3代目フィットRS・P4/ライバル比較1

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2014年記事 ホンダ フィットRS
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

フィットRS(GK5)試乗「4」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。3代目フィット(GK系)の試乗レポート。グレードは1500cc「RS」。評論家様から評価の高い1500ccモデルに試乗。

当ページは4ページ目です。「細かな長所短所とライバル比較1」など掲載。

フィットのインパネコクピット2
ホンダ
  • グレード:“RS”
  • 型式:GK5
  • 車両価格:185万円
  • デビュー年:2013年9月〜
  1. 分割page - フィットRS試乗「1-1」エンジン・ミッション・内装評価
  2. 分割page - フィットRS試乗「1-2」ハンドリングと快適性(乗り心地や静粛性)
  3. 分割page - フィットRS試乗「1-3」車内スペースと参考データ
  4. このpage - フィットRS試乗「1-4」競合車と比較1
  5. 分割page - フィットRS試乗「1-5」歴代フィットや競合車比較2、総評

※内容は辛口評価です。試乗時にチェックしたいポイントを重視!

細かな良い点、悪い点

購入時の比較には関係ないような、細かな部分の長所短所。気付いた点。

こんな部分、好きです
  • メーターパネル内の液晶表示部、立派です。
  • エアコンルーパーの微調整。軽い抵抗があって質感を感じる。
  • 運転席右側のカップホルダー。良い場所です。灰皿を置くにしても、走行中安全。
  • 金属ペダル。ブレーキペダルは滑りにくく、アクセルペダルは滑りやすく加工。
  • ハザードスイッチの押し心地がいい。確実に押せたのが指先でわかる。見た目もイイ。
こんな部分、改良を望みます
  • タコメーターのレスポンス。もったいない。エンジン音変わっても動かなかったり。
  • 静電式タッチパネルのエアコン操作部。間違えたり2度押ししたり、走行中の操作性は良くない。
  • システムスタートボタンが左側。ハンドルに隠れて見えない。右側はカップホルダーこれはいい。
  • 寝てるAピラー。右側の視界はあまり良くない。
  • ドアの開閉、もう少し軽くてもいいんじゃない?ユーザー層を考えるとね。

見やすいナビゲーションディスプレイ

液晶表示部今度のフィットは純正ナビゲーションがよくなった。これからのホンダ車はみんなこのタイプになるのかな。

価格は7インチタイプが18万円、8インチタイプが21万円と、コンパクトカー向けとしては高価なんだけど、流石に高いだけある。

アフターマーケットだと高級機クラスが買える価格。サイバーナビやSSD搭載ナビと比較してみると、細かな機能やオーディオ機能に差はあれど、割高ってほどじゃない。普通はこれで十分じゃないかな。

逆光が気になりにくい!

液晶部はタッチパネルの構造で反応が良いタイプや逆光に強いタイプがある。フィットの8インチタイプは、逆光に強くコントラストが保たれているから、文字が見やすい。さらに設定で文字を大きくすることもできる。

目的地を検索しても速いから、素早く使える。ほんのちょっとでもサイドブレーキ引いていれば使える。

夜間の始動直後はやっぱり眩しい

夜間、停車しライトを消した瞬間、ディスプレイってまぶしくないですか?
時刻連動で照度を変えてくれるモードがあればいいんだけど、設定画面を見ても機能がわからなかった。フィットに限らずたいていの純正ナビだと、スモールランプ連動型。

ならば、ヘッドライトのオート機能を利用してみた。これいけます。AUTOのままエンジンをOFFにすれば、ヘッドライトも勝手に消える。ディスプレイ照度は夜間表示のまま消えるから、まぶしくない。

給油口のフタはここでオープン

給油口を開けるレバー

給油口のフタ(フューエルリッド)を開けるレバーは、運転席右側の足元にレイアウト。

慣れないと戸惑うかもしれないけど、フロアに設置されるより洗練されている。

間違えてエンジンフードを開けちゃうのはご愛嬌、かなw

カチャカチャしにくいシートベルト

シートベルト

使用していないシートベルトって、カチャカチャ音が出る車種がある。

フィットは内装との隙間が大きく取られていて、走行中にカチャカチャしにくい。

よっぽど大きな段差だとアレだけど、普段はノイズが気になりません。

ライバル比較2

如何にもなライバル車や、予算的に近い他車と簡単比較。フィットRSの価格は約185万円。Bセグメントでこの価格を考えられるなら、選択肢は豊富。どのモデルも長所短所あり、クルマ選びが面白い!

Bセグメント・スポーティグレードと簡単比較

トヨタスズキスズキマツダ三菱

左上からトヨタ・ヴィッツRS-G's、スズキ・スイフトスポーツ、
マツダ・デミオスポルト、三菱・コルトラリーアート

トヨタ

トヨタ・ヴィッツ。素のRSは棒のように渋く荒っぽいサスペンションで、まさにトヨタのスポーツグレードの王道みたいな足回り。それがG'sになると大変身。

それなりの質感にそれなりの乗り心地を併せ持ち、優れた仕上がりに。ハンドリングは運転してすぐから馴染めるトヨタらしさが魅力。

ペースを上げてみてもタイヤのスキール音が安定していたり、気難しくない。サスペンション以外、どこもかしこも安っぽいけど、普通らしさが魅力。

スズキ

スズキ・スイフトスポーツ(3代目)。スイフトのエンジン、最近のエンジンとしてはスポーティな特性で気持ち良い。

トップエンド1000回転の音や盛り上がりを味わう方には、フィットよりこっちをおすすめ。

残念なのはMTの操作性。チープ&もろに実用車的。ミッションはMTにするかCVTにするか迷い、MTなら最後はフィットに落ち着くかも。

スイフトって、ベーシックグレードから続く上級車指向が魅力だったり。実はそんなにスポーティってほどじゃないなと密かに思ってる。そうした点で、ディーラーの試乗車より、少し距離走ってる方が乗り心地もいい。1万kmくらいの中古車とかいいかも。新車購入だとエコカー減税などの関係でけっこう高くなる。

スズキ

スズキ・スイフトスポーツ(4代目)。1400ccターボエンジンを搭載したスイスポ。

上の3代目スイスポとはNA・ターボという違いはあるものの、どちらもエンジンに強い魅力を持っているのは一緒。3代目は質感やフィーリング重視、4代目は低回転からのパワー重視。

4代目のエンジンはパワーの出方がよく、ターボラグも小さいなど扱いやすさも十分。さらに静粛性だって高い。色気より質実剛健で質感高い。弱点は官能性能から関連するスポーティフィール。シフトアップ時の回転落ちの悪さや空ぶかしをした時の反応の悪さ、それからエンジンノイズもターボらしい静粛性で一長一短。

ハンドリングや乗り心地は3代目の路線でレベルアップ。日常走行では落ち着きあるハンドリングと、素早い操作を行った時のキビキビが両立され、ロール感やリア追従性が気持ちいい。

フィットRSとスイスポを比較した場合はどちらのスイスポも、ハンドリングの気持ちよさでフィットに勝る。

マニアックな部分ではフィットのエンジンも魅力的だけど、特に4代目スイスポがもつ動力性能の高さは単純にわかりやすく、走行性能からするコストパフォーマンスは優れている。

マツダ

マツダ・デミオ(3代目スポルト)。低レベルな電子制御スロットルで、発進加速はとにかく神経使うのがデミオの1500cc。滑らかに発進できるフィットとはまるで別物。

しかし一旦走り出すと、コーナーリング感覚が自然で運転しやすいのがデミオ。あちこち不自然なフィットとは真逆なのが面白い。

デミオは目立つ部分はなく、フィットと比較すれば数世代分は質感低い。それでも、一旦ハンドル握ればきっと何か伝わるはず。スポルトは高いだけで不要。わざわざ選ぶ必要ないんじゃない??廉価グレードでも十分良くできていて、車体からのインフォメーション豊富だし、走りたいように走れる。だから、かなりお値段抑えて購入出来る。

マツダ

マツダ・デミオ(4代目ディーゼル)。高燃費+軽油という燃料代の安さで魅力的なのが、ディーゼルエンジンを搭載するデミオ。

現時点で他にはないパワーユニットが魅力で、これと比較すればフィットRSはやっぱり普通のコンパクトカーと思えてしまう。デミオ・ディーゼルの弱点は乗り心地と走りにくさで、独特の動きでクセの強いサスペンションをもつフィットと比較しても、フィットの方が走りやすく快適に感じるほど。

エクステリアはアグレッシブで立派に見えるフィットと上品で質感高く見えるデミオ。方向性が真逆だからココが一番の比較ポイントかもしれない。

三菱

三菱・コルト(ラリーアート)。ちょっと古いけど中古車のタマ数は豊富。3ペダルMTを楽しみたいなら”この中”で圧倒的にオススメ。

ライバル車とは違ったシフトフィールを持ち、回転合わしてガツンと決まる。もっさりとしたエンジンは意外にも回転が合わせやすく、シフトチェンジがラク。そしてミスっても衝撃少なくイージー。

走行感覚は昔ながらのスポーティ。重心高く、助手席に人を乗せただけでフロントの反応が落ちたり、フィットと似てる部分もある。単純な加速力は”なんちゃってスポーツ”を越えるもの。
日常での質感は明らかに旧世代的。質感ではフィットの足下にも及ばず。


わかりやすく単純に比較

比較特集ページでは、乗り味をわかりやすくに比較しています。

メーター(昼間)メーター(夜間)

リアシート居住性とコスパならフィット

ドア最大開度車内の居住性を考えてみる。マトモに座れるのはフィットしかなく、近い選択肢はありません。

フィット、ここに登場したどのモデルよりも圧倒的にリアシートは広く、ラゲッジの奥行きも少し長い。そしてシートアレンジという面でもフィットは素晴らしく、人を乗せたり、大きな荷物を載せるなら使い勝手は圧倒的。

日産ノートのリアシートも広いけど、それでも2代目フィットと拮抗。もちろん不満というほどではないけど、ボディサイズにそれなりの差があり、上の比較には含めていない。

このクラスに限定すれば、高級な乗り味という面でもフィットRSはわるくない。RS独特のショックアブソーバーが効いているもののこちらは圧勝ではなく、スイフトとベーシックなノートが対抗馬。特にスイフト、インパネの質感や雰囲気も入れて評価すれば、高級感は五分五分かな。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“RS”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2013y
  • 型式:GK5
  • 新車価格:185万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ドア最大開度


フューエルリッドは運転席足下で開ける方式に変更。日本車らしい変更に大拍手。クルマ苦手な人に合わせてこそフィット。

ドア最大開度
センターコンソールの中に12Vアクセサリーソケット。中で電装品を使える=配線隠せる。


ホンダも最近はプッシュスタート式のスマートキー。キー自体もなかなか立派。カギ自体も厚い。


7インチのナビゲーションディスプレイに機械スイッチだとセンタークラスターはこんな感じ。


使っていないシートベルト、音が出にくいように浮いてる。トヨタ低価格車では無視されるポイント。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。