マツダ・メーカー別の特徴と評価、試乗レポート

2022年記事 マツダ

CX-5試乗(MC後)「5」
内装(リアシート)

間違いいっぱいの自動車選び。CX-5・2022年式(マイナー後)の試乗レポ。通称「後期CX-5」です。

5ページ目です。

「内装リアシートとラゲッジスペース」

マツダ
  • グレード:“20Sプロアクティブ”
  • 年式:2022年式
  • 車両価格:291万円
  • デビュー年:2018年
CX-5内装・インパネ1CX-5内装・インパネ2

内装:リアシートのスペース

CX-5:リアシートスペース

スペースは予想の範囲内、着座感は悪くないと感じたリアシート。

2人のスタッフが座ってみました

身長172cmの筆者がドラポジを取り、それに助手席を合わせ、その後ろに座ってみました。

172cmの筆者

リアシート1リアシート2

スペース的にも着座姿勢的にも、不満はございません

あえていえば、フロントシートのヘッドレストが近く感じたけど、感覚的なものです。

182cmのスタッフ

リアシート3リアシート4

膝前は問題なし。でも流石に彼だと、足元の余裕はないです。
写真ではお尻を極限まで後ろに下げてます。

かしこまって座るには、座面の長さか高さ、どちらかが欲しいとの事です。

大きい方は、シートリフターの付いた助手席に座られるのが最適でしょう。

リアシート快適性

CX-5:リアシート快適性

着座姿勢や座り心地が悪くないCX-5のリアシート。快適性もなかなかです!

乗り心地など快適性

サスペンションは常識的に固いけど、乗り心地は固くなく、それでいて上下の揺すられ感も小さいです。

セダン的に優れた乗り心地

リアシート5付け加えると、シート座面がフカフカというわけでもなく、どこかで衝撃をカットしているのでしょう。
低速時はタイヤが効いていると思います。

また前期CX-5(2021年式)で不快だった強い突き上げが見事に消えていました

フロントシートの方がゆったりしたSUVらしさがあるけれど、筆者はこのリアシートの乗り心地が好み。

静粛性の印象

リアシート6静粛性も気になる低音、そこからくるコモリ音が気にならず好印象

単純な静かさだったら、例えばハリアーの方が静かそうですが、男性同士が会話する時、声の帯域を邪魔しにくいと感じたのはこっち。CX-5の方です。

ただ、強い加速時には排気音が豪快に入ってきます。

 


内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

内装:ラゲッジスペース

CX-5:ラゲッジ

利便性、使い勝手も重視されたと思えるCX-5のラゲッジスペース。

スペース的な部分

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

ラゲッジスペースの奥行きは950mm。ボディ全長は4575mm、そのボディサイズからすると広いといえます。

CX-8だったらどうだろう?

調べてみたら、3列シートを起こした状態で500mm、倒した状態で1210mmとのこと。こちらはボディ全長4900mm。

CX-5で不足を感じたらCX-8がよさそう。価格はグレード「25S」で299万円、サイズ的なコスパで見たら上です。

便利と感じた部分

ラゲッジスペース3ラゲッジスペース4

画像左:トノカバーはテールゲート側に付いてます。これでハッチを締めた時も開けた時も後ろが見えます(後述)。

画像右:リアシートはワンタッチで倒せます。3分割の可倒式リアシートで、レバーは左に2つ、右に1つ付いています。

ラゲッジスペース5ラゲッジスペース6

画像左:トランクボードは手前と奥で2分割。取っ手も付いてます。

画像右:手前側を持ち上げるだけで、大きなアンダートレイが使用できます。

試乗時の燃費

CX-5:燃費

上の画像に写っているのは、レンタカーをお借りした直後の燃費。2483km走って12km/Lと出ています。

昼間と夜間の試乗時燃費

燃費1

試乗中、撮影とは別に純粋に走った区間。

66.6km走って7.9km/Lでした。

多少の混雑と、6ATを楽しんだ事によって、ちょっと悪い数値になったかも。

燃費2

こちらは前期CX-5で夜間に走行した時の燃費。

82.7km走って9.8km/Lでした。

こちらは走行中の動画をアップします。

CX-5内装・メーター1CX-5内装・メーター2夜間

気の利いたアームレスト

リアセンターのアームレストは高機能で便利なデザインです。

アームレスト1アームレスト2

横並びにドリンクが2つ置けて、スマホが立てられ、奥の蓋を開ければ給電ポートがお目見え。

腕を置く以外にテーブル的に使えるのが魅力です。

マツダ CX-5

マツダ

CX-5 ガソリン

  • 試乗グレード:“20Sプロアクティブ”
  • 年式:2022年マイナー後
  • ミッション:6AT
  • 型式:KFEP
  • 車両価格:291万円

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:PE-VPS

その他概要

  • ボディサイズ:4575×1845×1690mm
  • 車重:1540kg
  • 発売開始時期:2018年〜
  • 新車時価格帯:250万円〜400万円
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社