試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
HPヘッダー画像

2013年記事 ポロ-ハイライン
著:ヒラリー男爵

VW ポロ(6R)試乗評価「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。VWポロ(6R型)「TSIハイライン」の試乗レポート。

当ページは3ページ目です。

「ドラポジ・リアシート・ラゲッジ」

VW
  • グレード:“ハイライン”
  • 年式:2012年式
  • 型式:6RCBZ
  • 車両価格:242万円
  • デビュー年:2009年10月〜
ポロ-ハイライン内装5ポロ-ハイライン内装6夜間

6R型と呼ばれる5代目のポロ。2012年式でターボ付き1200ccの試乗レポートです。


  1. 分割 - ポロ試乗「1」エンジン・ミッション・内装評価
  2. 分割 - ポロ試乗「2」ハンドリングや足回り質感、静粛性
  3. ここ - ポロ試乗「3」ドラポジやリアシート、ラゲッジ関係
  4. 分割 - ポロ試乗「4」燃費や加速など他車比較、評価総合

ドライビングポジション

ポロのインパネデザイン

ドライバーズシートに収まれば、さすがゴルフ譲りの包まれ感と評価できる。なんといってもインパネの天地方向の高さは国産実用車とは思想が違う。

開放感から気軽さ、包まれ感から高級感を感じるとすれば、ポロは高級感を重視される方にピッタリでしょう。
その分、ちょっとコンビニとか、細い道に入っていくにはダルさを感じる。

ペダルレイアウトペダルレイアウトは車体中央より。だけど不思議と、左足ブレーキしか受け付けないというわけじゃない。

思えばFIAT500は左足ブレーキが推奨されるレベルだった。

インパネが高めで包まれ感強い。だから左側の感覚がとりにくい??こんな場合はシートリフターで座面を上げちゃえば大丈夫

センターアームレストシート位置は外側寄りにデザインされているから、2人乗車の時の快適性は高い。

カップルディスタンスは広めでシート間距離は19cmくらい。

一方で右腕部分が狭くなっちゃうのは仕方がないところかな。ドア内張に手を掛ける方は試乗時に要チェック!


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

悪天候時でも走りやすい

数日間の試乗時、ちょうどよく?風速35メートルレベルの強風の日があった。

左の写真は強風の中、旅立つ直前!w

悪天候時に無理して飛び立つ零戦パイロットの気分を味わいつつ、ドライブなんてしなくて良い日に試乗スタート。

しかし雨は降らず視界は良好。そしてポロを運転していると風でビックリしてしまう挙動が少ない。零戦ではなく全天候型のF101に乗っているよう。ははは。

ハンドル取られたり、いつの間にか車線から外れているような時が少ないです。

VWの直進性

平常時にはビックリするような直進性なんて感じられなかったポロ。悪天候時には直進のしやすさを実感

真っ直ぐ走るんじゃなくて、真っ直ぐ走りやすい。クルマがどっちに走りたいかがハッキリわかる。

同じ日に、他車でも走行してみました!

ステアリングインフォメーションの豊富な、よくできたミドルセダンはポロといい勝負。

またプリウスのレクサス版みたいなクルマは、反対側の車線に進行方向が向いちゃったり。VWポロの良さを確認しました!

試乗:リアシート

スペースと着座姿勢

リアシート1リアシート2

VWポロのリアシートはミニマム。そして着座姿勢もよろしくありません

座面先端が盛り上がっている上に座面下が大きく張り出している。かかとの逝き場所がありませんぜ。ついでにシートバックも小さいしヘッドレストも伸ばさないと邪魔で全然座れず。

快適性

快適性は、リアシートでも静粛性高いのが特筆事項。逆に座面が悪く、振動が伝わり続けるのも特筆事項。自動バイブレーターだと思えば悪くない!?

リアシート3

上の写真は身長172cmの男性がドライビングポジションを取った状態。

左の写真は身長182cmの男性がドライビングポジションを取った状態。国産コンパクトでいうとスイフトと大差なし。デミオならもっと座りやすいかな。

シートバック角度、シート座面下スペース、センタートンネルなど、ちょっと着座姿勢が苦しい場合は、座り方を考えればOK。

そもそも欧州では、Bセグ・コンパクトをファミリーカーに使うという文化はないらしい。プライベートな自分専用車ということですね。それならこの座面は荷物置きにピッタリ。

しかしホンダのフィットって、やっぱり凄いのね。フィットそれから日産ノートの広さ。ボディ全長は同じくらい(ノートは少し長い)なのよ!

試乗:ラゲッジスペース

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースで触れたいことはありません。筆者が試乗した中で比較して、普通です。

国産車、特に2代目フィットや2代目ノートと比較すれば狭いけれど、奥行きは61cmとヴィッツやデミオくらい。一般的なBセグレベルは確保されています。

リアシートも荷物置きと思えばこんなモノでしょう。

参考までに寸法はだいたいの計測で以下の通り。

  1. メイン部分・・・奥行き61cm x 幅93cm
  2. アンダートレイ・・・奥行き68cm x 幅93cm x 高さ14cm
ポロ-ハイラインメーター1ポロ-ハイラインメーター夜間

試乗中こんなところも気になった

日本では自動車産業が基幹産業なだけあり、なじみ深く評価の基準になるのはやはり日本車。ということで日本車と違う細かなポイントについて。

エンジンフード裏側リアセンタートンネルドアワイパーレバー

  • (左上)エンジンフード(ボンネット)裏の遮音/吸音シート。日本車ではお約束程度についているけど。ポロのそれは厚みがあった。効果は不明。
  • (右上)リアシートセンターの足下。センタートンネルはFR車のように盛り上がってる。下から覗けばマフラー配管が通っていた。
  • (左下)注目はガラスの水切り部分の後端。硬質ゴムなんだけど尖っている。当たるとイタイ。筆者は1日数回のペースでぶつけまくり。
  • (右下)ヘッドライト操作は奥に見えるダイヤルを回す。プルスイッチにもなっていて、このポロでは2段階引ける。1段引いてフロントフォグ点灯、2段引いてリアフォグ点灯。

VW ポロ

フォルクスワーゲン

POLO (ポロ)6R型

  • 試乗グレード:“ハイライン”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2012年
  • 型式:6RCBZ
  • 価格:242万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



シートバックと足下がきつい・・・。お好きな姿勢でどうぞ。




アンダートレイは文中にて。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です