タント比較評価P6/比較と評価総合

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ試乗レポート
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2015年 ダイハツ タント
著:ヒラリー&桃花)

タント(LA600S)試乗「6」

ダイハツの軽自動車、タント(3代目)の試乗レポート。タント、グレード「X」CVT仕様です。

当ページは6ページ目です。「ライバル車比較と評価総合」など掲載。

  1. ターボ付きのタント・カスタムRSにも試乗しました!2016年式タントカスタム試乗レポ
タントカスタムの内装6タントカスタムの内装7
ダイハツ
  • グレード:”X"
  • 型式:LA600S
  • 車両価格:134万円
  • デビュー年:
簡単な試乗による簡単な試乗レポ、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視でより一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。

ホンダN-BOXと比較

タントの後出しのような存在がホンダのN-BOX。やはり室内スペースを重視した乗用タイプの軽自動車です。

このN-BOXの凄いところは、売り行き絶好調なのはご存じの通り。そしてその売り上げと優れた走行感覚の2点を両立していること。これは珍しいと思います。

上半身と腕

利便性に近い快適性ではまず、助手席スペースでタント優勢。N-BOXに関わらずホンダのセンタータンクレイアウトは助手席足下が狭いのよね。

リアシート快適性は上半身でタント優勢。下半身でN-BOX。

左の画像はウェイク。ドリンクホルダー上に腕を逃がせるの図。

写真はウェイクだけどタントも一緒。軽自動車の欠点を相当に軽減している。
右の画像はN-BOXのリアドリンクホルダー。N-BOXは普通に軽自動車らしく、外側の腕のやり場に困ります。できればもう少し窪んで欲しい。

続いて下半身の画像

左の画像がタント(カスタム)。シートを後ろに下げているんだけど、かかとの位置が変な位置で不自然な姿勢。前に出しても、座面の低さから違和感高い座り心地だし、乗降性も低いです。せっかくのスライドドアなのにね。

右の画像はN-BOX。シートアレンジの充実はそのままに、かかとの部分に広いスペースが用意されています。実際に広く使えるのはコッチでしょう。公園のベンチシートみたいで見た目が悪いのが玉に瑕ですが、乗り降りもしやすいし、普通の姿勢で座りやすい作りです。

ただN-BOXの場合、リアシートのスライド機構は兵十ではなし。スライド機構はモデル途中からグレード別オプション設定。だから基本的にはスライドしません。タントはリアシートを前に出せるから、お子様乗せるならタントの方が便利。追突された時の安全性を考えても、出来る限り前に出したいところ。

運転感覚の違い

N-BOXの方が優れている点は、フロントシートでの乗り心地やハンドルを握った時の操縦感覚。このあたり、時速60km以下の市街地走行に最適化されている印象が強く、日常使いの領域で快適、そして走りやすいんです。

本当はN-BOXだってバランス悪い機敏さがあって、そんなによくはないんです。タントよりはあれですが、ウェイクやデイズハイウェイスターが走りやすいと感じます。

エンジンを始めとする動力性能では、N-BOXの方が力強く感じ、高回転では速さを感じさせるほどです。ターボ無しエンジンでも力強く、ターボ無くてもいいかなと思える加速力。ミッションの変速感覚ではタントが落ち着きで立派ですが、巡航中も合わせて総合的にはエンジンノイズの音質など含め、N-BOXの方が質感をを感じさせてくれます。

タントカスタムについて

ムーブにカスタムがあるようにタントにもカスタムが用意されています。ダイハツお得意の作戦で、少しでも高いクルマを売りたいと言わんばかりの戦略ですが、ユーザーにすれば選択肢が多いのは嬉しいこと。

タントカスタム・フロントタントカスタム・リア

タント・カスタム(ターボRS SA3)のエクステリアとタントカスタムのイメージ画像。
若々しく立派!これぞカスタム系軽自動車ということで、別ページにて試乗感をまとめています。

カスタム系の相違点

  • 外装のデザインが一部異なる。バンパー、グリル、サイドステップ、リヤスポイラー、リヤガーニッシュ、クリアコンビランプ。
  • 内装のパーツ、素材が一部異なる。センタークラスター、タコメーター、液晶ディスプレイ、本革ステアリング。
  • ヘッドライトがディスチャージになる。
  • スタビライザーの追加。グレード「RS」のみ、フロントにサスペンションスタビライザーが付く。

※上記は基本的に前期型タント「X」132万円と、タントカスタム「X」155万円の装備比較。

タントは元々が高級軽自動車。そしてBピラーレス&スライドドアという、タントでなければならない理由があるモデル。だから積極的に指名できるクルマ。なのでカスタム系が割高かどうかという評価は必要なさそう。内外装のデザインそして充実装備が気に入ればタント・カスタムで決まりです。


タント評価総合

エクステリア・リアクォーター

 背を高くして室内を広く、両側スライドドアにBピラーレスで乗り降りをラクに。気持ち良いほどコンセプトが明快なクルマ。ただ広いというだけじゃなく、例えばリアシートで外側の腕を逃がすスペースが確保されていたり、ボディ側面のスライドドアのレールがカモフラージュされていたり、やっぱり明確で明快。

バランスを重視して中途半端なクルマって、ほんと影が薄い。やっぱり強烈な存在価値があるからこそ、ユーザーは気持ち良くお金を出せる。タントはそんな事を思わせてくれます。

今回、長時間運転したタントは、27年式モデル。同世代にはスペーシアやEKスペース/デイズルークスといったライバルが揃います。でも選ぶならタントが安心。弱点と言えば他車より売れてる台数が多いということくらいかな。

一方でハンドルを握るドライバーはちょっとガマンが必要。リアシートの乗り心地だってお世辞にも良いとはいえず。燃費だって軽量系の軽自動車と比較すれば分が悪い。コンセプトに忠実ということは、妥協される部分も大きいということですね。

ダイハツ タント(3代目)

ダイハツ

Tanto (タント)

  • 試乗グレード:“X”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成27年式

概要

  • 型式:LA600S
  • 価格:134万円
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」がお届けします
桃花

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

Bピラーレスのスライドドア
Bピラーレスのスライドドア
Bピラーレスのスライドドア
3代目タント(X)のエクステリアとインテリア。






タントカスタムのエクステリアとインテリア。

以下、2代目タントの内装など


2代目タントの車内バリエーション。やけに強調されるオーディオ&エアコン操作パネル。
下はカスタム系ブラック内装。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。