自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
HPヘッダー画像

2014年記事 ホンダ フィットRS
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

フィットRS(GK5)試乗評価「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。ホンダ・フィット(3代目GK系)「RS」の試乗レポート。

当ページは4ページ目です。

「細かな長所短所・ドラポジ」

ホンダ
  • グレード:“RS”
  • 型式:GK5
  • 年式:2013年式
  • 車両価格:185万円
  • デビュー年:2013年9月〜
フィットのインパネコクピット2

細かな良い点、悪い点

購入時の比較には関係ない、細かな部分の長所短所。気付いた点。

こんな部分、好きです
  • エアコンルーパーの微調整。軽い抵抗があって質感を感じる。
  • 運転席のカップホルダー。良い場所です。灰皿を置いても走行中安全。
  • ハザードスイッチの押し心地良好。確実に押せたのが指先でわかる。見た目もイイ。
こんな部分、改良を望みます
  • タコメーターのレスポンスが悪くもったいない。
  • タッチパネルのエアコン操作部。走行中の操作性は良くない。
  • システムスタートボタンが左側。ハンドルに隠れて見えない。
  • 寝てるAピラー。右側の視界は悪い。
  • ドアの開閉、もう少し軽くてもいいんじゃない?

細部の長所短所

給油口のフタはここでオープン

給油口を開けるレバー

給油口のフタ(フューエルリッド)を開けるレバーは、運転席右側の足元にレイアウト。

慣れないと戸惑うかもしれないけど、フロア設置より洗練されている。

間違えてエンジンフードを開けちゃうのはご愛嬌、かなw

カチャカチャしにくいシートベルト

シートベルト

使用していない助手席シートベルトから、カチャカチャとノイズが出る車種がある。

フィットは内装との隙間が大きく取られて対策される。

大きな段差だとアレだけど、普段はノイズが気になりません。

アクセサリー電源の位置

シートベルト

センターコンソールボックスの中に用意される、12Vアクセサリーソケット。

蓋付きのボックス中で電装品を使えるから、機器や配線隠せます。

立派なスマートキー

シートベルト

フィットも3代目ではプッシュスタート式のスマートキー。キー自体が立派で、カギも厚くて立派な作り。

購入後、密かに嬉しくなっちゃう部分。

 

ドアキャッチに密かな工夫

シートベルト

ドアのキャッチ部分に、さりげない工夫。ゴムが付いていてる。

このゴムで音とか振動を調整?見えにくい部分だし、性能には関係ない部分なのに、凝っています。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

見やすいナビゲーションディスプレイ

液晶表示部フィットの純正ナビゲーションが使いやすい。これからのホンダ車はみんなこのタイプになるのかな。

価格は7インチタイプが18万円、8インチタイプが21万円と、コンパクトカー向けとしては高価なんだけど、内容は流石に高いだけある。

アフターマーケットだと高級機クラスが買える価格。サイバーナビやSSD搭載ナビと比較すると、細かな機能やオーディオ機能に差はあれど、割高ってほどじゃない。普通はこれで十分じゃないかな。

逆光が気になりにくい!

液晶部はタッチパネルの構造で、反応が良いタイプや逆光に強いタイプがある。

フィットの8インチタイプは、逆光に強くコントラストが保たれているから、文字が見やすい
さらに設定で文字を大きくすることもできる。

目的地を検索しても速いから、素早く使える。ほんのちょっとでもサイドブレーキ引いていれば使える。

夜間の始動直後はやっぱり眩しい

夜間、ライトを消した瞬間、ディスプレイってまぶしくないですか?

フィットに限らずたいていの純正ナビだと、スモールランプ連動型。時刻連動で照度を変えてくれるモードがあればいいんだけど、設定画面を見ても機能がわからなかった。

ならば、ヘッドライトのオート機能を利用してみた。

これいけます!AUTOのままエンジンをOFFにすれば、ヘッドライトも勝手に消える。
ディスプレイ照度は夜間表示のまま消えるから、眩しくありません

ドライビングポジション

コクピット2

RSというグレードだから、タイトなシートを想像。そしたら意外や意外、普通に街乗りしやすいデザインでした。

座面は水平基調でサイドの盛り上がりも小さく、乗り降りに困る事なし。シートバックもゆったりしたサポート。簡単に言えば、普通です。

ドラポジの自由度が高い

まじめなドライビングポジションを取ってみる。驚くのはシート高の調整幅が広いこと。

シートリフターが大きく動く

なんと、座面先端部で6cmとか上下する!
普通の国産車だと先端2cmでお尻がもう少し上下するあたりが基本。

男性ドライバーなら一番下げた場所が基本でそこから上げていくカタチかな。 一番下げた状態だと、足は伸ばしぎみ、上半身は起こし気味と、座椅子に座ったような姿勢になりがち

運転しやすさを重視すれば、上げていった方がラクだと思う。

テレスコピックは奥よりのみ

ステアリングにはテレスコピック機能が付いているけど、近めにポジション取らせたいらしい。頭はフロントガラスに近い位置を保つようなドラポジに。

メーター(昼間)メーター(夜間)

車内スペースとカップホルダー

身長172cmの筆者がドライビングポジションを取った状態でリアシート2列目をチェック。

  • 身長172cmの筆者・・・ヒザ前 コブシ 3個 / 頭上 コブシ 1個
  • 身長182cmの男性・・・ヒザ前 コブシ 2個 / 頭上 コブシ 0個 

カップホルダーの数

  • フロント 5個 / リア 2個

カップホルダーはドアポケット含む数値。運転席右前、使いやすい位置にカップホルダーあり。ショートなドリンクや、灰皿を置いても使いやすい。畳んでいる時は、タバコホルダーとしても使える。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“RS”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2013y
  • 型式:GK5
  • 新車価格:185万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ドア最大開度

ドア最大開度


フューエルリッドは運転席足下で開ける方式に変更。日本車らしい変更に大拍手。クルマ苦手な人に合わせてこそフィット。

ドア最大開度
センターコンソールの中に12Vアクセサリーソケット。中で電装品を使える=配線隠せる。


使っていないシートベルト、音が出にくいように浮いてる。トヨタ低価格車では無視されるポイント。


ゴムで音振動を調整?凝ってる。


キャップは引っかけられる。最近は当然。


ホンダも最近はプッシュスタート式のスマートキー。キー自体もなかなか立派。カギ自体も厚い。


7インチのナビゲーションディスプレイに機械スイッチだとセンタークラスターはこんな感じ。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です