自動車の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ

2022年記事 ホンダ
 & 

ヴェゼル試乗評価「5」
ボディ見切りと助手席

間違いいっぱいの自動車選び。ヴェゼル(2022y)ハイブリッドの試乗レポート。

5ページ目です!

「車両感覚とボディ見切り、助手席側内装」

ホンダ
  • グレード:“e:HEV X”
  • 年式:2022年式
  • 車両価格:266万円
ヴェゼルの内装インパネヴェゼルの内装2

ヴェゼル内装:助手席の印象

ヴェゼル・内装・助手席

ヴェゼルの特徴といえば内装と車内スペース!このページでは助手席側からの内装と、ボディ見切り/車両感覚を取り上げます。

見晴らし良い視界

Aピラー根本がスッキリしていて、大きくフローティングされたドアミラー。こうした良さは、助手席に座っても感じられます。

運転に関係なくても、開放感というか圧迫感を感じないという魅力として味わえます。

助手席内装1助手席内装2

助手席から運転席を見たイメージ。

こっちから見ると意外と起伏を感じます。ステアリング中央の盛り上がりもわかりやすい。
ナビモニターはもう少し奥に入れば一体感が強まりそうですが、制約もあるのでしょう。

足元は気になる構造

助手席内装3

助手席足元は、シートを後ろに下げれば広いんだけど、手前側の構造物が気になります

例えば手荷物を足元、足の間に置いて座る時に気になるし、かかとを引いて座るならシートを前に出して座らないとね。

万能っぽいイメージのセンタータンクレイアウトだけど、自分としてはリアシート優先というイメージです。

毎回同じこと言っててごめんなさい。

助手席内装3助手席内装4

シートはけっこう後ろまで下がります。その分、出っ張りが気になるとも言えます。

降りる時はかかとの場所に困るものの、それ以外はラク。着座位置高いこともあって足を出してしまえばラクラクです。

 


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

車両感覚とボディ見切り

ヴェゼル・ボディ見切り

コーナーや挟路地で気になる、ボディ見切りと車両感覚のとりやすさについて。

斜め前の視界と車両感覚

3角窓のないAピラーはスッキリ感じられて、視覚的な邪魔になりにくいです。

Aピラー左Aピラー右

左側の車両感覚は、乗りにくいってほどじゃないけど明確にはわかりにくいです。

ヴェゼルはフィットの兄貴分らしいのですが、同じように取りにくい感覚もしくはそこから想像する以上に大きさを感じます。
その分、大きいクルマに乗ってる感も強いのですが、一長一短です。

ライバルのカローラクロスは小さく感じられました。ヴェゼルは異なる感覚です。
コーナーで内側タイヤの位置がわかりやすいクルマをお望みでしたら、ちょっと違うかな、という印象です。

ボディ前方

ボディ前方はボンネットが見えます。ただ、自分のドラポジだと、運転席側は見えて助手席側は見えないです。

ボンネット左ボンネット右

理由は予想ですと、ボンネットは中央が盛り上がり、外側が低く。運転席からの視界ではそう見える作りなのかもしれません。

試乗なので慣れてないクルマに乗ってるわけですが、こうした部分が車両感覚のとりやすさに影響を与えるのかも。
感覚的な部分ですから体型含め、ほんのちょっとが影響してきますね。

張り出したドアミラー

ドアミラー

ドアミラーは大きく張り出しているように感じられます。大きくフローティングされているって表現したらいいのかな。

これによって、隙間の視界は広く確保されています。

一方で、ミラーの見やすさはちょっと微妙。普通ミラーがある部分、ヴェゼルだとミラーの脇(黒い部分)です。

もっと外側まで視点を動かさないと、後ろは見えず。そんな感じです。

ヴェゼル内装:その他ちょっとした部分

ヴェゼル・ボディ見切り

内装の印象で付け加えたい部分。

エアコン操作部とハザードスイッチ

ハザードスイッチは勇気を持ってレイアウトした、みたいな位置です。多くのクルマで同じような位置なので、たまに乗っても使いやすそう。
どこだっけ?と探しちゃうクルマもあります。

エアコン1エアコン2

エアコン操作部はカチッカチッっとしたロータリースイッチのフィールが、わかりやすいけど安っぽい感触が気になるとも言えます。

つまみは溝しっかり、グリップが強く、操作しやすいです。ポテチ食べても滑らなそう。

光る&色が変わるダイヤル

エアコンの温度調整ダイヤルは回す方向で、光る色が変わります

エアコンダイヤル1エアコンダイヤル2

回してる間だけ、色が変わります
助手席の彼女とかお子様が、喜んでくれること間違いなし!私ヒラリーも喜んじゃってますw

スタートスイッチの場所

システム始動と停止に使用するスタートスイッチは、メーター右下にレイアウト。

右手側のワイパーレバー奥なんだけど、ハンドルもあるし、どこから押したら良いか迷っちゃう

押しにくいけど欠点というほどの事もないし、でもやっぱり、押しやすくはないと思います。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」一部の画像は拡大します。

メーター(夜間)メーター(昼間)

カップホルダーとドアハンドル

センターコンソールのカップホルダーは太いペットボトルも入るサイズ。バネのストッパーが付いていて、適度に固定してくれます。

またこの周辺の内装はベーシッククラスのそれだけど、もしかしたら傷が目立ちにくいという配慮かもしれません。気兼ねなく使いたい場所ですしね。

ドリンクホルダー1ドアハンドル

ドアハンドルは大きくて力強い形状。リアドアのドアハンドルも似てるけど、微妙にサイズが異なるという凝った仕様。

お子様が握っちゃいそうだけど、オートロック付いてたような...。忘れちゃいましたごめんなさい。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ

vezel (ヴェゼル)

  • 試乗グレード:“e:HEV X”
  • ミッション:-
  • 年式:2022年式
  • 型式:RV5
  • 新車価格:266万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • 型式:LEC

その他概要

  • ボディサイズ:4330×1790×1580mm
  • 車重:1350kg
  • 発売開始時期:2021年4月〜
試乗レポ・ライター

「元お車整備士」「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社