なく使えるのだと思います。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。一部の画像は拡大します。

メインメーター(昼)メインメーター(夜)

動画:乗って感じた魅力7箇所

乗って感じた魅力、長所と感じた部分を動画で述べています。走行中の映像は、高い直進安定性もおわかり頂けると思います。

乗って感じた魅力・クラウンクロスオーバー

トヨタ クラウンクロスオーバー

トヨタ

CROWN (クラウンクロスオーバー)

  • 試乗グレード:“G”
  • 型式:AZSH35
  • 年式:2023年式
  • 車両価格:475万円

概要

  • 排気量:2500cc+モーター
  • エンジン型式:A25A-FXS
  • 車重: 1760kg
  • ボディサイズ: 4930×1840×1540mm
  • 発売開始:2022年10月
試乗レポ・ライター

「元お車整備士」と「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

室内設置タイプの専用品

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




試乗や比較が難しい中古車も、より具体的なレビューでぜひ!
自分の言葉で!研ぎ澄ました感性で!

違いを感じる練習、試し失敗した経験、一貫性ある運転で試乗レポート。
受け売りでなく、カタログ的でない。紹介ではなくレビューです。

特徴を明確に!写真もできる限り!

評論家さまとの違いは、率直な表現と自由度の高さ。辛口といえば辛口です。
評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社