自動車の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ

2021年記事 ダイハツ タントカスタム
著:元車整備士&ヒラリー男爵

タント(カスタムRS)試乗「5」
リアシート&ラゲッジ

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。「カスタムRS」ターボエンジン搭載車の試乗レポート。

当ページは5ページ目です。

「内装・リアシートとラゲッジスペース」

ダイハツ
  • グレード:“カスタムRS”
  • 年式:2020年式
  • 車両価格:185万円
  • デビュー年:2019年7月〜
タントカスタム・インパネ1タントカスタム・運転席

2020年式 ダイハツ「タント・LA650S」です。

先代から走行的質感は大幅アップ、カスタムらしさは大幅ダウン。カスタムはタントの上級グレードです。


  1. タントカスタム試乗「1」特徴、カスタムへの期待
  2. タントカスタム試乗「2」乗り心地など快適性と走行感覚
  3. タントカスタム試乗「3」エンジン、CVT、細かな長所短所
  4. タントカスタム試乗「4」フロントシート内装
  5. タントカスタム試乗「5」リアシート内装とラゲッジスペース
  6. タントカスタム試乗「6」燃費、評価総合

内装(リアシート)

タントカスタム・リアシート

広いのは当たり前という中で、Bピラーレスはそのまま、リアシートは乗り心地も静粛性も座りやすさも進化してきました。「広い」というよりは「座りやすい」リアシートです。

快適性がなかなか良好

広くて便利!という部分が大きく取り上げられるハイトワゴンですが、このタントカスタムは快適性もなかなか良好です。1時間以上のドライブにも対応してくれます。

段差での衝撃

リアシート(快適性)

段差での衝撃はそこまで不快ではありません。先代のタントカスタム(ターボ車)からは、全く想像できないほどです。

理由は明確で、サスペンションが硬すぎないからでしょう。フロントサスペンションの方が立派な質感を持ってストロークしますが、リアサスだって良い感じです。

LA650というこのモデルになり、最も嬉しい進化と思える点です。

前後左右のゆすられ感

リアシート(乗り心地)

こうしたボディサイズ、ディメンションのクルマですが、揺すられ感は想像より弱かったです。
これも乗り心地に好影響を及ぼしていると思います。

サスペンションがガチガチのクルマだって、揺すられ感が強いことがあります。
なのでこの辺はシャシーやジオメトリーが、乗員に揺れを伝えにくい設計が予想できます。

着座姿勢が良好!

着座姿勢1着座姿勢2

ハイトワゴン系って、「広いけど座りにくい」クルマが多い印象です。リアシートたたむ都合というか、シートアレンジの都合というか、そんな部分でしょうが、広さはあるのに座りにくい姿勢をされられちゃいます。

そこがこのタント、かなり良いです!最も良いと感じたのは、フロアから座面の高さ。
身長172cmの自分が、ちょうどよく座れます。

着座姿勢(一世代前)

一世代前のタントとかデイズルークスとか、こんな感じ。大げさじゃないですw

膝を抱えるような姿勢なので、落ち着かないし、お尻が痛くなっちゃいます。


微振動は気になる

リアドアの内張り

内装のミシミシ、ギシギシ、走行中は気になる時間が長いです。
乗り心地がガタピシしているわけじゃないけど、内装やどこかからの音が気になります。

タントに限ったわけじゃなく(例えばアイシス)、Bピラーレス車らしい微振動もしくはミシミシ感はノイズ的な部分で残っています。

 


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

リアシートのスペース

タントカスタム・ラゲッジスペース

広いのは当たり前になりました。便利なのも当たり前。すると次に望まれるのは、快適な広さでしょうか。

リアシート、ここが良いです

シートレールの出っ張りは気になりません

リアシート(シートレール1)リアシート(シートレール2)

フロントシートが大きくスライドするのは非常に嬉しいポイント。でも同時に、シートレールがじゃまにならないかと心配にもなります。

確認してみればご覧の通り。ご安心ください

最近はフロントシートのスライド量が広いクルマが増え、シートレールが邪魔なクルマも多いですが、タントは大丈夫!

あえて言うなら、指挟んだり、ハダシだったら足の指もね、そうした心配もわずかにといった感じです。

リアシート、良いけどもう少し!

肘を逃がすスペース

リアシート(腕1)リアシート(ドリンクホルダー1)

リアシート(ドリンクホルダーは)

ドア側の腕がキツかった軽自動車も、最近では腕を逃せるスペースを持つのが当たり前になりつつあります。

するとそこに、快適とか不快とか出てくるわけでございましてw

このタントの場合は、スペース的には十分。ただちょっと、尖っている部分から腕への刺激が強いです。

気になったら、タオルとか何かで蓋をしちゃったら良いかもしれませんね!

リアシート、ここは相変わらず

以下全て、タントに限ったことじゃありません。
このへんが異なるクルマは、超絶評価させていただきます!

足元の盛り上がり

リアシート(足の位置)

センタータンク方式のN-Boxを除き、かかとの位置の出っ張りが邪魔です。

座りにくいし、乗り降りもしにくいです。

仕方ないんでしょうが、だったらこんな後ろまでスライドできなくても良いかなって思います。

ヘッドレストと、リアガラスとの距離

リアシート(ヘッドレスト1)リアシート(ヘッドレスト2)

伸ばさないと座りにくいヘッドレストと、最後端まで下げるとリアガラスが近いリアシート。

後ろまで下げなきゃ良いだけなんだけど、下がるなら下げちゃうでしょ?やっぱり。ガラスまでの距離は手寸で15cmくらいです。

衝撃吸収ウレタンとか、ガラスに貼りたくなっちゃいますw ていうか、ヘルメットの装着義務とか出来ちゃったら最悪ですよね!

ドアハンドルの位置

リアシート(ドアハンドルの位置)

ドアを開けるには、フロントシートとの狭い隙間に手を入れなければなりません。

軽自動車のスライドドア車は知る限り大体、こんな感じです。
構造的に仕方ないのかな。

ラゲッジスペース

タントカスタム・ラゲッジスペース

ハッチ(テールゲート)が軽く開閉できて、タントのラゲッジスペースはかなり使いやすいです。

N-BOXと比較しなければ文句ありません

ラゲッジスペース1

使いやすいラゲッジスペースはダイハツ車の特徴だと思っています。

たしかにね、N-BOXと比較したらフロアはちょっと高いけど、そんなに大きく変わるわけじゃありません。

その差が大きいと感じるのならば、N-BOX一択でしょう。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

左の写真:リアシート最前端。
右の写真:リアシート最後端。

撮影中、ここに置いておいたカメラが地面に落ちました。

開口部が低い方が評価されがちですが、フロアと開口部の段差は適度にあったほうが、安心してモノがおけます。

ラゲッジスペース4

リアシートを前に寄せれば、ダンボール箱売のジュースなども置けると思います。

でも自分だったら、リアシート足元に置いちゃうかな。

ラゲッジスペース5ラゲッジスペース6

リアシートをパタンを倒すだけでも、それなりのスペースができあがります。ハッチ開ければ足を伸ばしてくつろげます。

この状態だと、段差は大きいです。それからシート可動部が渋く、始めて味わうくらいに操作が大変でした。

ここが素晴らしいです!

開閉スイッチの位置にマーク

ラゲッジスペース6

ハッチ開けるスイッチの場所、ナンバープレートの上辺りですが、スイッチのある部分にマークがあります。

慣れたクルマでないと迷っちゃいますよね〜。どれも中心にあるわけじゃないですから。

そんな時に便利なマーク。全車共通にしてほしいくらいです。

ハッチ開閉が軽い!

ラゲッジスペース6ラゲッジスペース6

ハッチの開閉が軽いです。これでこそ、ハッチバック車の価値があるってもの。手放しで褒めたいポイントです!

こうした軽いハッチ、先代タントやカローラで分解したことがあるんですが、金属より樹脂系パーツが多用された構造をしていました。
軽いだけでなく、防音/遮音にも優れていそうです。

クルマによってはダンパーの動きが滑らかで、開閉が楽なクルマもあります。

タントカスタム・メーター(昼)タントカスタム・メーター夜間

用途不明なポケット

※タントに限ったことじゃないです。

リアシート(ポケット)

何用かハッキリしないポケット。ありますよね〜。

穴が開いてるだけで、それも小さい穴だと、何に使ってよいか悩んじゃう

せっかくならね、例えばドリンクホルダーのように、「こう使ってね!」って提案があったほうが、無駄じゃない気がします。

車検証入れとかメンテナンスノート入れとか、専用サイズであったら嬉しいです。

ダイハツ タント(カスタム)

ダイハツ

tanto (タント)

  • 年式:2020年式
  • 車両型式:LA650S
  • 試乗グレード:“カスタムRS”
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:185万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:3気筒KF型

その他概要

  • 新車価格帯:185万円〜(カスタム)
  • 発売時期:2019年7月〜
  • ボディサイズ:3395×1470×1750mm
  • 車両重量:920kg
  • ホイールベース:2460mm

車両型式

  • 6BA-LA650S - 前輪駆動
  • 6BA-LA660S - 4WD
  • 5BA-LA650S - ターボ前輪駆動
  • 5BA-LA660S - ターボ4WD
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」と「元車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵桃花

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー














試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び