自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
HPヘッダー画像

2014年記事 ホンダ フィットRS
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

フィットRS(GK5)試乗評価「5」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。ホンダ・フィット(3代目GK系)「RS」の試乗レポート。

当ページは5ページ目です。

「競合車比較スポーティグレードと比較」

ホンダ
  • グレード:“RS”
  • 型式:GK5
  • 年式:2013年式
  • 車両価格:185万円
  • デビュー年:2013年9月〜
フィットのインパネコクピット2

スポーティグレードと比較

如何にもなライバル車や、予算的に近い他車と簡単比較。フィットRSの価格は約185万円。Bセグメントでこの価格を考えられるなら、選択肢は豊富。どのモデルも長所短所あり、クルマ選びが面白い!

Bセグ・スポーティグレードと簡単比較

トヨタスズキスズキマツダ三菱三菱

左上からトヨタ・ヴィッツRS-G's、スズキ・スイフトスポーツ、
マツダ・デミオスポルト、マツダ・デミオディーゼル、三菱・コルトラリーアート


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

ライバル比較1

トヨタ

トヨタ・ヴィッツ。素のRSは棒のように渋く荒っぽいサスペンションで、まさにトヨタのスポーツグレードの王道みたいな足回り。それがG'sになると大変身。

それなりの質感にそれなりの乗り心地を併せ持ち、優れた仕上がりに。ハンドリングは運転してすぐから馴染めるトヨタらしさが魅力。

ペースを上げてみてもタイヤのスキール音が安定していたり、気難しくない。サスペンション以外、どこもかしこも安っぽいけど、普通らしさが魅力。

スズキ・スイフトスポーツ(3代目4代目)

スズキスズキ

3代目のスイスポ

3代目はNA高回転型エンジンを搭載し、最近では希少なタイプ。トップエンド1000回転の音や盛り上がりに質感を感じ、精密な回り心地でフィットより優れる。

残念なのはMTの操作性。チープというか相当に実用車的。CVTモデルなら良いんだけどね。

スイフトって、ベーシックグレードから上級車指向が魅力。実はスポーティってほどじゃないなと密かに思ってる。そうした点で、ディーラーの試乗車より、少し距離走ってる方が乗り心地もいい。1万kmくらいの中古車とかいいかも。新車購入だとエコカー減税などの関係でけっこう高くなる。

4代目のスイスポ

1400ccターボエンジンを搭載。3代目とはNAorターボという違いはあるものの、どちらもエンジンに魅力。3代目は質感やフィーリング重視、4代目は低回転からのパワー重視。

MTの操作性は変わらずだけど、ハンドリングや乗り心地はレベルアップ。コンパクトクラス以上の、もっと上級車のようなフィーリング。
走行性能だけでなく、車内快適性も良いレベルを確保している。

4代目スイスポと比較して、フィットが勝るのはユーティリティ面。スポーティな部分で比較するとちょっと厳しい。

マツダ・デミオ(3代目4代目)

デミオ(3代目スポルト)

マツダ

3代目デミオのスポルト1500cc。

コーナーリング感覚が自然で運転しやすい一方で、加速は低レベルなスロットル特性で、発進加速に神経使う

ハンドリングにクセある反面、滑らかに発進できるフィットとは真逆なのが面白い。

デミオは性能的に目立つ部分はなく、フィットと質感を比較すれば質感低い。

それでも、一旦ハンドル握ればきっと何か伝わる。車体からのインフォメーション豊富で、走りたいように走りやすい。

デミオ(4代目ディーゼル)

マツダ

高燃費+軽油という燃料代の安さで魅力的なのが、ディーゼルエンジンを搭載するデミオ。

現時点で他にはないパワーユニットが魅力で、これと比較すればフィットRSはやっぱり普通のコンパクトカーと思えてしまう。

デミオ・ディーゼルの弱点は乗り心地と走りにくさで、独特の動きでクセの強いサスペンションをもつフィットと比較しても、フィットの方が走りやすく快適に感じるほど。

エクステリアはアグレッシブで立派に見えるフィットと上品で質感高く見えるデミオ。方向性が真逆だからココが一番の比較ポイントかもしれない。

三菱・コルト・ラリーアートver.R

三菱

コルト・ラリーアート。3ペダルMTを楽しみたいなら”この中”で圧倒的にオススメ。少し古いけど中古車は豊富です。

ライバル車よりハイレベルなミッションにより、質感高いシフトフィールが味わえる。

回転合わしてガツンと決まる。もっさりしたエンジンは回転が合わせやすく、シフトチェンジがラクで楽しく気持ちよく。他のコンパクトカーのMTとは次元が違います。

走行感覚は昔ながらのスポーティ。重心高く、助手席に人を乗せただけでフロントの反応が落ちたり、フィットと似てる部分もある。単純な加速力は”なんちゃってスポーツ”を越えるもの。
日常での質感は明らかに旧世代的。質感ではフィットの足下にも及ばず。


わかりやすく単純に比較

比較特集ページでは、乗り味をわかりやすくに比較しています。

リアシート居住性とコスパならフィット

ドア最大開度車内の居住性を考えてみる。マトモに座れるのはフィットしかなく、近い選択肢はありません。

フィット、ここに登場したどのモデルよりも圧倒的にリアシートは広く、ラゲッジの奥行きも少し長い。

そしてシートアレンジでもフィットは素晴らしく、ユーティリティ性能は圧倒的。

日産ノートのリアシートも広いけど、それでも2代目フィットと拮抗。リアシート広さは3代目でまた、フィットの長所に変わっています。

このクラスに限定すれば、高級な乗り味という面でもフィットRSはわるくない。RS独特のショックアブソーバーが効いている。
対抗馬はスイフトとベーシックなノート。特にスイフト、インパネの質感や雰囲気も入れて評価すれば強敵です。

メーター(昼間)メーター(夜間)

新車時装着タイヤ

フィットRSに試乗し、ハンドリングで感じる弱点の半分は、タイヤにあるような気がする。

タイヤ1タイヤを交換するなら、シャキッとした切り始めを持つタイヤにしてみたい。よくをいえば限界性能も高めの方が、固めのサスペンションと相性良さそう。

銘柄、今回の新車時装着タイヤは「SP SPORT2030」

交換時はどうする?新車装着タイヤがスタンダードな性格だと、グレード落とす交換より気兼ねなく、ロープライスなタイヤを選択できる。

最近のスポーティモデルって、18インチや19インチが当たり前。ブレーキキャリパーも大きくてサイズダウンも厳しいなど、タイヤが寿命になったらクルマを売却したくなる状態。

燃費だけが維持費じゃない。スポーツカーじゃ無いんだから、楽しく走るためにはお財布に優しくないとね。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“RS”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2013y
  • 型式:GK5
  • 新車価格:185万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



ドア最大開度
センターコンソールの中に12Vアクセサリーソケット。中で電装品を使える=配線隠せる。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です