自動車の比較と評価・ホンダ

2021年記事 N-BOX
著:桃花&ヒラリー男爵

N-BOX試乗レポート「3」
ハンドリングなど運転感覚

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車は「N-BOX(2018年式)」

当ページは3ページ目です。

「素晴らしいパワステのフィール」ほか

ホンダ
  • グレード:“G・L”
  • 年式:2018年式
  • 車両価格:143万円
  • デビュー年:2017年
N-BOXダッシュボードN-BOX内装・運転席

ホンダ「2代目N-BOX・型式JF3」、グレード「G・L」の試乗レポートです。

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!


  1. NBox試乗「1」特徴概要とエンジン
  2. NBox試乗「2」快適性(乗り心地/静粛性)
  3. NBox試乗「3」運転感覚
  4. NBox試乗「4」ボディ見切りと細かな長所短所
  5. NBox試乗「5」内装質感(フロント)
  6. NBox試乗「6」内装(リア)とラゲッジ
  7. NBox試乗「7」簡単比較・評価総合

 

試乗:運転、走行感覚

N-BOXボディイメージ

最も強く感じたのは、パワステのフィーリングが良好!という点です。

パワステが好印象!

ステアリングN-BOX凄いです!ハンドルを回す感触が凄いです!

中立は後輪駆動車のように軽く、切ったり戻りしたりすれば手応えが変化。違和感だってほぼほぼ感じません。

軽自動車らしさを感じにくい

今までの軽自動車って、目をつぶっても軽自動車ってわかるだけ、特徴的なステアフィールだったと思いません?

重くてもドッシリしてなくて、戻りはやけに急で...etc.

ボディリア斜め筆者ヒラリーも構造上から仕方ないと思っていたけど、N-BOXは違います!
小型車クラスもビックリな普通車感覚。

パワステのマジックなのか何なのか、連想するのはもう、ホンダマジックw

試乗されればすぐにわかると思います。

少しだけ、ひとつだけ、ふたつだけ

一つはわかりやすい点
中立付近の軽さと、クルマの反応。ちょっと過敏かも。

二つはマニアックな点
舵角が大きい時、アシストが遅れるような感覚。意図的かもしれないし、モーターパワーの問題かもしれないし、理由はわからないけどワンテンポ遅れてのフィール変化が気になりました。

エンジンの振動少ないから楽!

エンジンルーム軽自動車を始め3気筒エンジンで気になるのが振動。N-BOXではハンドルやペダル、シートに伝わってくる振動が少ないです。

ていうか、これで文句言ったらコンクリート詰めにされちゃうレベル。素晴らしく低振動です。

これなら体調悪い日でも、体が敏感な日でも安心です!

先代N-BOXと比較して上質感向上

ホンダ2代目N-BOXのハンドリングは穏やかさが特徴。

ハンドル中立付近の軽さから、慣れないとフラツキを感じるかもしれませんが、きっとすぐ慣れます。

そんな慣れた状態だと、先代より上質だと思えます。

先代の方が軽快感という面で良かったけど、急に機敏になる領域がありました。

レーンキープが邪魔しない

2020〜21年ころのトヨタ/ダイハツ車を運転すると、レーンキープサポートが邪魔というか、介入しすぎと感じることが多々あります。

「走りやすいクルマなのにもったいない」と。
N-BOXのライバル車である「タント」では特に気になりました。

ステアリング(夜間)試した限りN-BOXは、レーンキープサポートをOnにしてもOffにしても、ハンドルへの影響は気になりませんでした。

白線の認識率の問題やドライバーの好みあるかと思いますが、筆者ヒラリーはこれくらいが好ましいと思いました。

試乗:CVTの印象

N-BOXボディデザイン

エンジンと同じかそれ以上に、「運転しやすさ」「パワー感」に関係してくるミッションとCVTの制御キャラクター。

運転しやすいCVT

ゆっくりで扱いやすい

走行イメージ市街地走行を始めとしたゆっくり走行時、N-BOXは余計な神経を使わず加速・巡航できます

こんなシチュエーションはアクセルOn-Offが多く、クルマによってはギクシャクや空走感が目立ちます。
その分逆に、ここで優れたCVTは、「気合い入れて作られたクルマ」と感じちゃいます。

踏んでも上質

巡航から踏み込めば、緩く加速を始めながらエンジン回転数を上昇。美味しい4500rpmまで上げて、本格的な加速に移ります。

瞬時に回転数を上げるクルマからすると、本格的な加速までは時間がかかる印象。でも、ギコンとかガコンとか衝撃がなく、タメがある上質感です。

エンジンブレーキは弱め

シフトセクレターアクセルを緩めたり離した際の反応はちょっと弱め。穏やかって感じです。

ここはCVTによって違いが大きな部分で、瞬時に回転数落としたり、回転数キープしたり、メリハリ強かったり、ギクシャクしたり、衝撃感じたり。

気にされると意外にも、クルマ選びを楽しめるポイントになりえると思います。

動画:質感高いエンジン・音・加速・CVT

2020/12のマイナーでさらに改良

試乗車は2018年式のN-BOX。このCVT制御も優れた印象だけど、2020年12月のマイナーチェンジで、より良い方向に改良されたらしい。

どのメーカーもCVTのフィーリングはどんどん進化させていて、一昔前と比較すれば良いクルマばかり。このN-BOXなんて「もうこれでOK!」くらいに良いと思ったけど。

こんな改良らしい

マイナー後モデルは未試乗なのでメーカーの言葉をお借りします。

「アクセルを踏んだ際のレスポンスはドライバーの意思により近く、離した際はエンジンブレーキを強く」らしいです!

N-boxメーター(昼)N-boxメーター(夜間)

ブレーキのフィーリング

ペダルレイアウト

他の軽自動車よりアチコチ優れているN-BOXも、ブレーキのフィーリングは一般的でした。やはりここは、ボディサイズの影響が大きいのかな?

もちろん、踏めば踏んだだけブレーキは効きます。
気になるのは、ペダル手前のわずかな部分。

「0」と「1」の間というのかな、踏み始めや抜ききる瞬間、丁寧な操作を行おうとすると、滑らかにコントロールしにくくかったりします。

フロントサスも、ハンドル操作も、アクセル操作もコントロールしやすいN-BOXだからこそ、どうせならブレーキも...と思っちゃいます。

ホンダ N-BOX

ホンダ

N-BOX

  • 試乗グレード:“G・L”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2018年式
  • 車両型式:JF3
  • 新車価格:143万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:S07B

その他概要

  • ボディ寸法:3395×1475×1790mm
  • 車重:900kg
  • 発売開始時期:2017年〜

車両型式

  • JF3 - FF
  • JF4 - 4WD
試乗レポ・ライター

当記事は「桃花」と「ヒラリー男爵」がお届けします
桃花ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び